多くの企業は認知度を上げ、マーケティングファネルの上層の数を増やすことに注力しますが、収益を効率的に向上させている企業はマーケティングファネル全体の効率化を考え、注力する箇所を特定箇所に絞ってフォーカスをして施策等の実行しています。

アクセンチュア社の調査結果によると、

  • 新規顧客を獲得するコストは既存顧客を持続させるよりも5倍以上のコストがかかる
  • 新規顧客に対しての成約率は5-20%だが、既存顧客の成約率は60%-70%と約3.5倍以上も効率的です。
  • 既存顧客の50%以上は新サービスを試す傾向にあり、新規顧客よりも31%以上も費用を使う傾向にあります。

今あなたの企業でも同じように新規顧客獲得に莫大な資金を投資しているのであれば、実は多大なる機会損失をしている可能性があります。今一度マーケティングファネルを確認し、効果的に収益の向上を向上させる施策を実行していきましょう。

下記を参考にしていただくことで、マーケティングファネルの一つ一つを最適化し収益を効率的に向上させることが可能です。既存顧客とのエンゲージメントを向上させることで、よりパーソナルなコンテンツを提供し顧客ロイヤリティーを上げることで、顧客獲得から、顧客マーケティングにフォーカスすることが可能です。

クロスセルとアップセルでの収益向上

顧客に対してきちんとあなたのプロダクトを使ってもらえるメリットを伝えることができているのであれば、クロスセル、アップセルの機会は十分にあります。

顧客はあなたの製品を課題解決、効率化、収益向上いずれか又はすべて解決するために導入を決定しました。あんたが信頼されるソリューションを提案しているのであれば、業界の知識やアドバイスを積極的に聞きに来るかと思います。

ユーザー行動を理解することにより、ユーザーに合わせた最適なコンテンツを最適なタイミングで提供できるようになります。商品ページ、ソリューションページや価格ページなどそれぞれのページの訴求内容の影響力を理解することで適切なタイミングで顧客に対してパーソナルのコンテンツを提供することができます。

顧客エンゲージメントを最大化できる戦術の立案

当然のことだが、より顧客理解を深めることで施策や戦術の精度を高くすることができます。

非アクティブユーザーをアクティブ化することやアクテイブユーザーをロイヤル化するには計画的な戦術が必要です。戦術立案する際により精度の高いものにするために、下記のような質問を問いかけるといいでしょう。

質問:

  • 月間の新規顧客獲得数は?
  • 顧客の獲得経路?
  • プロダクトの幅?
  • ターゲット層はどこか?
  • ユーザーとのコミュニケーション方法は?

上記の質問に回答することで、あなたの課題や改善点を明確にすることができます。また、最終的には定性、定量的なデータをや仮説を元に顧客体験の向上ができるようなアクションプランを作成することで、CVRや最終的な収益向上を実現することができます。

ここで重要となるのが主観的な考え方ではなく、データに基づいた意思決定を行い効率的且つ効果的にユーザーエンゲージメントを強化していくことです。あなたも実際にテクノロジーを活用することで、顧客体験の向上やデータを活用した顧客理解を実行してみませんか?