blog»マインド・知識»Webマーケティングで必須!?ヒートマップのメリットと注意点

blog  image
Webマーケティングで必須!?ヒートマップのメリットと注意点

2020年02月26日

この記事は約5分で読めます。

ヒートマップとは? 

ヒートマップは、データを視覚的に表したものです。サーモグラフィを利用したシステムで、データの変化を視覚化し効率よくインサイトを取得します。カラーコードは、暖かいトーンのカラーから冷たいトーンまでのスペクトルを基本としていて、これをヒートマップと言います。 

このヒートマップは様々な分析の場面で使われますが、一番よく使われるのはユーザーとあなたのウェブサイトとの交互作用を表したい時です。ヒートマップは一つのボタンからウェブページ全体にかけての相互作用まで、全てのデータを視覚化して提供することができます。

ヒートマップの種類: 

あなたが使用するツールによって、ヒートマップも様々な種類に分けられます。一番多く使われるヒートマップは:クリックヒートマップ、アテンションヒートマップとクリック分析マップです。

しかし、上記のヒートマップ使用で正確な決定を出す為には、結果に対して

分析する前に、毎ページごとに充分なサンプルデータを集める必要があります。デザイン・ページごと、またはデバイス(つまりモバイルやパソコン)ごと2−3千のページビュー数があれば、スタート時の良いサンプルサイズだと言えます。もしあなたが100人ぐらいのユーザーから分析結果を出そうとすれば、そのデータの信憑性は不明確です。 

様々なヒートマップが存在することを知ったところで、種類別にその概念と優位性、または機能について学んでみましょう。

クリックヒートマップ 

クリックヒートマップは、一番良く使われるタイプのヒートマップです。このヒートマップはあなたのユーザーが一番関わってくるコンテンツをインサイトとして得ることができます。ヒートマップが表示する範囲の中でクリック数が多ければ多いほど、その部分が暖かいトーンのカラーで表示されます。

一番暖かいトーンの色は、相互作用が一番多かったボタンやコンテンツのことを意味します。クリックヒートマップで得られるユーザーのインサイトは下記の通りです:

あなたのウェブサイト上で一番良いパフォーマンスを出しているコンテンツは? 他の全てのボタンと比べてクリック数が圧倒的に高いボタンは

アテンションヒートマップ 

このヒートマップは、あなたのユーザーがどのスクロール位置にあるコンテンツに興味があるのかを表示します。スクロールレベルで閲覧者のウェブ上の興味関心度が分かります。つまり、このヒートマップでユーザーがあなたのウェブ上でどれぐらいの時間をどのコンテンツで過ごしたのかをわかる知ることができ、訪問者たちがあなたのどのコンテンツをどれほどちゃんとじっくり見たのかを判断できます。 

アテンションヒートマップで得られるインサイトは下記の通りです: 

  • ページの下側にあるコンテンツの位置を調整する必要があるのか? 
  • ユーザー達はあなたのコンテンツをどれほどしっかり見ているのか?

クリック分析ヒートマップ: 

ページ上で相互作用が行われる部分ごと(URL、テキストボックス、写真など)それぞれのクリック率を表示します。 

カラーは、特定範囲内のクリックの多さを表示します。 

  • 赤:一番高いクリック率 >15% 
  • 青:一番低いクリック率 <1% 

クリック分析ヒートマップで得られるインサイトは下記の通りです:

ユーザーに対して、予想できなかった想定外の誘導は?

どれぐらいのユーザーがどこで遷移したのか?

