blog»マインド・知識»マーテックツールを導入する時の5つの注意点

blog  image
マーテックツールを導入する時の5つの注意点

2020年03月04日

この記事は約7分で読めます。

マーテックとは? 

全てのビジネス業界がテクノロジーを利用し始めた現代、その動きに合わせて様々な混成語が生み出されています。 FinTech(ファイナンス+テクノロジー)、 HRtech(人事+テクノロジー)、 MarTech(マーケティング+テクノロジー)など、多くの言葉がまるで「ブランチ(ブレックファースト+ランチ)」という言葉が使われ始めた頃のように、相次いて流行になっています。 

上記のように、「マーテック」という言葉も、「マーケティング」と「テクノロジー」の併せ言葉です。マーケターがマーケティング中に使用するツールやテクノロジー全てをマーテックと言えます。マーテックを知ったマーケター達は、テクノロジーを利用した効率的な仕事・効率的なコミュニケーション・確実な成果測定を通じて、どの業界でも、状況に対してもっと早く行動を起こすことができます。 

世の中には7040社を超えるマーテックツール提供会社があります。その中で、効率的なマーテックを具備して行く方法を知ることはとても大事です。正しいツールを選んで、効率的にマーケティング戦略を実現していくことは、かなりコストがかかる仕事なのかもしれません。しかし、マーテックを正しく使えるようになると、初期データから深いインサイトを得る力が身に付き、大きく成長できます。マーテックは、企業が様々なツールをスムーズに統合して使えるように手伝い、一番のマーケティングソルーションを出されるようにします。 

本日は、マーテックツールを導入する際に注意する5つの点についてお話したいと思います。始まる前にまず、自己現状チェックをしてみましょう: 

今一番解決したいことは具体的に何?(事業拡大、ウェブ分析、成長方向、ブランドプロモーションなど) 

このマーテック技術を、統合して使えるようにまとめる目的は? 

この新しい技術が、どのように顧客のニーズ予想とサービス向上を手伝えるか? 

現在使われているマーテックはどれほど効率的なのか? 

我々のチームは、無駄な仕事に時間を使っていることがないか? 

整理できましたか?マーケティング業務の段階によって、以下の代表的なマーテックツールが必要となり、すでにご利用されている方も多いでしょう。 

ビジネス領域 参考可能ツール 
宣伝・プロモーション Google Adwords, Facebook, LinkedIn, Twitter, Instagram, YouTube 
ソーシャル・関係マネジメント Zendesk, Hootsuite, Buffer, JoinMe, Bizibie 
コンテンツ・使用体験 Google Analytics, Salesforce, Wordpress, Marketo, Ptengine, HubSpot, Adobe 
広告・セールス Google, Salesforce Paradot, Magneto, Salesloft, Pipedrive, Outreach 
データ Tableau, Ptengine, Crazyegg, Zapier, Adobe Analytics, Google Tag Manager 
マネジメント Slack, Google Drive, Skype, Intercom, Dropbox, Trello 

あなたの業界とビジネスモデルによって、活用すべきマーテックツールも変わってきます。以下では、ビジネスとマーテックツールを連携する一番効率的な5つの方法をご紹介します。 

1. 現在既に社内で使われているマーテックツールを徹底的に評価する 

新しいマーテックツールを仕組みに入れる前に、現在既に使われているツールをまず検討する必要があります。社内のいずれかの部署の誰かは、既にあるマーテック製品のフォームを使っているかもしれませんので、既に使用されているツールの機能をまとめてみてください。実際、気になっているツールの機能と社内で使われているツールの機能、どちらも予想より複雑な場合が多くあります。成功のために大事なことは、既に持っているテクノロジーとの重ね合いが少ないツールを購入することです。 

まず必要な評価を終わらせると、新たなマーケティングソリューションに合わせたビジネスを、もっと着実に計画していけます。 

2. 統合と連携の深さを理解する 

ビジネス上で何かの統合を行おうとしている際は、まず始まる前に統合と連携の深さを理解しておく必要があります。例えば、カスタマイズのために必ず何かしらのツールを連携しないといけない時、プロジェクトの規模によってカスタマイズの方法も異なるので、連携をするためにプロジェクト全体の期限を延長しないといけない場合も発生します。なので、マーケティングテクノロジーを評価する際は、連携の深さをまず知ることが大事です。ビジネス上、プロジェクトの規模によっては何年もかかる予定のプロジェクトもありますが、マーテック自体は毎年大きい変化と進化をし続けます。カスタマイズやビジネス連携の面で決定を出す前に、以下をチェックしてください。 

今使われている場所から離れても簡単に連携ができる製品やソフトウェアなのか? 

