Category

WEBサービス

Category

ども、つなぎです。 先日、僕が使用しているオススメのChromeの拡張機能をご紹介しましたところ大変反響があり、多くの方に見てもらうことができました。 関連:ネット業界のアナタにおすすめのChrome拡張機能14選 普段から海外のWebサービスを常にチェックしていて、実用性があり自分で使用してみた上で良かったものを主にこのブログで紹介しています。 前回はネット業界で働く方におすすめできるChrome拡張機能をご紹介しましたが、今回は面白いもの好きの方にオススメのユニークなChrome拡張機能をご紹介します。 役立つかどうかは別としてかなり笑えるものもあるので、疲れている時や少し笑いが欲しいときのエッセンスとしてどうぞ! ユニークでクレイジーなChrome拡張機能まとめ DO IT! icon-external-link https://goo.gl/u9dHpW DO IT!はGoogle検索画面内に俳優のシャイア・ラブーフさんを表示させることができるChrome拡張機能です。 拡張機能をインストールして検索画面でナビゲーションバー上のアイコンをクリックすると上記のように表示されます。 元気がないときや悩んでいる時は、そっとアイコンをクリックしてみましょう!彼が元気付けてくれますよ。 Facebook GIF Button icon-external-link https://goo.gl/pu88FG Facebook GIF ButtonはFacebookのコメント欄に写真、スタンプ以外にGIF項目を追加する拡張機能です。 さまざまなGIFアニメーションをスタンプや写真代わりに投稿することができます。 目立ちたくて、ユニークなものが好きな方は使ってみてはいかがでしょうか。コメントがすごく目立つようになります。 Wurstify icon-external-link https://goo.gl/Uew23g WurstifyはWebページ上に表示された顔を認識して、ヒゲを付けてくれる拡張機能です。先日この拡張機能のみをピックアップしてご紹介しました。 関連:関連:クオリティがハンパない!ページ上の全ての顔をヒゲ化する「Wurstify」 本当にクオリティが高く、横顔でもほとんど認識されてヒゲ化されます。いろいろヒゲ化しているので、詳しくは以前の記事をご覧ください。 H.O.V.A. State! icon-external-link https://goo.gl/SDE3jx H.O.V.A. State!はマウスポインタをHIPHOPアーティストのJAY-ZやKanye WestがやっているDynastyという意味のハンドサインに変更する拡張機能です。 それだけです! どういうメリットがあるかは全くわかりませんがJAY-ZのやKanye好きなら、とりあえずやっときましょう!HIPHOP好きの友達にドヤ顔できます。 Pixelbomb icon-external-link https://goo.gl/kGFNbR PixelbombはWebページ上でラクガキできるようになるChrome拡張機能です。 使い方はカンタン! 拡張機能を追加してラクガキしたいページを開きナビゲーションバーのアイコンをクリックするとページの右側に爆弾が表示されます。 ラクガキするとこんな感じになります。スタンプを貼ったり、スプレーのようなペイントもできます。Facebookへのシェアも可能ですし、もちろんローカルへの保存も可能です。 Googlifier icon-external-link https://goo.gl/llbHB4 GooglifierはWebページ上に表示される人物の顔を認識して、自動的に目玉を付けてくれるChrome拡張機能です。 これも実用性はありません!単純に目玉を付けてくれるだけです! ただし認識率は高く、目がうまく見えている写真ならほとんどの確率で目玉がつくので高度な技術だとおもいます。 毎度おなじみ「ぱくたそ」で試してみましょう。 認識されてないのもありますが、まずまずの認識力というところでしょうか… ん? 鼻www…

