Ptengineを活用したLPO、CVR最大で8倍にする方法

こんにちは!PtmindのYoです 今回はPtengineを使用してどのようにランディングページを改善できるのかご説明します。 LPO。LPを運用したことがある人だと当たり前にように知っている言葉かと思います。 ただ、実際に色々なツールを導入してみて「CVRの向上や売上の向上ができない!」と悩んでいるマーケッターもおおいのではないでしょうか? 今回はそんな皆様にPtengineを使用して実際にどのように改善を行っていくのかを説明させていただきます! そもそも。。ランディングページの最適化においてマーケッターが重要視する項目はなんでしょうか? CVR?離脱率?直帰率?PV数?などなど様々な数値を見ていると思いますが、結局大事なのはランディングページを見ている人に対して最適化をするということです。 つまりは、人間の行動を理解してそれに合わせた訴求を行う必要があるということです。 最近では、CRO(Conversion Rate Optimization)、UEO(User Experience Optimization)などユーザーの行動を理解しユーザー体験を最適化した施策や改善をすることで、効果的な改善ができると言われています。 Googleが掲げる10の真実でもあるようにGoogleも常に「ユーザーの利便性を第一と考え検索エンジンの最適化を行っている」と言っています。ユーザーの行動を理解することで、ユーザーの体験を最適化してあげることが結局効果的な改善へとつながるのです。 さて、ここで上記を効率的に、さらにデータに基づき改善を行えるのがPtengineです! ここからは具体的にどのようにPtengineを活用することでLPOができるのか説明していきます。

Growth Drivenを実践する前にリスクを考える

こんにちは!窪田です 今回はGrowth Drivenの考え方についてご紹介します! 皆さんは “Growth Driven” という言葉は聞いたことありますでしょうか? 簡単に表現すると「従来のモデル」から脱し、アジャイル型のデータ・ドリブンアプローチにより、時間やお金、機械の損失を徹底的に排除していくプロセスの提唱です。 皆さんが抱えているプロジェクトはどの周期で実行され、レビューされておりますでしょうか。 Webサイト改修を例にしてみます。 従来のモデルだと、だいたい2年に一度のリニューアル、早くて3ヶ月くらいの制作期間を費やすと思います。そして立ち上げ後、1年半から2年間大きな更新がないまま放置されます。 このモデルでは損失が大きいことは明白です。