システム内外でのデータが全部モニターできるようなレポートとダッシュボード機能が提供されているか? 

今使用しているツールはアップグレードしやすいか? 

他のツールや製品との連携仕組みはどれぐらいの努力を必要とするのか? 

また、連携を行う際に、マーテック提供側からの支援プログラムをよく理解して活用することも、移行成功の重要ポイントです。もし提供側から徹底的な支援をもらえるのであれば、彼らのツールとあなたのオリジナルシステムの連携が簡単になれます。やはりツールに対して一番理解が深いのは作った人達であるはずですからね! 

3. いつも、第一目的と顧客の意見を忘れないこと 

マーケティングツールを連携する目的は、会社の目標によって異なります。ただし、いつも顧客の声を意識することも、マーテック連携にてとても重要な成功ポイントです。ターゲットとしているオーディエンスの行動は、テクノロジー、マーケティング、エンゲージプログラムの範囲内で、予測可能であれば一番理想的です。顧客がその中でどのようなことを考えてまたは感じているかが分かれば、そのマーケティングツールでもっと有益な顧客体験を作り出すことが可能になります。テクノロジーと顧客が纏まれて意識できていないと、マーテック使用でマーケターの目標に達することは厳しいかもしれません。  

ターゲットオーディエンスのニーズを理解すると、ビジネス成長に必需的なマーケティングツールが統合しやすくなります。 

4.バージョンアップの計画は最初から最後まで徹底的に立てておくこと 

タイムラインを設定し、正しい人材を正しい時間に使う仕組みで連携を行いましょう。マーケティングテクノロジーツールとの連携が必要とする時間は、常に実際より短く予想されがちです。そのため、マーテック連携の最初から最後まで、はっきり計画を立てておくことが重要です。正しいテクノロジーを選ぶことがまず大事ではありますが、それが正しい人々に使われないと、全ての努力とリソースが無駄になってしまいます。 

タイムラインを作り、段階ごとに重要な役割を担って連携を完成していくキーパーソンを設定して置いてください。毎段階のキーパーソン達は、次の連携段階に対しての責任意識を持って仕事に取り組まないといけません。さらに、トレーニング会や実際経験が可能な時間を、ツールを使用する全ての人に用意してください。一連の連携プロセスの中で、毎段階のキーパーソン達がテストをデザインしてツールの使用方法を最適化していけるなら、チームにもたらす価値は無限に上がります。 

5. 自動化とインサイト 

現代マーテックツール連携のキーポイントの一つは、今動いてる全てのプロジェクトの中で無駄な仕事を無くし、価値のあるデータやインサイトを提供することです。まずは既存のデータとインサイトを分析して、現在一番データが足りない業務と一番力が入っているマーケティング業務を判断してください。そこからマーテックツールを統合して行くと、生産性の潜在力を引き出し、効率的に、また徹底的にデータを利用できるようになります。 

ソーシャルメディア管理やウェブサイト維持のような繰り返し作業は、マーケティング自動化で簡単にすることができます。ビジネス業界は、マーテック連携と共に、その変化が従業員や個人に与える影響を考えないといけません。しかし、行われる連携で様々な変化が発生するとのことを先に意識し、従業員に向けて導入予定のマーケティングテクノロジーについての教育やトレーニングをちゃんと用意しておくことで、摩擦を削減できます。 

まとめ 

企業は、テクノロジー統合と関わる連携の形や方法によって、技術・人的リソース・顧客規模の面で自身達の立ち位置を確認する必要があります。上記のポイントを意識しながら進んで行くと、マーテック連携は問題を生み出さないだけでなく、ビジネス成長を遅くする摩擦を取り除くツールになってくれるはずです。 

Ptengineは、マーテックの領域で、データとの連携を通じた成長支援に特化しています。データに基づいた顧客体験の改善に関して何かご不明な点がある場合は、いつでも我々に声をかけてください。 

いかがでしたでしょうか?ぜひシェアをお願いいたします。