ども、つなぎです! 今回はマーケティングと全く関係ないですが、 紹介したい衝動を抑えきれないサービスがあったので紹介させてください! では、どうぞ!! 技術が半端ない!だけど面白すぎるWurstify  icon-external-link https://wurstify.me/index.html Wurstifyは画面に表示される人物の顔を認識し、 自動的に「ヒゲ」をつけて表示させるGoogle Chromeの拡張機能です。 え?それだけかって? はい!それだけです!ヒゲを付けるだけです! ただ、使ってみればわかると思うんですが、 ただ単純にヒゲをつけるだけかと思いきや・・・ 本当にヒゲを付けることだけに特化したサービスなんですよ! Wurstifyのインストール ページ下部からインストールできるので、拡張機能を追加しましょう。 ナビゲーションバーにWurstifyのアイコンが表示されます。 ヒゲ一色にしてみた では試しにやってみましょう。 毎度おなじみ、あの人物フリー素材サイトをヒゲ一色にしてやりましょう! ※管理人様の許可済、むしろやってくれということでしたw  icon-external-link ぱくたそ – フリー写真素材・無料ダウンロード ヒゲで画面一色を彩りたいページでナビゲーションバーの アイコンをクリックしましょう! ・・・ After www 青ヒゲ男じゃなくて黒ひげ男じゃないですかw あっ…河村さんまで… ここだと被写体が2人だけなんで、あんまりですが 顔写真が一覧で表示される画面だと下記のようになります。 ※クリックで拡大します 右下の広告まで認識!!すごい!! 美女読書でも試してみました!  icon-external-link 美女読書 ひげが生えてもやっぱり美女は美女ですね!? ここであらたな発見がッ! ひらがなの「を」を誤認識して「を」にヒゲが生えました。 「を」のカーブが顎と認識されているのでしょうか。。 横顔もバッチリ!かっこいい! 美女読書のFacebookのフィードを見つけました。 ウェブライダーの松尾さんが言及しています。 Facebookのフィードをみていたところ、見つけました。 アルパカにも。…

こんにちは。つなぎです。 Ptengine Blogでは自分たちが使っていたり、 実際に使ってみて良さそうだったものを紹介しています。 これまでもデザイナーのリソースを使わなくても ランディングページ(LP)が作れるツールをいくつか紹介してきました。 関連:無料で簡単にオシャレなLPを作れるInstapageがスゴい! 関連:マーケ担当でもお手軽にLPがつくれるペライチを試してみた! 何でも1人でやっちゃいたい!もしくは やらざるを得ない方には本当に役立つサービスです。 そういったニーズが多いからなのか、LPやWebサイトが簡単に作れるツールは 最近になってすごく増えてきているような気がします。 と、いうことで今回は直感的UIでイケてるLPが量産できる「Lander」を紹介します。 Landerとは  icon-external-link Landing Page: Create, Publish and Optimize for Free | Lander 「Lander」はInstapageやペライチと同じく、 デザイナーじゃなくてもイケてるLPが簡単に作れるツールです。 どれぐらい直感で簡単に作れるかは動画をご覧ください。 動画をみると、パワポやKeynoteでワイヤーフレームを作ってるような感じがしますよね。 フリープランはないですが、30日間の無料トライアルが用意されていて クレジットカード情報の入力をしなくても利用可能なのも良い所。 サイト上の「TRY LANDER FOR FREE」から登録できます。 「Lander」の特徴 そんな「Lander」ですが具体的な特徴をいくつかご紹介します。 直感的操作が可能なエディター ドラッグアンドドロップでオブジェクトの設置ができます。 しかも、かなり細かいところまでカスタマイズできるので オリジナル要素が強いLPを作ることができます! 参考:http://landerapp.com/editor/ A/Bテストが簡単にはじめられる 最近のLP作成ツールではA/Bテストが手軽にはじられるものが多いです。 Instapageも簡単にA/Bテストがはじめられました。 またゴール設定やテスト結果のレポート画面がすごく見やすくて デザイン面でもかなり評価が高いです。 参考:http://landerapp.com/ab-testing/ 多くのマーケティングツールとの連携が可能 マーケティングオートメーションのMarketoやメールマーケティングツールの…

