「Google SEO 4.21問題」に勝つ

【今回のブログの内容は?】 Google は2015年4月21日(火)より、モバイルへの対応度(注1)をGoogleモバイル検索結果の順位決定要因(注2)として活用すると公式ブログ(注3)で発表しました。 注1:「モバイルフレンドリー」と呼ばれることがある。 注2:検索結果順位を決定するための要因。「ランキングシグナル」と呼ばれることがある。 注3:Google Webmaster Central Blog “Finding more mobile-friendly search results”(2015年2月26日のエントリー) 既に対策を講じられている読者の方も多いと思いますが、「その件は知っているが、具体的に何をしたらいいのか分からない」という読者のために、今回のGoogleの発表内容と、その対策について解説します。   以下、Q&A形式でご説明します。 Q1:今回、GoogleはSEOに関してどんなことを発表したのですか?それは重要な発表ですか? A1: 今回はスマートフォンでGoogle検索を行う場合の検索結果順位についての発表です。検索ユーザーにとって全く同じくらい有益なコンテンツを有している「WebサイトA」と「WebサイトB」があったとします。この場合、スマートフォンユーザーにとって使い勝手の良いサイトの方を、検索結果の上位に表示するというものです。検索結果ページには、「スマホ対応」のラベルも付きますので、モバイルフレンドリーなサイトは、そうでないライバルサイトよりも、SEOで圧倒的に優位に立つことができます。   今回の発表が掲載されているGoogleのBlog(英文) Google Webmaster Central Blog “Finding more mobile-friendly search results”   スマートフォンを利用して情報を得るユーザーはまだしばらくの間増え続けますので、今回のGoogleの発表は、Web担当者にとって、無視できない発表であると言えます。なお、今回の変更は、日本語を含む全言語のGoogle検索に適用されます。 Q2:「スマホ対応」のラベルとは、どのようなものですか? A2: 「スマホ対応」のラベルとは、下記の図にあるようなものです。  「スマホ対応」ラベルの例  「スマホ対応」のラベル自体は、2014年11月19日からスタートしていますので、既にご覧になった方も多いと思います。スマホの検索結果ページからサイトを訪れた際に、「文字が小さすぎて、読めなかった」といった経験をしなくて済むことを保証するラベルですので、忙しいスマホユーザーにとっては、非常に便利な機能です。もちろん、ライバルサイトにラベルが付いていて、自社サイトにラベルが付いていなかったら、無視できない状況であると言えます。 Q3:今回のGoogleの変更に対応するために、Web担当者は具体的に何をすればいいのですか? A3: まずは、Googleが用意した「モバイルフレンドリー テスト」で自社サイトをテストしてみてください。 Google モバイルフレンドリー テスト https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/   このテストは、サイトのURLを入力するだけで、下記の図のように、サイトがモバイルフレンドリーになっているかどうかを自動的に診断してくれます。(ということは、ライバルサイトを診断して見ることもできるということです。) Google モバイルフレンドリー テスト 診断結果    「モバイルフレンドリーではありません」と表示された場合は、下記のようにその理由が表示されます。  診断結果の画面には、「Pagespeed Insights」というリンクが表示される。  ただ、上記の表示だけですと、具体的にどの部分を修正したらよいのかが分からないので、「Pagespeed Insights」という文字をクリックして見てください。 すると、下記のように、なぜモバイルフレンドリーでないのかを更に詳しく説明してくれる画面が表示されます。   診断結果の詳細を見る画面。「ユーザーエクスペリエンス」のところに、修正が必要な項目が表示される。 上記の画面で、「修正方法を表示」をクリックすると、下記のように、具体的に、何を修正しなくてはならないのかが表示されます。  どの部分が「モバイルフレンドリー」ではないのかが、詳しく表示される。 Q4:今回のGoogleの変更は、タブレットには適用されないのですか? A4: 今回の変更は、スマートフォンのみに適用されます。また、「スマホ対応」のラベルも、Googleスマートフォン検索のみに適用されます。 GoogleはTwitterの公式アカウントで、今回の変更はタブレットには適用されないとコメントしています。(2015年4月2日) Q5:Google Webmasterツールのモバイルフレンドリーの診断結果と、Google モバイルフレンドリー テストの診断結果が異なるのはなぜですか? A5: Google Webmasterツールでも、モバイルフレンドリーの診断結果を見ることができますが、それは、Google Webmasterツールが貴社のWebサイトをクローリングした時点での診断結果です。その後貴社がモバイルフレンドリーのサイト改善を行った場合、まだその結果が反映されていない可能性があります。一方のモバイルフレンドリー テストの診断結果は、テストを行った時点での診断結果ですので、つい最近サイト改善を行ったばかりであれば、モバイルフレンドリー テストの診断結果とのタイムラグが生じます。   Googleウェブマスターツールでは、「検索トラフィック」の項目内で「モバイル ユーザビリティ」を確認することができます。 Q6:これからモバイルフレンドリーの対応を始めますが、Googleは日本語のガイドライン等を出していますか? A6: Googleは下記の「ウェブマスター向けモバイルガイド」を公開しています。こちらを参考にするのがオススメです。 Google ウェブマスター向けモバイルガイド https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/ Q7:Googleモバイルフレンドリー テストの診断に合格すれば、スマホ対応は安心してもいいのでしょうか? A7: ユーザービリティの必要最小限の基準をクリアしただけですから、ユーザー目線で見て安心とは言えません。Ptengineのモバイルサイトのヒートマップに「モバイル」「新規訪問」「広告からの訪問」といったフィルターを掛けて、「ユーザーがしっかりコンテンツを見てくれているか」「クリックできないところを間違ってクリックしていないか」「多くのユーザーがよく見ている(使っている)コンテンツがファーストビューから遠く離れたところに設置されていないか」など、モバイルユーザーのストレス要因を洗い出し、ボトルネックを改善していくことが必要です。 Ptengineのヒートマップなら僅か数クリックで、スマホユーザーのストレス要因を確認することができます。 4月24日(火)まで残りわずかとなりましたが、Ptengineユーザーの皆様のご検討をお祈りいたします。

