オウンドメディア別に見る、最もはてなブックマークがついた優良記事14選

ども、つなぎです! 最近ではマーケティング手法の1つとして、多くの企業が取り組まれているコンテンツマーケティング。様々な業種の企業が次々に取り組みを始めています。 関連:【初心者向け】コンテンツマーケ担当者にマジで役立つ必読記事7つ+1   今回は企業が運営するメディアが投稿された記事の中で最もはてなブックマークがついた優良記事をメディア別に紹介していきます。 どういう記事を書けばバズるのか傾向などを参考に見ていきます。 オウンドメディア別に見る、最もはてなブックマークがついた優良記事14選 シゴトLOVERS  / 社員の結束を強化する!?ユニークな社内用語まとめ(サイバーエージェント編) icon-external-link http://blog.cu-hacker.com/motivation/company-words/ はてブ数:111 株式会社ジェネストリーム運営のシゴトLOVERSで最もはてなブックマークがついたエントリーです。 サイバーエージェントの中で使われているユニークな社内用語がまとめられています。「着火ファイヤー」や「3倍エージェント」など社内の人間しか絶対にわからないような用語が紹介されています。 KURAND / 日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント icon-external-link http://kurand.jp/blog/2014/01/30/sake-label はてブ数:1,370 リカー・イノベーション株式会社が運営するKURANDで最もはてなブックマークがついたエントリーです。 僕もお酒は飲みますが、それぞれ好みは別れますよね。ラベルを見てもいまいち自分が好きなお酒がどういう成分なのかもわからない。そんなときにラベルを見て自分好みの日本酒選びができるポイントを紹介しています。 Shopping Tribe / ついつい買いたくなる!おしゃれなECサイト60選【保存版】 icon-external-link http://shopping-tribe.com/design/464/ はてブ数:1,177 Web接客プラットフォームKARTEを提供する株式会社プレイドが運営するShopping Tribeで最もはてなブックマークがついたエントリーです。 ネットショッピングに関する情報を発信しているShopping Tribe。おしゃれなECサイトだとついつい買いたくなりますよね。そんなおしゃれな作りのECサイトを60サイトも紹介しています。ECサイトの運営をしている方はぜひ参考にしてみては? WORKSIGHT / 日本人の性質を活かした究極のブレストとは? icon-external-link http://www.worksight.jp/issues/59.html はてブ数:261 文具で有名なコクヨ株式会社が運営するWORKSIGHTで最もはてなブックマークがついたエントリーです。 企画などでアイデアを出しあうときに行うブレストですが、「日本人の性質を活かした」という変わった切り口でブレスト方法を紹介しています。結果から言ってしまうと日本人は最もイノベーション思考に恵まれた国民なのだそうです。気になる人はぜひ! BLOG HOMME / 日本のITが永久にアメリカに勝てない理由 icon-external-link http://bulk.co.jp/bloghomme/ochyai/070913467 はてブ数:1,254 男性向け美容製品のBULK HOMMEが運営しているBLOG HOMMEで最もはてなブックマークがついたエントリーです。 まず、日本のITが永久にアメリカに勝てない理由というタイトルからして「読みたい!」と思わせるタイトルですね。主に日本とアメリカの比較について紹介されています。弊社は日本を主としてグローバルにビジネス展開していますが、これは勝たないといけないですね。 CAREER HACK / 元はてな・GREEのプログラマ 伊藤直也が語る、ソーシャルメディアの功罪。[前編] icon-external-link http://careerhack.en-japan.com/report/detail/34 はてブ数:1139 人材サービスのエン・ジャパン株式会社が運営するCAREER HACKで最もはてなブックマークがついたエントリーです。 記事の評価という部分で、はてなブックマーク数をカウントしていますが、この記事は、そのはてなブックマークの開発者である伊藤直也さんの記事です。はてブを日頃から使用している僕としては、それだけでも非常に興味深い記事ですが、現在の日本のソーシャルメディアをどのように捉えているか?というような内容です。 「IT×○○」のミライを考えるブログ / マーケティングに欠かせない解析ツール100選! icon-external-link http://ec-cube.ec-orange.jp/blogs/?p=6180 はてブ数:221 ECサイト構築のEC-Orangeを提供する株式会社エスキュービズム・テクノロジーが運営する「IT×○○」のミライを考えるブログで最もはてなブックマークが付いた記事です。 