こんにちは!マーケティング部の繋です! ほとんど僕しか記事投稿していないのに 「こんにちは!マーケティング部の繋です!」というのも飽きてきました。 何かいい挨拶的なものはないでしょうか? 今回は先日の記事でも少しだけ紹介したHello Barを詳しく紹介していきます! 関連:ブログから製品サイトへの誘導率を公開します! 例えば自社でブログなどを運営していて、 「自社サイトへ誘導したいなぁ」とか「資料をダウンロードしてもらいたい」など 考えてる方って多いのではないでしょうか? でもこういうのってバナーだとイマイチ効果が悪いし、 でもポップアップとかで表示させるにはデザイナーに依頼しないと いけなかったりで面倒ですよね? 外注するほどでもないし…。 僕も全く同じ状況で悩んでいました。 そんなとき見つけたのがHello Barというツールです。 Hello Barとは? icon-external-link  Hello Bar Hello Barはサイト訪問者に対して様々なアクションをタグを1行挿入するだけで 表示させることができるツールです。 少しこの説明だとイメージしづらいかと思うので、わかりやすく説明すると 今このブログの上部にも表示されている、これですね。 これは自社製品サイトへの誘導リンクボタンが付いた固定バーです。 こういうのってデザイナーに依頼しない限り、難しいですよね。 Hello Barを使えば簡単にサイトでのポップアップ表示から、 クリエイティブの違いによるクリック率のA/Bテストまで無料で行うことができます。 なんでも自分でやらないといけない。 というマーケティング担当者の方などには、かなりオススメできるツールです! ここからは使い方などについて紹介していきます。 Hello Barのつかいかた Hello Barにユーザー登録 まずは登録をおこないましょう。 Hello Barを使用するにはGoogleアカウントが必要です。 もしGoogleアカウントをお持ちではない方はこちらから作成してください。 Googleアカウント登録 icon-external-link https://goo.gl/7b672 Googleにログインしている状態で、 トップページからHello Barを設置したいURLを入力し、 「log in with Google」をクリックします。…

こんにちは。マーケティング部の繋です。 本日、地震がありましたが、みなさま大丈夫でしょうか? 弊社でも社内に緊急地震速報の通知が鳴り響いて、久々ビックリしました。 このPtengine Blogでは自分たちで利用していたり 良さそうなサービスを定期的に紹介しています。 今回は「素早くやさしくサイトとアプリが作れるcocoam[ココアエム]」という サービスを使用してみたので紹介したいとおもいます。 例えば店舗などを運営している方で「とりあえずサイトを作らないといけない」けど コーディングもデザインもできない、外注してる予算や時間もないけど 本格的なスマホサイトを作りたいという方にオススメです。 関連:無料で簡単にオシャレなLPを作れるInstapageがスゴい! cocoamとは? icon-external-link  素早くやさしく私だけのスマホサイトが作れる!-ココアエム cocoamは株式会社ココアスタジオさんが提供している スマホサイト・アプリ構築プラットフォームです。 もともとは韓国で提供されており、最近日本向けのサービスをローンチしました。 参考:韓国のモバイルサイト・アプリ構築ソリューション「Cocoam(ココアエム)」が日本市場でローンチ – THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) 特徴はトップページにもあるようにコーディングやデザインができなくても 誰でもスマホサイトが作れるという所です。テンプレートも豊富に用意されています。 これまでにも簡単に◯◯が作れるというサービスはいくつか 紹介してきましたが、今回はどれくらい簡単にできるのでしょうか? 実際に使ってみました。 cocoamでサイトをつくってみよう テンプレートの選択 無料で14日間のトライアルが使えるみたいなので早速はじめます。 トップページの「無料トライアル14日」をクリックします。 登録するのかと思いきや、いきなりテンプレート選択に入ります。 こういったサービスなどには結構登録していますが、この流れははじめてです。 用途にあわせたテンプレートが多数用意されています。 用途にあったテンプレートを選択すると、プレビューが表示されます。 下部にあるサイトタイトルと任意のURLを設定して 「サイト開設」をクリックしましょう。 会員登録 ここで会員登録画面が表示されます。 通常は登録→テンプレート選択だと思うのですが、 先にテンプレートを選ばせることで、 よりサービスに興味を持ってもらう為の施策なのでしょうか。 このあたりの導線は、Webサービスを提供している側として 非常に参考になります。 「会員登録」をクリックして登録にすすみます。 名前、もしくは会社名等を入力して会員登録を完了させます。 会員登録が完了すると、先ほどのサイトタイトルなどを入力した 画面に戻るので再度入力して「サイト開設」をクリックしましょう。 ここでサイトの開設が完了です。 サイト開設完了…? マイページへ進みます。 また無料サイト開設と表示されていますね… 最初にサイトタイトルとURLを入力したのですが、 それは反映されてなさそうです。 先にテンプレートを選ばせる事に注力しすぎて、…