Webマーケ新入社員必読ブログ20選

今回は、Web担当部門に配属された新入社員の皆さんのために、Webマーケティングの仕事を20年続けてきた弊社のコンサルタントが厳選した、Webマーケティング系ブログ(一部、ブログ形式でないものも含む)をご紹介します。 SEO 1. サイバーエージェントのSEO情報ブログ http://ameblo.jp/ca-seo/ 解説 株式会社サイバーエージェントが運営。SEOで数多くの実績を出している企業が実践から得た情報を掲載。   2. SEMリサーチ http://www.sem-r.com/ 解説 アイレップの渡辺隆広氏が運営している、歴史的にも内容的にも日本のSEO Blogブログの最高峰。速くて広くて深くて親切。過去記事を見ることで、以前はどうだったのかも確認できて、非常に便利です。   3.海外SEO情報ブログ http://www.suzukikenichi.com/blog/ 解説 鈴木謙一氏が運営。上記1のブログと併せて読んでおけば、客先でSEOに関して恥を書くことがまずありません。海外のSEM系カンファレンス出席レポートもあって、読み応え十分。 4.SEO Japan http://www.seojapan.com/blog/ 解説 株式会社アイオイクスが運営。解説が丁寧でオススメ。 5.SEO HACKS 公式ブログ http://www.seohacks.net/blog/ 解説 株式会社ヴォラーレが運営。複数の執筆者による、様々な切り口の記事を読むことができます。 アドテク、リスティング広告、広告全般 6. アド論        http://ad-ron.jp/ 解説 アドテクの進化についていけなければ、Web担当者として生き残ることはできません。   7. アドタイ http://www.advertimes.com/ 解説 Web関連部署の人は、広告業界の人と話をする機会が多いものです。話についていくために、読んでおきたいサイト。良記事多数。   8. QCリスティング広告ブログ http://quartet-communications.com/blog 解説 株式会社カルテットコミュニケーションズが運営。リスティング広告の運用代行を専門に行われている企業ならではの情報を掲載。   9. 業界人間ベム http://g-yokai.com/ 解説 横山 隆治氏が運営するインターネット広告関連のブログ。   10. LISKUL http://liskul.com/ 解説 ソウルドアウト株式会社が運営するリスティング広告関連の話題を中心としたWebマーケティング情報メディア。 アクセス解析 11. Real Analytics http://d.hatena.ne.jp/ryuka01/ 解説 アクセス解析業界のトップランナー、小川卓氏のブログ。 12. 「清水誠」公式サイト Blog http://www.cms-ia.info/blog/ 解説 アクセス解析業界の重鎮、清水誠氏のブログ。 ソーシャルメディア 13. ガイアックス ソーシャルメディアラボのブログ http://gaiax-socialmedialab.jp/ 解説 ソーシャルメディア関連の新鮮な話題が盛りだくさん。 インバウンドマーケティング 14. ガイアックスのINBOUND marketing blog http://www.inboundmarketing.jp/blog/ 解説 BtoB向けインバウンドマーケティングの話題がメイン。   ユーザビリティ 15. ニールセン博士のAlertbox http://www.usability.gr.jp/alertbox/ 解説 ユーザービリティ関連で何か一つと言われたら、業界関係者全員一致でこれです。   Webマーケティング総合+マーケティング基礎、グロースハック 16. ノヤン先生のマーケティング講座 http://marketing-campus.jp/lecture/noyan/ 解説 庭山一郎氏の文化遺産的オンラインコンテンツ。マーケティングの基礎を知らずして、Webマーケティングを語ることなかれ。マーケティングの基礎を知らずにWebマーケの世界に迷い込んでしまった人は、この講座で学ぶべし。です。   17. グロースハックジャパン http://growthhackjapan.com/ 解説 ヴォラーレ株式会社が運営する、グロースハック関連の情報を掲載するメディア。   18. アユダンテ株式会社 コラム http://www.ayudante.jp/column/ 解説 SEO、アクセス解析、リスティング広告、ソーシャルメディア。どれも質の高い記事です。   19. ferret https://ferret-plus.com/ 解説 株式会社ベーシックが運営するWebマーケティングの総合情報サイト。   20. 最後にもう一つ. Ptengineブログ https://www.ptengine.jp/blog/ 解説 「ヒートマップの読み解き」など、日本ではあまり見られないヒートマップにフォーカスした記事を多数掲載した弊社のBlogです。

