株式会社FLIE

徹底的にお客様に真摯でありたい。Ptengineで理想のお部屋さがしをサポート。

#不動産
#ABテスト
#UXライティング
#パーソナライゼーション

榎本氏、小島氏、高橋氏

FLIEのようにPtengineでビジネスを成長させよう

無料で始める
image

株式会社FLIEでは、不動産の購入希望者が、不動産仲介会社を介さず、売主企業から直接物件を購入できる不動産情報サイト「FLIE(フリエ)」を運営。通常支払うことになる仲介手数料がかからず、コストを抑えて中古リノベーションマンションを購入することを特長とし、「買主と売主が自由に安心して直接取引できる不動産プラットフォーム」を目指しています。今回は代表取締役の榎本様、マーケティング担当の小島様、開発担当の高橋様にPtengineのご支援させていただいている内容についてインタビューさせていただきました。

インタビューのポイント! 
①新しい不動産探しを提案する Webサービス「FLIE(フリエ)」とは 
②Ptengineで作られたWebマーケティングと開発の関係性とは 
③Ptengineで実現にしたWebサイトの改善方法とは 

お客様の“住みたい”気持ちを形にしたい。新しいビジネスモデルで理想の住宅探しを。 


Ptengineでご利用いただいているWebサービス「FLIE(フリエ)」はどのような経緯で生まれたんですか

榎本代表: 

私は異業界からの転職という形で不動産・リノベーション業界に入りました。そこで強く感じたことは、お客様に物件の本当のことが伝わらない業界だということです。例えば不動産仲介業者の営業という側面では、契約を得るために物件のネガティブな情報を伝えづらいなど、お客様に対して本当に最善の選択になっていないケースも何度も見てきました。 

不動産売買というのは、一生に一度あるかないかの高価な取引であり、生活への影響も大きいものです。私は当時からそのような透明性の低い業界の特性に対して疑問を抱いておりましたので、「お客様がとにかく満足する物件を提案し、必ず納得していただくこと」をモットーにお客様に寄り添ってまいりました。 

お客様と営業マンという関係ではなく、誰もが理想の暮らしを最適なパートナーと一緒に見つけられる世界にしたい、また「不動産取引をオープンな世界にしたい!」と思い立ち上げたのが、弊社が運営する「FLIE(フリエ)」というサービスです。 

FLIEでは、直接お客様が売主から正確な情報を聞くことができ、安心し納得した上で不動産取引ができます。販売が不慣れな売主様や、購入が不安な買主様には、FLIEエージェントがサポートいたします。 

今後はFLIEで不動産取引が完結できる世界を目指し、売主と買主が自由に、かつ手軽に不動産取引ができる仕組みを構築してまいります。 

お客様を大切にされる貴社にPtengineを選んでいただき大変光栄です。Ptengineのようなサービスが必要になり、選んでいただいた背景はなんでしょうか。 

課題先行というよりは、新しいWebサービスを展開する中で必要性に応じて導入しました。当時何社か検討していたのですが、関連会社が利用していたことなど実績面で導入を決定しました。 

Ptengine ExperienceについてもPtengine Insghtを活用していく中でご提案いただいて、その利便性によって今までの非効率な部分が目に見えてきた、というところが導入した背景にはあります。 

Webマーケティングと開発の両面で最大活用


InsightとExperience、二つのモジュールをうまくご利用いただいている印象がございますが、それぞれどのようにお役立て頂いてますか? 

小島さん: 

当時はヒートマップ機能を中心に利用しており、サンプリングデータではなく全てのユーザー行動データを元に分析できるのは非常に魅力を感じておりました。 

高橋さん: 

開発の立場からすると、非常にモチベーションが上げやすいところもポイントだと思います。「こういう風に変えるとユーザー行動も大きく変わる」と腹落ち感を持ちながら開発に臨めます。また、非常に使い勝手がいいので、開発とは別の時間でもデータを眺めたりしています。常に顧客と向き合いながら開発ができるのはPtengineならではの強みだと思いますね。 

小島さん: 

ユーザー行動が非常にわかりやすいですよね。Webマーケティングの立場としても動線分析をしながらサイト改善をしていますが、見てすぐに仮説を発想できるので改善のためのネクストアクションを実行しやすいです。 

そういった課題を元にPtengine Experienceで改善していくのがまた非常に効率的ですね。以前は外部でサイトの改修をしていた関係で自由に改善ができませんでしたが、今ではPtengineで改修できて効果検証までできてしまうので大幅な効率改善です。 

ポップアップを作るだけでも開発に依頼して1ヶ月かかったりしていましたが、今では一瞬ですからね。 

高橋さん: 

非常にわかりやすく、クイックにできるところ見ていると私含め開発のリソースを別のところに使えるのは非常にいいですね。 

Ptengineによって、Webマーケティングと開発でお互いに専念しながら背中を預けあえている体制ができていると思います。 

“最善案”から “パーソナライズ”へ 

複数の役割の中でPtengineが利用される状態は我々としても非常に嬉しいです。 ご利用いただく中で成果も数字として上がったりしているのでしょうか。 

小島さん: 

A/Bテスト機能もかなり活用させていただいて成果面でもはっきり出ていることがわかります。 

例えば3月にサイトのリニューアルをしたのですが、その前にはどんな表現をしたらユーザーに効果的に訴求できるかというのを試しました。 

[例] 
・問い合わせボタンの文言「問い合わせ」VS「質問する」  
・見学予約キャンペーンポップアップ「見学予約したい」VS「物件を見たい」

その中では離脱率を5%以上改善したケースもありますし、CVRが2倍になったりするケースもあります。 

このテスト内容を元にして、よりお客様に寄り添った新しいサイトを設計していきました。実際にお客様がどのような言葉が適しているのかはやってみないとわからないですので、同じURLでスピード感をもって実施できるのは非常に助かりました。 

UIやUXライティングにご活用されているのですね。最後に、これからPtengineで実現したいことを伺ってもよろしいでしょうか。 

目指しているデータ・ドリブン体制は、取得したデータを元に、お客様の価値に転換されていくような世界観を想定しています。 

現在はデータを集めている段階ですが、これからもPtengineを軸に、十分に集めた情報によってユーザーの関心や行動に合わせた最適なコンテンツをレコメンドしたり、パーソナライズされた体験を届けて、より多くのお客様に理想に一番近いお部屋探しのお手伝いをしていきたいと思います。 

 

もっと事例を読む