こんにちは。マーケティング部の繋です。 毎日、記事を更新していますが、 はっきり言って書くネタに困っています! 「どういう内容で書けばよいのか?」 「どういう内容を書けば多くの人に読んでもらえるのか?」 毎日、更新しているとさすがにネタもなくなっちゃいますよね。 また書くからにはバズってもらいたい! そこで今回はブログネタがどうしても思いつかない時に 僕がやっている方法をみなさんにご紹介します。 過去にバズったコンテンツをキーワードやドメインを指定して検索でき、 更に分析も可能なソーシャルメディア分析ツール「Buzzsumo」を使用します。 Buzzusumoとは?  icon-external-link BuzzSumo: Find the Most Shared Content and Key Influencers コンテンツのソーシャルメディア上における拡散状況をキーワードやドメインを 指定して表示する事ができるソーシャルメディア分析ツールです。 使い方は簡単でトップページに気になるキーワードなどを入力するだけで そのキーワードが含まれ、尚且つバズった記事が表示されます。 ダッシュボードなどは英語表示ですが、 日本のキーワードやドメインにも対応しています。 基本的には登録の必要がなく無料で利用できます。 ただし、検索できる回数などに制限があるので 無料アカウント登録をオススメします。 今回は無料アカウント登録の手順からご紹介していきます。 Buzzsumoをつかって調べてみよう 調べる前の準備 無料アカウント登録 無料アカウント登録をおこなう場所が少し分かりづらいので紹介しておきます。 「Login」をクリックします。 ログイン画面が表示されるので、フォーム下部にある 「Sign up to our free plan」をクリックします。 名前、メールアドレス、パスワードを入力して 「CLICK TO COMPLETE」をクリックします。 以上で登録は完了です。 直接ダッシュボードに遷移するので、早速使用していきましょう。 ダッシュボード内の説明 まずはダッシュボード内のボタンなどの役割を紹介しておきます。 Trending:現在ソーシャルメディア上で盛り上がっているコンテンツを表示します。 Top Content:バズったコンテンツをキーワード、ドメインで検索できます。 Influencers:インフルエンサー(影響力のある人)をキーワードなどで検索できます。 Content Alerts:登録したキーワードやドメインで更新があった際などに アラートを出す事が可能です。(無料版では利用不可) Reports:キーワードやドメインを指定してレポーティングが可能です。 (無料版は利用不可) 具体的な使用例 ここでは僕がネタに困った時にやっている具体的な 使用方法について紹介していきます。…