Webサイトの運用に欠かせない解析ツールを100ツールも紹介されています。BIツール系やマーケティングオートメーション系、ヒートマップ系など具体的なジャンルにわけられていて非常に見やすいです。ヒートマップのジャンルではもちろんPtengineが紹介されています! INBOUND marketing blog / BtoBサイトデザインの最新トレンドはこれ!怒涛のデザインまとめ30選 icon-external-link http://www.inboundmarketing.jp/blog/2012/07/05/design/ はてブ数:829 株式会社ガイアックスが運営するINBOUND marketing blogで最もはてなブックマークが付いたエントリーです。 1カラムで構成されたランディングページ型のWEBサイトを紹介されています。ランディングページ型のWEBサイトの説明から特徴や利点などを含め30サイトを紹介されていて非常に参考になります。Ptengineのサイトも1カラムで構成されたサイトですので、ぜひ見てください! SUUMO ジャーナル / 東京で一人暮らしの人必見!家賃安い駅ランキングまとめ(関東) icon-external-link http://suumo.jp/journal/2015/03/06/79479/ はてブ数:371 住宅情報サイトSUUMOを運営する株式会社リクルート住まいカンパニーが運営するSUUMO ジャーナルで最もはてなブックマークがついたエントリーです。 我が家にこだわる人は多いですよね。間取りであったり、築年数、駅徒歩などがあると思いますが、やはり1番重要視されるのが家賃です。僕も引っ越す家はこだわる方なので、かなり無理な条件で探したりしますが、結局は家賃で決まることも多いです。 そんな方にオススメの関東で家賃が安いランキングまとめです。「実はあの駅が安かった」などの貴重な情報が見つかるかも! ねむりラボ / 毛布の使い方で変わる、布団のあったか度 icon-external-link http://nemuri-lab.jp/recipe/2637/ はてブ数:79 ヘルスケア製品などで有名なオムロン株式会社が運営するねむりラボで最もはてなブックマークがついたエントリーです。 メディア名の通り「ねむり」をコンセプトとしたメディアですが、様々な角度からねむりに対する情報を紹介しています。この記事は今は暑いので季節外れですが、寒くなってくると手放せない毛布。 そんな毛布の使い方によって変わる、布団のあったか度を紹介しています。確かに毛布を掛けたほうがあったかいのか、敷いた方があったかいのかなど気になりますよね。寒くなってきた時の為に見ておいては? ドアラジオ / 葬儀屋さんの「終活」が斜め上すぎてビックリしたから潜入してきた icon-external-link http://chintai.door.ac/radio/2015/03/18/hyenas.html はてブ数:248 住宅情報サイトDOOR賃貸を運営する株式会社リブセンスが運営するドアラジオで最もはてなブックマークがついたエントリーです。 葬儀場のイベントを取材した記事です。普段、葬儀というと暗いイメージがあり、あまり笑ったりして話すものではないと思うのですが、冒頭で「葬儀場は、想像以上に緩くて楽しい場所でした」とあり、気になっちゃいますね。確かに、斜め上でした。 あしたのコミュニティーラボ / 四国の山里で働くという選択——IT企業が惹きつけられる町・徳島県神山町 icon-external-link http://www.ashita-lab.jp/special/637/ はてブ数:83 富士通株式会社が運営するあしたコミュニティーラボで最もはてなブックマークがついたエントリーです。 最近では某有名ブロガーさんの移住で、すっかり注目された四国の徳島県神山町にはIT系ベンチャー企業9社のサテライトオフィスがあるそうです。四国の山里になぜ惹きつけられたのか?などの魅力を紹介しています。 イエマミレ / 【知らないの?】家賃補助アリの「特定優良賃貸住宅」がお得すぎるw icon-external-link http://magazine.ietty.me/guide/iettychintai/tokuteiyuryouchintai/ はてブ数:404 不動産に関するサービスを提供している株式会社iettyが運営するイエマミレで最もはてなブックマークがついたエントリーです。 特定優良賃貸住宅とはどういうものなのか?どういったメリットがあるのか?などが詳しく紹介されています。僕はもともと特優賃(特定優良賃貸住宅の略)に興味があり住みたかったので結構前に調べつくした記憶がありますw駅チカで立派なマンションなのにこの値段なの?という物件は大抵特優賃ですね。 THE BAKE MAGAZINE / 「お菓子のスタートアップ」を立ち上げて丸2年。1人から120人に増えたBAKEのこれまでと、今後のミッション icon-external-link http://www.bake-jp.com/magazine/?p=46 はてブ数:108 ケーキやタルトなどスイーツで有名なBAKEを展開する株式会社BAKEが運営するTHE…

なぜ毎月のように同じ様な記事がはてなの中でバズるのか?