海外で人気のマルチデバイス対応CMS

スマートフォンとタブレットなどの利用者が年々増えていくと共に、利用者たちのネット利用習慣も変わりつつあります。 以前PCでやらなければならないことはほかのデバイスでも簡単にできるような時代に迎えられました。インターネット上のサービスやWebサイトは利用者のネット利用習慣の変化に合わせて様々な端末それぞれに使いやすいように最適化する必要が出てきます。 マルチデバイス対応の方法についてなんですが、基本的に以下の4つとなります。 1.各デバイスの専用サイトを個別に構築する 2.レスポンシブwebデザイン 3.自動的にコンバートするサービス 4.CMS それぞれの構築費用感や管理しやすさ、SEO効果などもちろん異なります。今回は海外で人気のマルチデバイス対応CMSをいくつか紹介したいと思います。 海外の人気なマルチデバイス対応CMS contentful Webおよびモバイルアプリケーションのコンテンツ管理プラットフォーム。 多言語対応可能。いつでもどこでもコンテンツ編集・アップデートすることができる。 MORWEB 独自のスタイルやコードを適応したり、FTPを使用して独自テンプレートをアップデートすることができる。サイト構築をする際の自由度が高い。自社のサイト分析ツールも備える。 Marquee 主に電子書籍、記事サイト、雑誌の電子版などのメディア媒体向けのマルチデバイス対応。機能がとてもシンプル。 BLACKMONK デジタルパブリッシングプラットフォーム(digital publishing platform)。マルチデバイス対応だけではなく、オンラインコミュニティの作成、管理・収益化も支援している。 prismic.io ウェブサイトやアプリケーションのあらゆる種類のコンテンツを管理するwebソフトウェア。コンテンツ管理しやすいようにTimeLine-driven機能もあり、コンテンツ変更の履歴照会やアップデートの計画立てなど気軽にできる。 上記以外にも数多くのCMSを提供している海外の会社がありますが、例えばデザインナーさんが選んだCMSベスト10もありました。興味がある方、ぜひご参考に:) 10 Best Content Management Systems for Designers   ライター kei Ptengine公式Twitter  https://twitter.com/Ptengine Ptengine公式Facebook http://www.facebook.com/Ptengine

