blog  image
Ptengine ExperienceのA/Bテスト機能を強化しました

2022年04月04日

この記事は約4分で読めます。

皆さんこんにちは!Ptengine運営担当のアヤです。
2022/04/02の改修にて、Ptengine Experienceに関する下記のアップデートを実施しました。
(※Ptengine Experience 2.0 ver.が対象となります。)

目次

1. A/Bテストの分析項目が増えました
(※Experience 1.0 バージョンから2.0バージョンに引き継げていなかった項目が追加されました)

 ・平均訪問時間
 ・平均ページビュー数
 ・直帰率

2. A/Bテストの設定項目が増えました

 ・最低テスト期間
 ・勝率

▶︎ ログインして確認

 

1. A/Bテストの分析項目が増えました

Ptengine Experience 2.0にて、A/Bテスト分析における評価指標の「その他の指標」の中に、「平均訪問時間」「平均ページビュー数」「直帰率」が追加されました。

<詳細>

2021年12月にバージョンアップしたPtengine Experienceですが、A/Bテストの分析機能において、一部の指標を新バージョン(2.0バージョン)へと引き継げていない状態にありました。

今回のアップデートにより、上記に該当する3指標が2.0バージョンに追加され、旧バージョンと同様の分析ができるようになりました。

Ptengine Experience 2.0へのバージョンアップが済んでいないお客様がいらっしゃいましたら、ぜひこの機会にカスタマーサポートまでご連絡ください。

ログインして確認

2. A/Bテストの設定項目が増えました

Ptengine Experience 2.0にて、A/Bテストの設定項目に「最低テスト期間」と「勝率」が追加されました。

<詳細>

A/Bテストを用いて分析をする場合、結果を判定する基準がどこにあるのかを知ることが重要ですが、本機能を利用することで、お客様のニーズに応じた判定基準をご自身で設定できるようになりました。

▶︎ 最低テスト期間とは:

この期間が経過この期間が経過するまで、テストの判定は表示されません。これは、時期的な要因で結論が出されることがないようにするためです。少なくとも7日間テストを行うことをお勧めしますが、トラフィックに曜日などの時期的要因が影響しない場合は、設定期間をより短くすることが可能です。   

▶︎ 勝率とは:

この設定は、テストパターンの優位性を判定するために必要な勝率の最低閾値を定義します。高いスコアを設定した場合、より多くのデータを収集する必要がありますが、テストの精度を高めることができます。求めるテストの精度や、取得可能なトラフィック量に基づいて勝率を設定しましょう。

ログインして確認

ご不明点などございましたら、製品内のチャットもしくは弊社の貴社営業担当までご連絡ください。 

いかがでしたでしょうか?ぜひシェアをお願いいたします。