こんにちは、Ptmindの事業戦略部の小原です。 以前、マーケティング部の繋が書いた下記の記事が はてなブックマークやらFacebookやらでたくさん拡散されました! はてブが700超えと、うちのブログでは最高記録でございます。 さて、そんな中、はてブに下記コメントがありました。 うんうん、確かに! はてな好きが高じてネット業界に入ったわたくしですが、やはり結構はてブは見ております。 そうするとやはり仰るとおり似たような記事はやっぱりあるわけです。 実際、はてなブックマークのサイトで 「拡張機能 Chrome」ではてブ100以上で検索すると125件も出てきています。 それでは何故、この手のまとめ系記事がはてブがたくさんつくのでしょうか。 そもそもはてなユーザーに行き渡らない はてなの媒体資料を見ますと、なんと会員数は425万人! 2014年に375万人というのを見つけたので、1年で50万人増えています。 たいへん羨ましい限りです。 引用:はてなメディアガイド2015年4〜6月版 B!KUMA Girls等のアプリユーザーの獲得も大きいのかもしれませんね。 で、実際のところはてなブックマークのユーザーがどのくらいいるのかがわかりませんが やっぱりブログ系のユーザーが多いだろうと想定して、仮に3割だったとしても、127.5万人です。 そのうちアクティブなのが20%だとして25.5万人。 そのうちChromeの拡張機能に関連しそうなのが、なんとなくの10%で2.55万人。 そして今回の記事のはてブ数は700ほど。 アクティブであり関連しそうな人に絞ったとしても、3%しか伝わっていないということになります。 ※もちろんはてブしないでも見てる人はいますが、それでも10%とかでしょうか。 UUベースで考える必要もあるのですが、そちらでも同様です。 つまり、はてブが700ドーンといったとしても、 実際にはほとんど届いていない可能性が非常に高いわけですね。 そう考えると、似たような記事が他にあがっていても書いていくのも重要ですし、 如何にソーシャルメディア等を通して認知してもらうかも重要そうです。 またパクリ記事が横行するのも、 同じ記事があっても十分やっていけてしまうというのがあるからなんでしょうね。 ネット市場への新規参入者が増えている! ここ最近、ネットビジネスに関連するメディアさんのお話を聞くと、 初心者向けの講座等が活況だそうです。 また◯◯フォーラムみたいな大型のイベントへの参加者も初めての方が意外と多いようです。 これはやはりネット市場へ参戦する方がまだまだ増えているということです。 引用: 電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました- 国内BtoC-EC 市場規模は11.2兆円に成長 -(METI/経済産業省) 経産省の調査では図の通り、毎年EC市場が1,2兆円ずつ拡大しています。 一方で全商取引にしめるECによる取引の割合である、EC化率は2013年で3.67%です。 この拡大傾向はまだまだ続くでしょう。 となるといままで店舗でしか売っていなかったような人達が、 どんどんネット業界へ参入することとなります。 で、この方々はやはりノウハウがありません。「PVとはなんぞや」です。 ここ最近は「アクセス解析の基本指標」みたいな記事が人気を集めていましたが、 こういった方々には非常にお役立ちコンテンツなわけですね。 つまりこのような新規参入者の方々がいる限り、 割と基本的であったり過去にもあったようなコンテンツというのは需要があると言えます。 だからこそ同じ様な記事が何度もホッテントリーしているのかもしれません。 ※そもそも新規参入者がはてなブックマークを利用するのかというのはわかりませんが、 ユーザー数がしっかり増加している点を考慮すると、はてなブックマークは新規参入者の方々に うまくアプローチできているのかもしれません。 まとめ タイトルに対する回答は、 そもそもターゲット層に情報が届ききっていない ターゲット層自体が増えている となります。 