Untitled design (6)

こんにちは、事業戦略部の小原です。

我々が提供しているアクセス解析ツール「Ptengine」はGoogle analyticsのような基本的なアクセス解析機能とヒートマップ機能があります。

ヒートマップ機能は簡単にいうとページ内でのアクセスしたユーザーの行動をサーモグラフィで見える化するものです。

こちらのデータを元にサイト改善をすることで効率的な運用ができ、またユーザーはこんなところに興味を持っていたんだ!と
いった知見を得るためにも利用できます。

さて、こういったヒートマップ機能はいくつかのツールベンダーが提供はしています。では実際にどのように選べばいいのでしょうか。ついつい料金やどのような機能があるかで判断しがちですが、それだけだと落とし穴があります。実際に開発して提供している我々だからこそわかる切り口で、注目すべき点についてご案内します。

ヒートマップは精度が命

ヒートマップはそのデータを元にサイト改善等、アクションにつなげるために利用します。

もしその元となるデータの精度が低いようであれば、利用する意味は全くないどころか、悪影響すら与えかねません。

そのためどのような形でヒートマップが計測されているかを理解する必要があります。

通常のヒートマップは座標で計測をしています。画面の左上から右へ◯ピクセル、下へ△ピクセルの部分をクリックしたと認識します。そちらに対してクリック数が多ければそちらの色が赤く表示されるようになります。

しかしこの方式でのヒートマップは特にスマートフォンにおいては上手く計測することができません。スマートフォンは色々な解像度の画面があります。例えば下記を見てください。

130×330の部分にタッチをしていたとします。下記はiPhone4のサイズですが、こちらの場合日付の後ろにタッチされたということになります。

59B16440-41AC-41B8-AA1F-5C2A0C75B472

しかしiPhone6となると下記のように、日付よりも下のタイトルの部分がタッチした場所になってしまいます。

E754AA3D-6DF7-44A2-9E63-BE3069F9DEAC

なぜこのようなことが生じるかというと、多くのスマホサイトが様々な解像度のスマホに対応するために可変になっているからです。

例えば横幅によってテキストの改行される場所が異なるということを考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

つまりスマホのように解像度が違うサイトですと、座標を利用したヒートマップは全く役立たなくなります。

もちろん今回はスマホサイトが顕著なのでこちらを取り上げていますが、PCサイトでも同様のことが起こっています。私達は元々スマホ専用のヒートマップツールとしてスタートした経緯もあり、実はこの問題にはかなり悩ませられました。

現在は座標も使いますが、タッチした場所のHTMLソースに対してタッチしたと認識させているため、このようなことはありません。どのようにヒートマップ計測をしているか確認をしてみて、座標のみであればこのような可能性があることを理解した上で利用しましょう。

ヒートマップの表示速度

FF96DC1B-8A6B-42D6-AC81-CAF37B14C427

意外とツールの選定時に気が付かないのがヒートマップの表示速度です。

ヒートマップはたくさんのユーザーのタッチ場所を表示させるので膨大なデータを扱っています。そのため都度大量の計算を行い表示をさせるので、PVや滞在時間といったような数値と比べてどうしても時間がかかってしまいます。

これはどうしようもありません。しかしこの時間があまりに長すぎると嫌になりませんか?

例えば管理画面の前で待っていられるレベルならいいですが、数分以上待っても表示されないツールもあるようです。

私達のツールももう少し早くなってほしいとは言われますが、データ処理にはかなりの人数とサーバーをさいて対応しているので、早さには自信があります。

選定時には値段と機能ばかりをみてしまい、実際に使ってみたら時間コストがかかりすぎて運用に耐えないなんて話にならないよう、導入前に実際に表示時間を知っておくことが重要です。

セグメントの利用

22265EEA-7827-4279-8734-4A3275814FB7

ヒートマップを単純に見えるのもいいですが、様々なセグメント毎のヒートマップを見ることができるとより深い分析ができます。

例えばコンバージョン(CV)した人のみのヒートマップであれば、CVする人はどのような部分に興味をいだくのかということがわかります。

また特定の広告からきた人のヒートマップを見ることができれば、何故この広告は効果があるのか/ないのかの分析ができるようになります。Ptengineでは様々なフィルタリング機能があるので、深い分析が可能となっています。

まとめ

というわけで、なかなか選定時には気が付けないが重要な3点を上記にあげさせてもらいました。

1ツールベンダーが言っている内容なので、その辺りを踏まえた上で活用いただけたらとおもいます。しかし、少なくとも上記を検討した上で選んでいただければ、後々困る機会は減るんじゃないかなと思います。