海外のイケてるランディングページ10選

2015年06月06日

Ptengine 編集部

こんにちは。つなぎです。

僕も自社のランディングページの企画をすることがありますが、

  • どういう構成にすればいいのか?
  • 何を重点的に考えて制作すればいいのか?
  • コンテンツは何を配置すればいいのか?

など、なかなか1人では思いつかないものですよね。

やはりそういったときは、具体的に他のサイトを参考にするのがイメージも湧いて一番はやいです。

そこで今回はランディングページの制作時に参考になる
海外のイケてるランディングページを集めました。

様々な種類のランディングページを見ていきましょう。

海外のイケてるランディングページ 10選

Path

https://path.com/moments

少し前に話題になったクローズドSNS「Path」のランディングページです。

ファーストビューに目を引く「赤」が使われていて非常にインパクトがあります。
ランディングページではアクセスしてきたユーザーに対するインパクトが大切です。

DAYS

http://daysapp.co/

カウントダウンが特徴のスケジュールアプリ「DAYS」のランディングページです。

上で紹介した「Path」とは対照的に、こちらは非常にシンプルなイメージです。

Grovemade

http://grovemade.com/

温かみのある木製や革製の製品を販売している「Grovemade」のランディングページです。

製品がもつ温かみや高級感などをうまく表現できています。

またページ中にGrovemadeのスタッフの方の一覧がありますが、
ホバーさせた時のエフェクトが非常に面白く、何度も遊んでしまいました。

Moto360

https://moto360.motorola.com/

MOTOROLAのスマートウォッチ「Moto360」のランディングページです。

スクロールエフェクトが非常に面白くスマートウォッチが
組み立てられていったり、文字盤が変わるなどをスクロールで表現しています。
気が付くとランディングページの下までスクロールしていました。

LIX

http://lixpen.com/

3Dプリントペン「LIX」のランディングページです。

スクロールする際にページ中央にペンで線を引いているような動きが
非常に斬新でイケてます。このページも思わず下までスクロールしていました。

PNG HAT

http://pnghat.madebysource.com/

Photoshopプラグイン「PNG HAT」のランディングページです。

可愛らしいイラストが特徴です。画像部分はカルーセルになっており

次々に画像が切り替わります。

画像の1つに、かつてSNKから発売されていたゲーム「餓狼伝説」の
テリー・ボガードがいてビックリしました。知ってる人はぜひ見てください。

Lily

https://www.lily.camera/

最近何かと話題のドローン「Lily」のランディングページです。

ドローンのデザインも去ることながら、
ランディングページのデザインも非常にかっこよくできています。

特にスクロールエフェクトは圧巻です。

Stripe

https://stripe.com/connect

最近、日本にも上陸した決済プラットフォーム「Stripe」のランディングページです。

飛んできた流れ星(?)のようなものが回っている円に巻き込まれ
次第に飛ばされていく動画はずっと見ていたくなります。
(説明が下手ですみません、、、詳しくは見てください。)

Easy Rocket Studio

http://easyrocketstudio.com/

LoLなどのe-Sportポータル作成プラットフォーム
「Easy Rocket Studio」のランディングページです。

ページの上から下まで動的なエフェクトが隅々まで表示されています。

スクロールに合わせて動くものと、静止状態でも動くものの2種類が
よいコントラストになっており、かなりイケてます。

Trippeo

http://trippeo.com/

出張経費管理サービス「Trippeo」のランディングページです。

スクロールしていくと一面に動画が表示されます。

また動画とサービスの説明が交互に並んでおり、画面中央に配置された円形のナビが
スクロールに合わせて動いていくのが面白いですね。

まとめ

いかがでしたか。
どれも使ってみたくなる、登録してみたくなるLPでしたね。

さて、どれだけ良いランディングページを制作できたとしても作って終わりではなく、
より成果が出るランディングページに改善していくことが必要になります。
※このようなことをCRO(コンバージョン率最適化)と言います。

その為にはページの分析を行う必要があります。

基本的にランディングページは1ページ単体で制作する場合が多く
通常のアクセス解析では分析し辛い傾向があります。
※滞在時間が上手く測定できないため。

そんなランディングページの分析に役立つのがヒートマップです。
ヒートマップを使えばユーザーのページ内での動きが見える化できます。

弊社が提供しているPtengineなら無料で1ページまで分析できるので
今すぐにでもヒートマップ分析がはじめられます。

リンクがない箇所のクリックを計測したり、
CVしたユーザーがどの箇所を重点的に見ていたのか?が分かるので
効率的にページの改善をおこなうことが可能です。

ランディングページの分析をより効果の高いものにしたい方、
ぜひPtengineを導入されてみてはいかがでしょうか?