やれDMPだ、やれMAだ、とネット業界にいるとついつい最先端のことばかり 追い求めてしまい、最先端の情報ばっかりが重要だと思っちゃいます。 コンテンツマーケティングにおいてはターゲットに対して 課題解決となるような情報を提供していくことが重要ですが、 ついつい最先端のイケてる情報をお知らせしたくなっちゃいますよね。 けれども簡単にはターゲット層には情報は伝わりきりませんし、 ドンドン増えていたりします。 その辺りを踏まえて、基本的な内容のコンテンツであったり、 みんな知ってるだろうと思っている内容のコンテンツだったりが 重要なんじゃないかなと思いました。 ぼくらの提供するアクセス解析ツールのPtengineも、 「誰でも簡単に使えるように」という思いがあり、使いやすさに力をいれています。 そうすると初心者のかたの課題を解決するようなコンテンツが重要になるなぁ、 と改めて思いました。自戒を込めて。

【初心者向け】コンテンツマーケ担当者にマジで役立つ必読記事7つ+1

こんにちは。マーケティング部のつなぎです。 最近、様々な企業で取り組まれているコンテンツマーケティング。 このブログもコンテンツマーケティングとして運営しています。 話題にはなっていますが、 実際のところ僕もよくわからない部分があったりします。 そこで今回は僕の勉強も兼ねてコンテンツマーケティングに関する これまでに注目された記事をピップアップしました。 はてなブックマーク数やTwitter、Facebookのいいね数を元に 僕が実際に役に立った記事をセレクトしています。 はてブ数やいいね数が多いということは、それだけ注目された記事といえます。 記載しているはてブ数やいいね数は記事公開現在のものです。 それではどうぞ。 コンテンツマーケ担当者にマジで役立つ必読記事7つ+1 文章校正など、ブログ記事作成に役立つ無料ツール9選 icon-external-link http://liskul.com/proofreading_tool9-2209 はてなブックマーク数:1175 Facebook:958 Twitter:752 ソウルドアウト株式会社が運営するリスティング広告を中心とした Webマーケティングに関連のノウハウを配信しているLISKULのエントリーです。 良い記事を、効率良く配信していく為にブログ記事作成時に役立つツールを紹介しています。 中でも、文章の問題点をワンクリックで簡単にチェックできる 「日本語文章校正ツール」は日本語がおかしい僕としては非常に役立つツールです。 5ヶ月で100万PVのブログを作成する為に実践した32の手順 icon-external-link http://bazubu.com/blogging-pv-9236.html はてなブックマーク数:872 Facebook:375 Twitter:652 株式会社ルーシーが運営するSEOからメルマガに関する運用まで コンテンツマーケティングのことなら何でも来いのバズ部のエントリーです。 まずタイトルが目を引きます。 具体的な数字が入っているとどうしても見てしまうものです。 5ヶ月で100万PVにしたい!と思っている人、多いのではないでしょうか? この記事ではバズ部が5ヶ月で100万PVを達成する為に行ってきた ノウハウを具体的に紹介しています。 僕は2ヶ月で100万PVにしたいのですが、どうすればいいのでしょうか。 無料でダウンロードできるマーケティング資料【おすすめ12選】 icon-external-link http://markehack.jp/marketing-materials/ はてなブックマーク数:744 Facebook:339 Twitter:277 Webマーケティングに関する情報を配信しているMarkeHackのエントリーです。 企業が無料で自社のマーケティングに関するノウハウを公開している資料を紹介しています。 資料のカテゴリや運営者によるおすすめ度が記載されているので 非常にわかりやすく探しやすいです。 