数字だけでもダメ。エンゲージメント計測を使ったクリエイティブ改善方法

  <コンテンツ・クリエイティブへの共感は測れるのか?> 多くの人がサービス、ブログなどで人々が共感するコンテンツを更なるリード獲得のために生産をしています。インバウンドマーケティングと呼ばれるジャンルもありますが、根本的には「皆の役に立つ、共感する、素晴らしいものを届ける」ことです。私達が良いコンテンツを提供すれば、ツイート、いいね、+1などのシェアが行われます。しかし、あなたのコンテンツやクリエイティブのどれくらいが本当に人々に読まれて共感されているのでしょうか?そもそも、それを測っているでしょうか?いや、測れるものなのでしょうか?     <不満を計測する簡単な方法はあるが。。。> ユーザーの不満を計測する方法であれば簡単なものがあります。検索キーワードでやってきた最初のページ上におけるユーザーの直帰率です。Googleアナリティクスなどを使ってすぐに把握することができます。あなたのコンテンツに不満をいだくユーザーの典型的な例はこうです。何か目的を持ってキーワード検索をし、見つかったページに移動して、スクロールをして少し内容を読みすすめて「これは求めいてた情報とは違う」と感じて離脱して検索結果一覧に。。。     <クリエイティブへの共感を測る:共感サイクルを考える> 仮にこれが不満を持ったユーザーが良く取る動きであれば、満足したユーザーは逆の行動をするはずです。いずれにしてもユーザーを直帰させないことは達成してほしいゴールにたどり着く可能性を広げてくれます。そのような深い興味を持ち、すぐに去らないユーザーの行動はこのようなサイクルになります。     このような好循環サイクルを実現する素晴らしいコンテンツを生み出すために何を行えばいいのでしょうか?アナリティクスを通してそのヒントを得ることができます。このサイクルを逆に辿ってみましょう。   →ユーザーからの流入が多い →(なら)SEOなどでランクが上がってるはず →(なら)肯定的なフィードバックやシェアがあるはず →(なら)ページやサイトでじっくりコンテンツを読んでるはず →(なら)ユーザーが興味を持ってくれているはず →(なら)素晴らしいコンテンツを生み出しているはず   素晴らしいコンテンツを生み出すことはユーザーの興味を深く理解する必要があります。アナリティクスを通じてユーザーの関心がどこにあるのかを調べる場合、「ページやサイトでじっくりコンテンツを読んでるはず」が計測できればいいことになります。   <ケース:オンライン英会話サービスでのエンゲージメント計測> では実際にあるサービスを通して分析をしてみましょう。私が大変仲良くさせていただいている英会話サービス「BestTeacher」さんの例を使って説明します。「BestTeacher」は自分だけのオリジナル教材を作り、それをスカイプ英会話で実践する、スピーキング/ライティングを総合的にレベルアップするオンライン英会話サービスです。最近ではオンライン英会話もかなりの種類が出てきているので似たようなサービスが乱立していますが、その中でも創業者が自分の体験に基づいて作った独自性の高いサービスをいかにユーザーに響く形で伝えられるかが課題になります。 ※こちらは2013年3月時点でのサイトであり、現在はリニューアルされています。       ユーザーの流入元として英会話の比較サイトにバナー広告を出しており、そこからやってくるケースが比較的多いです。ある程度検討意欲の高いユーザーがサイトへやってきた時に、どんなコンテンツに興味を持ってアクションしてくれたのかを計測することでサービスサイト上に出すコンテンツ、ブログなどで発信していく情報を改善していき、コンテンツを最適化させるのがアナリティクスの目的です。   今回はPt engineを使用して次の3つの観点から分析をしました。   1.滞在時間と直帰率(ページへの関心がわかる) 2.スクロールや視線集中度(どのコンテンツに興味があるかわかる) 3.モバイル/PCでの性質の違い(デバイスによってユーザー行動がどう変わるかわかる)   さらに計測した対象ユーザーは以下です。 英会話比較サイトにおけるテキスト/バナー広告から流入した新規ユーザー   1.滞在時間と直帰率 <広告から流入した後のランディング(TOP)ページにおける数値比較>   ここで注目したいのは、テキスト広告からやってきたPCユーザーのエンゲージメントの高さです。 なぜこのような現象が起こったかを定性的な観点から分析することで、アクションにつなげやすい仮説を作ることが可能です。   