こんにちは。マーケティング部の繋です。 みなさんは普段から何のブラウザを使っていますか? 弊社ではほぼ全員がGoogle Chromeを使用しています。 ブラウザの国内シェアを見ると依然IEが高い状態ですが、 世界シェアでみるとChromeが圧倒的に高いシェア率になっています。 参考:WebブラウザシェアランキングTOP10[日本国内・世界] やはりChromeを使う理由としては、 動作の軽さや使いやすさ、豊富に用意された拡張機能があげられます。 拡張機能を利用することで普段の業務を効率化して進めることができます。 今回は普段から僕が使用していて毎日の業務に欠かせない オススメのChrome拡張機能をご紹介します。 ネット業界のアナタにおすすめのChrome拡張機能14選 Ghostery icon-external-link https://goo.gl/uIeGSc Ghostelyは開いているサイトで何のサービス利用しているか検出するツールです。 アクセス解析ツールや広告、ソーシャルプラグインまで簡単にわかります。 以前も紹介させて頂きましたが、これがないと いちいちソースコードを見て…という面倒な作業をしなければなりません。 今では本当に欠かせないツールです。 関連:競合サイトがどんなサービスを利用しているのか簡単にわかるGhosteryが便利すぎる! はてなブックマーク icon-external-link https://goo.gl/u06mIY ソーシャルブックマークのはてなブックマークを、 より便利に使うためのChrome拡張機能です 見ているページのはてなブックマーク数をツールバー上に表示してくれるので、 どのページが話題になっているかなどをすぐに確認できます。 また自分がはてなブックマークに追加する際もツールバー上から追加できたり、 そのページについた他ユーザーのコメントなども確認が可能です。 更に検索エンジンで検索した際のタイトルにはてブ数を表示してくれます。 Social Analytics icon-external-link https://goo.gl/Bx1ZCe Social Analyticsは見ているページのソーシャルでのシェア数などを ツールバー上に表示してくれるChrome拡張機能です。 Facebookについては、このブログのように「いいね!」ボタンしか 表示されていない場合が多いかと思います。 そんな時でもいいね!数とシェア数をひと目でわかるように表示してくれます。 Similar Web icon-external-link https://goo.gl/b4bwbR 見ているサイトのアクセス数や流入元などがわかる 競合サイト解析ツールのSimilarWebのChrome拡張機能です。 ※あくまで参考数値です。 具体的にはアクセス数、トラフィックの割合、国、検索キーワードなどが ほぼ一瞬で表示されます。 ただし、無料版ではスマホのトラフィックを表示していません。 有料版のSimilarWeb PROであればスマホのトラフィックも表示可能です。…

こんにちは。マーケティング部の繋です。 Ptengine Blogでは自分たちで利用していたり 良さそうなサービスを定期的に紹介しています。 今回はWebサイトを制作する前のモックアップを作成できる balsamiqが便利なので紹介したいと思います。 そもそもワイヤーフレームとモックアップの違いは 何なのでしょうか?少し調べてみました。 例えば家を建てる際に置き換えると ワイヤーフレームは設計図(骨組み)、モックアップは模型となり モックアップの方がより、サイト完成時のイメージに近いものとなります。 Cacooやjustinmindといったワイヤーフレーム作成ツールがありますが 今回は使用できるオブジェクトも豊富なbalsamiqを紹介していきます。 balsamiqとは? Balsamiq. Rapid, effective and fun wireframing software. – Balsamiq WEBサイト制作前に必要になる、モックアップ作成に特化したツールです。 手書き風のSketch Skinと通常のWireframe Skinを 切り替えられる所も特徴のひとつです。 ※無料トライアルでは切り替え不可 無料トライアル期間は7日間でインストールするデスクトップ版と ブラウザ上で使用するウェブアプリ版の2種類があります。 Google Chromeのエクステンションもリリースされています。 更に企業向けとなりますが、Google Driveや Atlassianが提供している管理ツールのConfluenceやJiraとの連携も可能です。 今回はデスクトップ版を紹介していきます。 balsamiqをつかってモックアップをつくってみよう つくる前の準備 モックアップ作成前の準備をしておきます。 balsamiqのダウンロード まず「Download Desktop App」をクリックします。 使用しているOS名が表示されたダウンロードボタンがあるので クリックしファイルをダウンロードしましょう。 規約(※全英文)を読んでください的な文言が表示されるので、 同意した上で「I Agree」をクリックするとダウンロードが開始されます。 balsamiqのインストール ここでは各OSの方法に従いインストールをおこないましょう。 モックアップ作成 インストールが完了したらbalsamiqを起動しましょう。 画面の説明 基本的な使い方はシンプルで、設置したいオブジェクトを 作業フィールドにドラッグするかオブジェクトをダブルクリックすることで 作業フィールド内に設置されます。 使用できる豊富なオブジェクト…

