A/Bテストとは

2020年01月08日

リンブ アヴィ

A/Bテストは新しい概念ではありません。Webの一般化、アドテクノロジー発展の過程で、増加するWebマーケターの中でもA/Bテストという言葉が一気に広まりました。パッケージデザインから製品デザイン全体にいたるまで、マーケティングが重要になって以来、A/Bテストはその一部でした。ただし、今日のデジタル世界でのA/Bテストは、従来のA/Bテストの概念とは少し異なります。

A/Bテストとは何ですか?

“バケットテスト”とも呼ばれるA/Bテストは、ランダムに選出し作られたユーザーグループにそれぞれ異なるバージョンを投下しテストするマーケティングにおける実験です。 AとB。つまり、半分のグループにはAバージョン、別の半分にはBバージョンでマーケティング実験を行うのです。

今日のA/Bテスト:

単一のCall-to-Actionボタンからランディングページ全体まで、すべてをA/Bテストできます。A/Bテストは、今日のマーケティング担当者にとって不可欠なツールです。A/Bテストをしないのは、サイトで手に入れられるはずだったお金を知らず知らずに手放していると同じです。

現在のデジタルマーケター達はキャンペーンをテストして、最適な結果を目指しています。また、顧客の分析データを直接得られる数ある機会の一つにもなっています。

デジタルマーケティングにおけるA / Bテスト

Test A of AB test
Test A
Test B
Test B

デジタルマーケティングでのA/Bテストは、細かな部分で異なっている2パターンのページを通じてユーザーの行動を理解する実験です。言い換えれば、デジタルマーケティングでのA/Bテストは、内容は同じであるが少し変更事項がある二つのバージョンを比較するプロセスです。たとえば、上の画像(ポップアップコンテンツ)のようなことです。このA/Bテストでは、ポップアップをどう配置した方が一番のCTA効果を出せるのかのテストです。ご覧の通り、Aテストでは画面の左下側に、Bテストでは画面中心にポップアップが表示されます。小さい配置テストから全体ランディングページテストまで、デジタルマーケティングで必要なことをすべてテストしてみることができます。

デジタルマーケティングではどのように使用されてますか?

A / Bテストは、あなたのデジタルコンテンツがユーザーにどう認識されているかを確認するために使用されます。テストを通じて、あなたは実践可能な小さい調整で実際顧客の行動を影響できるデジタルキャンペーンやコンテンツを作られます。その実践可能な調整とは、例えばコンテンツのタイトル、行動を誘導するテキスト、ニュースレターやメールの表題、ウェブサイトのレイアウト、あるいは上記の例のようなこと(画面配置)などが含まれます。 A / Bテストの基本は、2バージョンのコンテンツを見るテスト対象顧客を確実に把握し、どのバージョンがもっと成功率が高いのかを正しく分析することです。見る人たちの心に直接触れる一番のコンテンツができるまで(あるいはどのコンテンツが一番ベストなのかが分かるまで)、テストは何回繰り返しても、コンテンツは何回調整してもかまいません。

なぜA / Bテストを行う必要があるのですか?

コンテンツの作成やウェブサイトのデザインは、ただデジタルマーケティングの最初の一歩です。どのタイプのコンテンツやデザインが潜在的な顧客達に受け入れられるのかを知ることは、あなたのコンテンツの成功を決める決定的な要素です。ここでA/Bテストが光を放つのです。 A/Bテストは、あなたのクリエイティブのなかでどの部分が最高の効果を持つのか教えてくれます。

ただ1%のコンバージョン率だとしても、あなたは上げりたいはずですね?ここで、たったボタンのカラー違いで行った実験で、赤ボタンは緑ボタンより21%高いコンバージョン率を持てるとのことが分かりましたよ!

