Category

未分類

Category

こんにちは、インターンの五島です。 新製品の発表などが行われる開発者向けカンファレンスのGoogle I/Oを見たのですが、「おおっ」となったのはアプリ解析のできるFirebaseの発表でした。Gigazineでも、アプリ版GoogleAnalyticsが登場として取り上げられています。Googleは2014年にアトリビューションサービスのAdometryを買収したりなど、これから解析ツールの強化を積極的に行っていきそうです。 そこで今回はGoogleが開発している解析ツールを紹介したいと思います。いくつかのツールはまだβ版のものもありますが、これからGoogleがどんなツールに注力していくかの参考にしてください。 1Google Analytics   http://www.google.com/intl/ja/analytics/ 料金:無料 言わずも知れたアクセス解析サービスですね。どのページが訪問数が多いのかや、ユーザー数がどの程度いるのかなど把握することができます。無料で使うことができるので個人でブログを開設している人でも使っている人が多いです。 2Firebase https://firebase.google.com  料金:無料版はリアルタイムデータベースが1GB、ストレージが5GBまで使用できる。 それ以降は25ドル/月か従量課金になる。 先日のGoogleI/Oで話題になりましたが、モバイル版のアプリ解析ツールです。もともとはデータベースの管理などを簡単に行うことができるサービスでしたが、アプリ解析機能やプッシュ通知機能を追加してアプリの運用から解析まで行える統合環境になりました。マーケターが使う場合はプッシュ通知やアクセス解析でユーザーの状況や施策の有効性を把握することができますし、開発者が新しく機能を実装する際にユーザーの動きを把握することもできます。 現在使用することができる機能としては ・モバイルのアプリ解析 ・アプリのプッシュ通知 ・リアルタイムデータベースの構築 ・ストレージ などです。アプリのプッシュ通知などは驚くほど簡単に使うことができます。 3Analytics 360 Suite http://www.google.co.jp/analytics/360-suite/#?modal_active=none 料金:有料 GoogleAnalyticsプレミアムと呼ばれるアナリティクスの有料版サービスの後継となっている。上のサービス群に比べて大企業のマーケティング部門やリサーチ部門向けに作られている印象が強く、次の6つのツールが含まれている。 ・Google Analytics 360(Google Analytics プレミアムの後継) ・Google Tag Manager 360 (タグ管理) ・Google Optimize 360 (A/Bテストなど) ・Google Audience Center(DMPサービス) ・Google…