【2015最新版】徹底比較!無料から使用できるクラウドストレージサービス30選

2015年05月07日

Ptengine 編集部

ども、つなぎです。

みなさん、GWは満喫しましたか??

僕もGW直前に上司から「ん?休んでいいよ?」と言われたので、ゆっくり休みました。今日、手のひらを返したように「なんで休んだの?」と言われないかヒヤヒヤしてますが…

やはりGWというと行楽地などで過ごされた方が多いかと思います。行楽地に行くと欠かせないのが写真や動画。

写真や動画を撮って保存していると思いますが、PCやスマホの本体の容量いっぱいになってませんか??

そこで活躍するのがクラウドストレージサービス(以下、クラウドサービス)です。iCloudやDropboxが爆発的に普及し無料からでも手軽に使えるようになったので、かなり身近な存在になりましたね。

ということで、今回は無料から使えるクラウドサービスを紹介します!

各サービスごとの比較

各サービスを比較するためにグラフ化してみました。無料で使用できる容量など各サービスごとに違いがあります。メジャーなサービスは意外に利用できる容量が少なかったりと一目でわかるので参考にしてみてください。

今回のグラフ作成はinfogr.amを使用しました。単純なグラフからインフォグラフィックまで簡単に作成できます。

※友人招待による最大容量は下部で紹介している各サービスの詳細をご覧ください。
※容量無制限を無料で利用可能な「Hive」「CloudApp」は除外しています。

無料で利用できる容量の比較

各サービスごとに容量をグラフで比較しました。 1GBのものから100GBのものまで幅広く提供されていますが、基本的には10GBが無料の1つの壁となっているようです。 実際Dropboxは2GBと容量は少ないですが、 クラウドサービスのシェアはトップレベルです。単純な容量だけではなく、使いやすさや機能、ネットワーク外部性、信頼度なども評価されている結果かと思われます。

各サービスの最小プランの金額と容量の比較

次は無料プランでは容量が足りないという方向けに各サービスの最低料金で利用できる有料プランの金額と容量を比較してみます。 ※最小プランで容量無制限のものは除外しています。 ※1$=120円、1€(ユーロ)=135円で表記しています。 ※年契約しかないものは12ヶ月で割って算出しています。

それぞれ気になるサービスは個別に確認してみてください。

今回は容量のみにスポットを当てているため、容量が多いものが良いと思われがちですが、それぞれのサービスごとに別の機能を提供する事で容量の少なさをカバーしていたりします。

各サービスの詳細

無料から利用できる30サービスの詳細内容を紹介します。

友人招待による容量の追加などに関しても記載していますのでぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

Dropbox

https://www.dropbox.com/

Dropboxが運営している言わずと知れた老舗クラウドサービス。無料で2GBまで利用可能。更に友人招待により最大で16GBまで利用可能です。

プランは1TBを¥1,200/月で使用できるプロと無制限で使用できるビジネス向けプランが用意されています。

Google ドライブ

https://www.google.com/intl/ja/drive/

Googleが運営している、こちらも超メジャーのGoogleのクラウドサービス。

無料でGmailなどのサービスと合わせて合計15GBまで使用可能で、保存容量が無制限で使える法人向けのGoogle Drive for Workも用意されています。

OneDrive

https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

Microsoftが運営しているクラウドサービス。以前のサービス名はSkyDrive。

無料で15GBまで利用可能です。有料プランは100GBで¥190/月〜1TBで¥1,274/月と低価格から利用できます。ビジネス向けにOneDrive for Businessが用意されていて、OneNoteや同社製品との連携が強みです。

Yahoo!ボックス

http://info.box.yahoo.co.jp/

ヤフーが運営しているクラウドサービス。

Googleと同じようにYahoo!アカウントを持っていれば無料で5GBまで利用可能、更にYahoo!プレミアム会員(¥410/月)は50GBまで利用可能。¥700/月で100GBが追加される容量追加オプションが用意されています。

