blog»マインド・知識»【無料】ロジックツリー を今すぐ簡単に作れるツールとアプリをご紹介

blog  image
【無料】ロジックツリー を今すぐ簡単に作れるツールとアプリをご紹介

2020年06月15日

この記事は約4分で読めます。

自社サービスや商品に関してのアイデアが抽象的なため、具体的なアクションに繋がらない。話し合ってはいるが、問題解決の原因を特定できていない。このような悩みを経験した方もいるのではないでしょうか。具体的なアクションに移せていない場合や、問題発生の原因を発見できていないときは、アプローチに問題があることが多いです。

問題が起きている結論から必要な情報を細かく整理して、分けることで、問題の根本的な要因を発見できる可能性が高まります。発見した要因を基に具体的なアクションを考え、問題解決を行います。この問題解決までの一連の流れをスムーズに行うため、活用するフレームワークがロジックツリー です。この記事では、今すぐ簡単にロジックツリー を作成できるツールやアプリをご紹介します。

ロジックツリー はスムーズに問題解決を行うフレームワーク

ビジネスの現場では、小さな問題から解決しなければいけない大きな問題まで、多数発生します。これらの問題は姿形を変えながら、自社を取り巻く環境に常に存在します。そのため、出来るだけ費用をかけず、効率的に多くの問題を解決することが要求されます。起きている問題を結論とし、必要な情報を細かく整理して、要素に分けることで問題解決に必要な根本的な要因を発見するフレームワークをロジックツリー と言います。

ロジックツリー を活用することで、全体像の把握や、問題解決に必要な多面的なアプローチを考えることができます。その他にも、考えているアイデアに対してロジックツリー を活用することで、アイデアを実現可能な状態にすることも可能です。

ロジックツリー は無料で作成できる

ロジックツリー は、ツールやアプリを用いて作成することがほとんどです。一般的に、ロジックツリー を作成するツールやアプリは無料です。そのため、試験的な導入を行いやすいです。有料プランを契約することで、PDFやWordなど他サービスに情報を送信したり、トピックごとに表示することができるため、プレゼンの資料として利用しやすくなります。

また、ロジックツリー と似た思考方法としてマインドマップがあります。マインドマップは、脳内で考えた物事を書き出すことにより、記憶の整理や発想を行いやすいように促す効果があります。ロジックツリーを作成するツールがあるように、マインドマップを描くためのツールもあります。ロジックツリー とマインドマップの考え方は、アイデアを書き出すという共通点が存在するため、マインドマップツールを活用しても、ロジックツリー を作成することができます。

ロジックツリー を作成できるツールご紹介

ロジックツリー を作成する際、役立つツールをご紹介します。ロジックツリー の作成に慣れていない場合、ツールを活用することで、共有しやすい綺麗なロジックツリー を作成することが可能です。また、レイアウトに悩むストレスが解消されるため、アイデアを考えることだけに集中できます。

Excel

Micro Soft社が提供しているExcelのSmart Art機能を活用することで、ロジックツリー を作成することが可能です。Excelは多くの企業が採用するため、日常的に触れる可能性の高いツールだと思います。そのため、新しくツールを導入する際に必要な、ツール選定や使い方を覚える時間を大幅に減らすことが可能です。

PowerPoint

PowerPointはExcelと同じく、MicroSoft社が提供しているツールです。Smart Art機能で作成したロジックツリー よりもデザイン性が高く、見やすいという特徴があります。Excelは、集計表や予定表のようにシンプルなデザインでまとめることに向いています。一方、PowerPointは、プレゼンテーションソフトのため、文字や写真、グラフ等のデザイン性が高い、スライドを作成することに特化しています。

簡易的にロジックツリー を作成し、社内で共有したい場合はExcel、上司や取引先にロジックツリー を利用して、説明する場合はPowerPointのように使い分けることがオススメです。

XMind

XMindはマインドマップを作成できる、代表的なツールです。起きている問題の結論を中心に設置し、周囲に細かく分けた要素を放射線状に配置する方法が、マインドマップの基本的なレイアウトです。このレイアウトをそのまま活用し、問題を中心として見やすくする方法以外に、ロジックツリー のようにツリー状のレイアウトに変更して、活用することも可能です。

有料プランを契約することで、PDFやWordなどに情報を送信したり、作成したロジックツリーを、そのままPowerPointのようにスライドとして活用することが可能です。操作性が高く、1つのツールで全て完結させたい方にオススメです。

ロジックツリー を作成できるアプリご紹介

ロジックツリー を作成できるアプリをご紹介します。 前述したツールは、PCを用いて作成することがほとんどです。出社してすぐに会議があるため、通勤中にロジックツリー を見ておきたい。思いついたアイデアをすぐに反映させたいけど、電車が混んでいてPCを開くことができない。このような不測の事態に対応できない問題があります。

ロジックツリー を作成できるアプリをスマホにダウンロードしておくことで、このような事態を避け、いつでもアイデアの追加、修正が可能です。

MindNode

MindNodeは有料のマインドマップツールです。MacとiPhoneのどちらにもアプリが存在するため、iCloudで連携しておくことで、どちらから開いても、いつでも最新の情報を共有できます。

自宅やオフィスはMacでじっくり考え、通勤中はiPhone、iPadで隙間時間にアイデアを追加、修正できます。また、アプリ自体がとても軽いため、文字入力やスクロールの遅延などのストレスなく快適に利用できます。

iThoughts

iThoughtsも有料のマインドマッピングツールです。MindNode同様、MacとiPhone、iPadでデータを共有できます。また、作成したデータはOneDriveやDropbox経由で保存できるため、Android端末に対しても、共有が可能です。

また、各要素ごとに色をつけたり、メモや画像の挿入、進捗状況を書き込むこともできるため、iThoughtsで作成したロジックツリー を基に、チームの活動内容を把握することも可能です。

今すぐロジックツリー で問題解決に取り組もう

この記事では、ロジックツリー を作成できるツールやアプリをご紹介しました。ロジックツリー を活用することで、問題解決に必要な根本的な要因を効率的に発見できるため、スムーズに問題解決を行うことができます。ロジックツリー を作成して、今すぐ、自社の問題解決に取り組みましょう!

いかがでしたでしょうか?ぜひシェアをお願いいたします。