こんにちは。マーケティング部の繋です。 Ptengine Blogでは自分たちで利用していたり、 良さそうなサービスを定期的に紹介しています。 これまでは専門的な知識や高度なスキルが必要とされていた作業も 最近では誰でも、簡単に使用できるような 非常に便利なツールが多くリリースされています。 その中でも今回はこのPtengine Blogで利用している ツールの中のひとつ「SumoMe」を紹介します。 SumoMeとは?  icon-external-link SumoMe SumoMeはサイト訪問者に対し様々なアクションをタグを 設置するだけで簡単に可能にするツールです。 無料から利用でき、メルマガ購読フォームや追尾型シェアボタン表示など デザイン面も評価できタグさえ設置できれば誰でも簡単に使用できます。 代表的なものは上記のようなスクロールに追尾する形のシェアボタンや、 下記のようなメールマガジンの購読フォームなどがあります。 SumoMeをつかってみよう それではさっそくSumoMeをつかってみましょう。 今回は登録方法や設定、実際の利用シーンまで紹介します。 利用前の準備 アカウント登録 トップページの「TRY IT NOW」をクリックして、メールアドレスを入力し登録をおこないます。 メールアドレスを入力すると、その場でタグが発行されます。 タグの設置 登録時に発行されたタグをコピーし設置したいWebサイトの <head>内に設置します。 WordPressの場合はダッシュボード>外観>テーマの編集>ヘッダー(header.php)内の 下記の図の位置にタグを設置します。 この操作だけで使用可能になります。 早い人ならここまで1分程度で完了できます。 機能の設定 管理画面へのログイン タグの設置が完了するとWebサイト上に少し分かりづらいですが 下図のような青いバーが表示されます。 青いバー上にマウスオーバーすることでSumoMeのロゴが 表示されるのでクリックします。 管理画面の表示は今後、このバーをクリックする事でログインします。 また1度ログインするとキャッシュのクリアなどを行わない限り ログイン状態が継続されます。 ロゴをクリックするとSumoMeへのログイン画面が表示されます。 登録したメールアドレスを入力し、任意のパスワードを設定しログインを行います。 設定項目の確認 ログインが完了すると、下記の画面が表示されるので まずはSettingをクリックします。 ※List Builderは初期状態の場合、表示されていません。…

こんにちは。マーケティング担当の繋です。 みなさんはコンバージョンレート(CVR)向上にどのような施策をしていますか? Webサイトのコンバージョン率(CVR、購入率)が1%でも向上すれば、 売上を大きく上げることができます。 下記はあくまで例ですが、昨日の記事で弊社の小原が記載しているものを 拝借して説明させていただきます。 例: 月のネット広告費:1000万円 WebサイトのCVR:1% 広告経由の売上:1億円 ↓ 月のネット広告費:1000万円 WebサイトのCVR:2% 広告経由の売上:2億円 と、いうようにCVRが1%あがるだけで売上は大きく増加します。 またCVRが高くなればなるほど、広告の費用対効果も高まりますね。 では、どうやってCVRを向上させるか? 答えは簡単です。 A/Bテストツールを使いましょう! と、いうことで今日は無料からはじめられる A/BテストツールのOptimizelyを紹介します! A/Bテストとは? 異なる2パターンのWebページを用意し実際にユーザーに 利用させて効果を比較するテストの事です。 Webページのデザインやレイアウト、サイト内導線の 最適化を図るために用いる事でサイト改善をより 高速で低いコストで実施する事ができます。 分かりやすいように実際の事例を紹介します。 下記は現在、弊社のWebサイトで行っているA/Bテストです。 Aのパターンは右側に登録フォームを設置、 対するBのパターンは左側に登録フォームを設置しています。 これを不特定多数の訪問者に見せる事で、どちらの方が最終的にCVRが高いのか? と、いう実験をおこなう事をA/Bテストといいます。 Optimizelyとは? Optimizely:世界No.1ツールで快適なA/Bテストを 従来ではプログラミング知識をもっている方のみが運用可能だったA/Bテストにおいて、 ページ内にタグを1行埋めるだけで、テスト作成から実施までを 簡単に行える世界シェアNo.1のA/BテストツールがOptimizelyです。 ディズニーやスターバックスなどの大手企業をはじめとする、 世界の約8,000社以上が導入しています。 Optimizelyをつかってみよう 早速Optimizelyをつかってみたいとおもいます。 利用登録から実際のテストまで、簡単に実施することができます。…