Red and green button A/B test

以上のように、こんな小さな変更を通じてあなたのコンテンツと顧客間の連携に著しいインパクトを加えることが可能ですよ。

A / Bテストの開始方法

A / Bテストから始まることは簡単です。以下では、その手順についてご紹介します:

1. テストする要素を選択します

テストする必要がある要素は、あなたが改善したい部分の関連要素です。つまり、あなたが目指している目標とテストを結び付けましょう。

もしそれがもっと自然なコンバージョン過程であるなら、ブログ記事のように検索エンジンを影響する要素に集中する必要があります。そのほかコンバージョン率改善(CRO)のような別の目標を持っているなら、映像やCTA、ボタンなど、ページ改善の為に使われている道具をテストする必要があります。

2. テストの目標を設定する

デジタルマーケティングの理由を明確にすることは、成功と密接に相互作用します。また、出ている仮説が最高な結果を出せれるように、テストの目標を設定することも同様に重要です。

最初に答えるべき質問は:あなたがA/Bテストを通じて本当に達成したいことは何でしょうか?向上したいことはコンバージョン率?売り上げ?それともページビュー数?

最初は測定のために二バージョンで作る一つの部分を特定してください。具体的に何の違いで実験を行うかを確実にして、その実験が終わったあと、別の部分でいつでもまたA/Bテストを行うことができます。

3. データを分析する

何で測定するかはテストの成功と直接かかわる要素です。テストを始まる前に、データ収集をすることも大事です。まずPtengine、グーグルアナリティクスのような分析ツールを使用してあなたのウェブサイトに関する情報を収集した後、A/Bテストに入る頃には測定変数を明確にします。

そうすると、あなたが行った調整がどれぐらいの変化を招いたのか比較する基準数値が分かります。どのページが一番訪れられたのか、またはどの記事が一番読まれたのかを知ることで、どこからA/Bテストをするか決定するのがもっと簡単になります。

4. コンテンツのAとBバージョンを作ります

AB test with version A and B Pop-Up
AB test with version A and B Pop-Up

まず、あなたから勝つと思われる創意的なデザインを選んでください。次は、そのデザインの細かいバリエーションを作ります。そのバリエーションはあなたの目標に応じて変化をあけます。コンテンツの波及力に影響がありそうな部分でバリエーションを作ってください。

なデザインを選んでください。次は、そのデザインの細かいバリエーションを作ります。そのバリエーションはあなたの目標に応じて変化をあけます。コンテンツの波及力に影響がありそうな部分でバリエーションを作ってください。

もしあなたが知りたいことがブログ記事がどれぐらい印象に残るのかだったら、記事の長さでテストが可能です。また、CTAを求めているならフォントやタイトル、ボタンのバリエーションテストが可能となります。別の部分は全部同様にしてください。

5. 最高のA / Bテストツールを選択する

A/Bテストで使用できるツールは色々あります。もしコンテンツに基づくA/Bテストツールを探しているなら、検索エンジンや普通の受信者を対象としたメール発送を通じるテストツールはその需要に答えられないと思います。しかし、MailChimpはメールマーケティングのA/Bテストツールとして知名度が高いです。

ポップアップやランディングページ、またはウェブサイトの様々な構成要素に対してのテストなら、Ptengineがとてもいい選択肢になります。PtengineはあなたならではのA/Bテストがデザインできるように手伝う抱けてなく、ウェブ分析の色んな別機能も提供しています。

6. データを収集する

 A/Bテストをする時、テスト期間を設定することも重要です。効果があるものとないものを判断するためには適切な量のデータ収集が必要なのです。Ptengineのようなソフトウェアはユーザーの為に自動的にデータを収集します。また、Ptengineでリアルタイム観察をすることもできます。

7. 統計を解釈する

すべてのデータが収集されると、提供された統計に応じて明確な勝者が分かります。 A/Bテストで結論は簡単に出せますが、もし50対50の結果になってしまった場合は、テストがあなたが証明したかった仮説の成立を否定したと判断できます。

結論

A/Bテストはあなたのデジタル努力をリアルタイムでテストする一番科学的な方法です。あなたはA/Bテストでユーザーからの情報を直接得ることができます。さらに、そのデータと発見を活用して、コンテンツ制作に適用し、いい結果を出して目標達成に挑むことまでできます。

正確な結果を得るためには、正しい道を選ばないといけません。正しいパートナーを選んで、目標を設定し、そのための仮説をテストし続けると、あなたの顧客の為に一番最適なコンテンツを制作することが可能となります。