Box

https://www.box.com/ja_JP/home/

ボックスジャパンが運営しているクラウドサービス。

2014年の5月に日本語サービスを開始し、サービスのインターフェースやWEBサイトなども日本語化されました。

無料で10GBまで利用可能。1ユーザーあたり¥600/月で100GBまで使えるStarterプランから法人向けで容量無制限のEnterpriseプランなど3種類のプランが用意されています。

Amazon Cloud drive

https://www.amazon.co.jp/clouddrive/

Amazonが運営するクラウドサービス。いつも買い物をするAmazonのアカウントを持っていればすぐに使えます。

無料で5GBまで利用可能。¥800/年で20GBのプランから¥40,000/年で1000GBのプランの合計6種類の有料プランが用意されています。

デスクトップアプリケーションは提供されておらず、PCはブラウザからの操作のみ、スマホはiOS、Androidアプリが提供されています。

iCloud Drive

https://www.apple.com/jp/icloud/icloud-drive/

Appleが運営しているクラウドサービス。iPhoneを利用している人なら知らない人はいないサービス。

以前はiPhoneのバックアップがメインだったiCloudとは異なり、他社のクラウドサービスと同じようにデータの保存や共有が可能になりました。

無料で5GBまで利用可能。¥100/月で20GBのプランから¥2,400で1TBのプランまで合計4種類の有料プランが用意されています。

MEGA

https://mega.co.nz/

MEGAが運営しているクラウドサービス。以前のサービス名はMegauploadでしたが、いろいろあって現在のMEGAへ。

無料で50GBまで利用可能。有料プランは€9.99/月で500GBのPROⅠから€29.99/月で4TBのPROⅢの3種類のプランが用意されています。インタフェースなども全て日本語でデスクトップアプリやスマホアプリ、ブラウザの拡張機能などブラウザ以外での利用方法も豊富に提供されています。

Hive

https://www.hive.im/

※サービス提供を中止したため、リンクを削除しました。

Hiveが運営しているクラウドサービス。以前は全て英語でしたが、日本ユーザーの増加に伴い日本語のインターフェースも提供されています。

音楽や動画などのメディアのアップロードを特徴としておりただ保存するだけではなくストリーミング再生からビットレートの変換まで対応。

こちらは驚愕の容量無制限が無料で利用可能で、有料プランは$8/月のPREMIUM PLANでHDでのストリーミング再生やダウンロード速度アップ、広告非表示などの付加価値を提供しています。

bitcasa

https://www.bitcasa.com/

Bitcasaが運営しているクラウドサービス。

無料で5GBまで利用可能。更に友人招待で最大15GBが追加されます。$10/月で1TBのPREMIUMと$99/月で10TBのPROの2種類のプランを提供。2013年7月のアップデートまでは容量無制限を$99/月を使用可能でしたが、$99/月で10TBの現在のプランに値上げされました。

hubiC

https://hubic.com/en/

OVHが運営するクラウドサービス。

無料で25GBまで利用可能。更に友人招待で最大50GBまで利用可能。有料プランは100GBが€1/月、10TBが€5の2種類が用意されており破格の安さです。

1ファイルあたりのアップロード容量の制限はありませんが、転送速度が遅く100MBクラスのアップロードには時間がかかってしまうのでデスクトップアプリケーションを推奨します。

CloudMe

https://www.cloudme.com/en

CloudMeが運営しているクラウドサービス。

無料で3GBまで利用可能。更に友人招待で最大19GBまで利用可能。有料プランは€1/月で10GBのSupport Planから€300/月のServer Planまで個人向けから法人向けまでかなり豊富に用意されています。

アプリはPCやタブレット、スマホはもちろんテレビまで提供されています。

4Sync

http://ja.4sync.com/

4Syncが運営しているクラウドサービス。

無料で15GBまで利用可能です。有料プランは$8.25/月、もしくは$99/年で1TB、ファイルサイズが20GBのプランが用意されています。

デスクトップアプリ、スマホアプリはもちろんWindows PhoneやBlackBerry向けのアプリも提供されています。

CloudApp

http://www.getcloudapp.com/

CloudAppが運営しているクラウドサービス。

無料でも容量無制限で使用できます。最大ファイルサイズが25MB、10ファイル/日という制限があります。

無料でも容量は無制限なので有料プランはファイルサイズと1日でアップできるファイル数の増加を提供しています。$8.25/月でファイル数無制限、ファイルサイズ500MBのプランから$69/月でファイル数無制限、ファイルサイズ6GBのプランの3種類が用意されています。