また、ボタンなどの要素をクリック&ドラッグで選択し、ユーザーのセグメント、流入元、地域などの分布も確認できます。 

ヒートマップのメリット

ヒートマップを使うと、分析がしやすくなります。あなたのチームや他のチームの誰でもスクリーン上の色を比較して状況を理解することができます。しかし、ヒートマップで分析が簡単になったとはいえ、変化に対してのアクションの決定は、慎重なデータ分析の後行わないといけません。 

あなたのウェブサイトの改善ガイド 

ヒートマップは、ユーザーとあなたのウェブサイト間の相互作用についてとても貴重な情報を提供します。正しく使うと、ヒートマップでユーザーとウェブサイトの相互作用を向上させることにも役に立ちます。あなたが収集したデータに基づいて、ウェブサイト上で一番エンゲージしている部分やユーザー達があなたのウェブサイトに入る時、何を求めていたのかが 

分かるので、この役に立つ洞察を通じて顧客体験・ユーザー体験の質が上がるようにウェブサイトを改善できます。 Ptmindの我々は、改善に限界はなくどのウェブサイトでも100%改善が終わっているとの状況はないと信じます。 

テストと測定( A/Bテスト) 

ヒートマップは、A/Bテストの測定としてもとても適切な方法です。 A/Bテストツールの使用は、ウェブサイト改善のための一番の方法でもあります。あなたはヒートマップと A/Bテストを同時に参考しながらデータに基づいた決定をだし、あなたの長期的な可能性を引き上げれます。ヒートマップを使うと、 A/Bテスト上でコンテンツの具体的な位置、色、写真またはテキスト中で一番効果が高い物が判断しやすくなります。このデータは、あなたのコンテンツの選択や改善を手伝うだけでなく、これからWebマーケティングを実施においての大きな地検にもなります。 

あなたのウェブサイトの長所短所を判断できるようにする 

あなたのウェブサイトの長所と短所を知れることは、ヒートマップ使用の一番のメリットでもあります。ヒートマップをちらっと見るだけで、あなたのウェブサイト上で一番人気のコンテンツ・ボタン・テキスト・写真が分かります。こうすると、ヒートマップで提供されたデータを使って、ウェブサイトを続々と改善し続けられます。 

会社の最低限を引き上げるための安定的な決定を手伝う 

あなたのヒートマップからのデータで、ユーザーがあなたの会社とのどのような相互作用を好んでいるのか(購買者の好み)がよりよく理解できます。あなたがユーザーや潜在顧客と信頼関係を構築していくことによって、会社の最低限が長期的にだんだん上がって行くことが見えるはずです。あなたの製品を買う人の好みを理解することは、あなたが作り出す他のコンテンツをより良くして、持続的な成長と新規顧客の獲得を可能にします。 

ヒートマップを使用する時の注意点 

あなたがどのヒートマップサービス提供会社を選ぶかによって、ソフトウェアの限界は異なります。ヒートマップは、あなたのウェブサイトを分析するためのとても良い方法ではありますが、その限界を知ることも重要です。ヒートマップはマウス使用によってのユーザー行動情報しかトラッキングできませんので、もしユーザーが訪問時キーボードの機能を使っていたのであれば、正しいデータが収集できないかもしれません。

結論 

ヒートマップは、正しく使われれば、ユーザー体験を向上させるためのとても良いツールになります。ただ、他のツールと比べて、ヒートマップはユーザーに対しての全ての質問には答えられないというのも事実です。しかし、ヒートマップが正しく分析され、収集したデータの結論を出すことができれば、ユーザー体験・顧客体験をとても効率的に上げることができます。あなたがキャンペーンを始める段階で、ヒートマップ活用でコンバージョン率最適化の正しい方向を理解し、慎重に最適化を行うことができれば、良い結果への近道を作ることができます。 A/Bテストでヒートマップが正しく使われれば、コンバージョン率の急上昇を経験できるかもしれません。 

Ptengineは、この全ての機能を一つのソリューションパックにまとめて提供します。それを通じて、ヒートマップの機能を活用しながら A/Bテスト(Ptengineのエンゲージエンゲージ機能)を行い、データに基づいたマーケティングソリューションを引き出すことを可能にします。

いかがでしたでしょうか?ぜひシェアをお願いいたします。