まず、流入元のバナー広告とテキスト広告を比べてみます。         上のようにバナーと違いテキストの広告は顧客の痛みとそれに対する独自のメソッドを端的に訴求したコンテンツとなっています。一方、バナー広告は低価格といつでもできるという端的なメリットを主張していますが、この時点ではこのサービスが他と何が違って良いのかはユーザーはわからない形になります。   ここまでで、なぜテキスト広告のほうがエンゲージメントが高いのかうっすらわかる気がしますが、実際どこまでユーザー行動に影響したのかを、ヒートマップ(視線集中のサーモグラフィ表示)を使って調べることで仮説を確信へと変えることができます。     2.スクロールや視線集中度 以下が、バナー広告流入とテキスト広告流入におけるサイト入り口ページのユーザー行動の比較です。     明らかにテキスト広告流入のユーザーは下のコンテンツに視線が集中しています。サイト下部のコンテンツはユーザーを安心させるためのサービス内容で構成されているので、テキスト広告の文言で共感を得たモチベーションを維持してコンテンツを見ているということがわかります。したがってテキスト広告のほうがユーザーのエンゲージメントを高めておりファンになる可能性が高くなっていることは強い仮説となります。もちろん、コンバージョン数での比較なども合わせて確認するとさらに具体的になります。     3.モバイル/PCでの性質の違い 最近ではスマートフォンサイトへのアクセスもかなり増えています。スマートフォンサイトとPCサイトではコンテンツの配置や内容が変更されているケースもありますので、モバイルユーザーがどうサービスと触れているかを比較して分析することも重要です。     モバイルにおいても、サイトに入る前のクリエイティブで訴求したポイントによってサイト上でよく見ているコンテンツに違いがあることが確認できました。       <まとめ> これまでの分析を通して、わかることがあります。   1.コンテンツ/クリエイティブは、サイト内だけでなくサイト外でもユーザーに影響があること 2.ユーザーがサイトを訪れた際のモチベーション、行動は訪問前の情報で形作られるケースも多いこと 3.PCとモバイルでもユーザーの行動が違うが、事前に得た情報に関連するコンテンツに集中することは共通   今回のケースですと、広告コンテンツの訴求ポイントによってその後のサイト上でのユーザー行動が大きく異なっています。バナー広告のクリエイティブを見直してユーザーがサービスの深い部分を知りたいと思うモチベーションをあらかじめ高めておく、というアクションなどが考えられるでしょう。また、モバイルサイトの場合は縦に長いコンテンツの中で、広告での訴求ポイントに関連するコンテンツがなるべくサイト上部で閲覧できるようにするなども検討できます。いずれにしてもサイトに入る前の情報と入った後の情報がお互いに補完し合う形で存在をしているか?一貫しているか?を見直すことでコンバージョンなどを最適化するコンテンツマーケティング、クリエイティブ改善が実施できるはずです。   <エンゲージメント計測〜コンテンツ改善のワークフロー>   Step1 定量データ(滞在時間、直帰など)を計測し、セグメントごとにモチベーションの高さを計測 Step2 定性データ(実際のコンテンツ確認/ヒートマップ等)を使ってエンゲージメント高低の原因をセグメントごとに推察し、仮説を補強 Step3 上記データをレポートなどにまとめて報告。ユーザーの興味と一致するコンテンツをサイト外、サイト内で調整   あなたがインバウンドマーケティングによるコンテンツ最適化がミッションでも、デザイナーとして常にクリエイティブ改善を目指すことがミッションでも、日々の結果とともにユーザー目線の考察は欠かせません。なぜなら素早いアクションを実施するには明確な目標とともに、素早い仮説構築が必要です。その根本にはあなた自身がユーザー行動、動機の理解に自信を持っていることが何より重要なのです。   質問・ご意見などいつでもどうぞ ライター @PtTakashi Ptengine公式ツイッター(本日オープン) @Ptengine

「海外スタートアップがアプローチすべきブログ、メディア大全」

「海外スタートアップがアプローチすべきブログ、メディア大全」

日本国内はもちろん、海外を考える上ではメディアアプローチは絶対必要。
でもどんなtech系メディアがあるの?と知りたい方に下記のまとめリストを紹介。
Quora(http://b.qr.ae/nVqmlX )より掲載させていいただいている。
知らない媒体も多いのではないだろうか?
ぜひ一度確かめてみてほしい。