スマホアプリには対応しておらず、デスクトップアプリかブラウザからのみ対応しています。

Teraクラウド

https://teracloud.jp/

ジャストプレイヤーが運営しているクラウドサービス。

海外製のクラウドサービスが多い中、和製のクラウドサービスです。無料で10GBまで利用可能。友人招待を利用すると最大で1TBまで利用可能です。有料プランは¥980/月or¥9,800/年で+1TBから¥45,000/年で+5TBの3種類が用意されています。

WebDAVという分散技術を使用しておりアップロード速度が早いのも特徴です。

Dump Truck

https://www.goldenfrog.com/dumptruck

Golden Frogが運営しているクラウドサービス。

無料で5GBまで利用可能。友人招待で最大16GBまで利用可能です。有料プランは$4.99/月で50GBから$49.99/月で500GBの4種類が提供されています。

VPNの提供会社でセキュリティやプライバシー保護にこだわったクラウドサービスです。

Copy

https://www.copy.com/

Barracuda Networksが運営しているクラウドサービス。

無料で15GBまで利用可能。更に友人招待で最大40GBまで利用可能です。友人招待については1度の招待で5GBを獲得できるのも魅力です。

有料プランは$4.99/月or$49/年で250GBのPROプランとユーザー数に応じて金額が変動する法人向けプランが用意されています。デスクトップアプリ、スマホアプリ共に対応しています。

SpiderOak

https://spideroak.com/

SpiderOakが運営しているクラウドサービス。

無料で2GBまで利用可能。友人招待で最大10GBまで利用可能です。有料プランは$12/月or$129/年で1TBのPERSONALプランと
ユーザー数で金額変動する法人向けのBUSINESSプランが用意されています。

セキュリティが特徴でファイルにアクセスできるのは自分のみで重要なファイルなどを保存するのに適しています。

SurDoc

https://www.surdoc.com/

SurDocが運営しているクラウドサービス。

無料で100GB、更に友人招待で最大1TBまで利用できる大容量が魅力です。1度の招待で1GBを獲得できます。

有料プランは$2.50/月でファイルサイズが増加する100GBのプランと$8.33/月で容量無制限のプランの2種類が用意されています。

pCloud

https://www.pcloud.com/

pCloudが運営しているクラウドサービス。

無料で10GBまで利用可能。友人招待で最大20GBまで利用可能です。有料プランは$3.99/月で500GBのPremiumプランと
$7.99/月で1TBのPremium Plusプランの2種類が用意されています。

無料でもファイルサイズや帯域制限がなく利用できるのが特徴です。インターフェースが作りこまれていて、利用者側にストレスを感じさせない配慮が感じられます。

HiDrive

https://www.free-hidrive.com/

STRATO AGが運営しているクラウドサービス。

無料で5GBまで利用可能。友人招待で最大10GBまで利用可能です。有料プランは€5.80/月で100GBのプランと€12.52/月で500GBのプランの2種類が用意されています。

WebDAVに対応しているほか、有料プランの場合はRSyncやFTPなど、多くのプロトコルに対応しています。

IDrive

https://www.idrive.com/

IDriveが運営しているクラウドサービス。

無料で5GBまで利用可能です。友人招待機能はありませんがスマホアプリを導入すると容量が追加されます。

有料プランは個人向けの$44.62/年で1TBからサブアカウントが付与できる法人向けの$376.62/年で1.25TBの合計5種類のプランが用意されています。

Hightail

https://www.hightail.com/

Hightailが運営しているクラウドサービス。

以前はサービス名をYouSendItで提供していました。

無料で2GBまで利用可能です。有料プランは小規模向けが2種類で$15.99/月で容量無制限のProfessionalプランと$24.99/月で容量無制限、更に複数ユーザーで利用できるTeamプランが用意されています。

それ以上は法人向けでカスタマイズ可能なEnterpriseプランが用意されています。

ADrive

http://www.adrive.com/

ADriveが運営しているクラウドサービス。

無料で50GBまで利用できる大容量が特徴です。有料プランは$2.50/月で100GBのプランから$250/月で10TBまで
合計8種類と容量によって細かく選択が可能です。それ以外には法人向けのBUSINESSプランが用意されています。

無料プランであるPersonal Basicの新規登録が直接行えないようになっています。Personal Basicを利用するには、有料プランであるPersonal Premiumの60日フリートライアルで登録を行い、期間終了後にPersonal Basicにダウングレードする仕組みです。トライアルの登録にはクレジットカード情報の入力などは必要ありません。

cubby

https://www.cubby.com/

LogMeInが運営しているクラウドサービス。

無料で5GBが利用可能。更に友人招待で最大25GBまで利用可能です。有料プランは$3.99/月で100GBから$99.75/月で2.5TBのプランまで100GB単位で容量に応じて選択が可能です。法人向けプランは$39.99/月で5ユーザー共有できる1TBのプランから
$7.998/月で1000ユーザー共有できる200TBの大規模プランが用意されています。

ElephantDrive

http://home.elephantdrive.com/

ElephantDriveが運営するクラウドサービス。

無料で2GBまで利用可能。QNAPのNASとの連携が特徴です。

有料プランは小規模向けと法人向けに分けられており$9.95/月で100GBのプランの個人向けプランと$25.00/月で50GBでユーザー数やファイルサイズが追加された法人向けプランの2種類が用意されています。

MediaFire

https://www.mediafire.com/

MediaFireが運営しているクラウドサービス。

無料で10GBまで利用可能。更に友人招待で最大50GBまで利用可能です。

2006年からサービス提供を行っており、知名度はかなり高くDropBoxと同じくらい有名で利用者も多いです。無料プランはアップロード時等に広告が表示されます。

有料プランは$2.49/月で1TBのPROプランと$24.99/月で100TBのBUSINESSプランの2種類が用意されています。

Uploadingit

http://uploadingit.com/

Uploadingit.comが運営しているクラウドサービス。

無料で10GBまで利用可能。更に友人招待で最大15GBまで利用可能です。有料プランは$15/年で20GBのプランから$10/月で100GB利用できるプランの合計3種類が用意されています。

画像やファイルの共有用に設計されておりバックアップは考慮されていませんがファイルの公開には優れており高速で操作が可能です。

OpenDrive

https://www.opendrive.com/

OpenDriveが運営しているクラウドサービス。

無料で5GBまで利用可能。更に友人招待で最大20GBまで利用可能です。無料プランの場合はファイルサイズが100MBまでと少々少ないです。有料プランは詳細なカスタマイズに対応しており$19.95/月で容量無制限のプランが利用可能です。

FINALBOX

https://finalbox.net/

TANGENT-Xが運営するクラウドサービス。こちらも珍しい和製のクラウドサービスです。

無料で利用できるのは1GBまでと少々少ない気がしますが¥1,000でWebDAVが使用できる容量無制限のプランが契約できます。日本語対応で月¥1,000で無制限はかなり割安だと思います。

おわりに

いかがでしたか?

意外と知らないサービスも使いたくなるような魅力や特徴があります。そんな僕はそれぞれ用途別にわけて各サービスを利用しています。

仕事ではスプレッドシートなどGoogleのサービスをよく使うのでGoogle Driveを。写真はアップロードが早くてサクサク使えるDropboxとBox、音楽や動画などは容量が大きいので容量の大きなHiveとMEGAを利用しています。

多数のメディアを普段から扱うため、本当に役立っていてなくてはならないサービスになっています。

最後に注意点ですが、クラウドサービスのサービス終了の可能性もあるので、本当に大切なファイルはローカルでの保存はもちろんの事、複数サービスを利用してバックアップを分散化させると良いと思います。

無料から気軽に使えるので比較して使ってみてはいかがでしょうか?