中でも僕のおすすめは株式会社ガイアックスが運営するINBOUND marketing blogで 公開している「インバウンドマーケティングを成功に導く実践資料」です。 インバウンドマーケティングに関するノウハウなら何でも揃います。 オウンドメディアを運営されている担当者の方など、ぜひ読んでみてください。 コンテンツマーケティングはこう進める!事例から学ぶ成功法則 icon-external-link http://www.cpi.ad.jp/column/column03/ はてなブックマーク数:469 Facebook:489 Twitter:374 京都でWeb制作、マーケティングを中心にWebの事なら幅広く手掛けている 株式会社ウェブライダー代表の松尾 茂起さんのコラムからのエントリーです。 ウェブライダーといえば「沈黙のWebマーケティング」が有名ですね! この記事では実際の事例を元にコンテンツマーケティングの進め方を紹介しています。 コンテンツマーケティングって何?からお笑いネタコンテンツは危険?まで ウェブライダーらしいユニークな観点で非常に分かりやすく書かれています。 僕はこのブログの運営を始めるときに、この記事を読んで参考にしました。 コンテンツの表現方法から読みやすい文章例まで本当に勉強になります。 (活かせていなかったらすみません・・・) 2012年版ソーシャルメディアマーケティングに関する79の統計 icon-external-link http://www.seojapan.com/blog/79-social-media-marketing-stats はてなブックマーク数:352 Facebook:653 Twitter:407 株式会社アイオイクスが運営するSEOに関するノウハウを中心にLPOや コンテンツマーケティングの情報などを配信しているSEO Japanのエントリーです。 海外メディアに掲載された翻訳記事で、 2012年と少し前の記事になりますが、非常に参考になります。 ソーシャルメディアマーケティングに関する統計情報が紹介されていて どれもが非常に興味深い情報です。 コンテンツマーケティングをする上で、ソーシャルメディアの運用も重要です。 FacebookからGoogle+まで知ってて損はない情報なので参考にしてみてください。 顧客目線のコンテンツ・マーケティングで営業ゼロでも施工依頼が殺到する塗装店のノウハウとは? icon-external-link http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/04/09/17268 はてなブックマーク数:182 Facebook:854 Twitter:197 株式会社インプレスが運営する企業のWeb担当者、マーケティング担当者に 役立つノウハウやコンテンツを配信しているWeb担当者Forumのエントリーです。 この記事では実際のとある塗装店のサイトのコンテンツを改善する事で 問い合わせ数を3ヶ月に1件から月間20〜30件に増加させた事例が紹介されています。 ここでいうコンテンツとはブログではありませんが、 サイト内でどういう事を意識してコンテンツを作成したかが 具体的に紹介されており、非常に参考になる記事です。 我々のような俗にいうネット業界やWeb業界での事例ではありませんが どんな業種でもコンテンツマーケティングは重要なキーワードになっているようです。 コンテンツマーケティングの日米比較。先ゆくアメリカと日本で何が違うのか【Ginzamarkets】 icon-external-link http://media.looops.net/ginzametrics-shimizu/2014/03/31/content-marketing-comparison-japan-us/ はてなブックマーク数:83 Facebook:228 Twitter:72 株式会社ループス・コミュニケーションズが運営するソーシャルメディアを 中心とした情報を配信しているin the looop(イン・ザ・ループ)でのエントリーです。 ウェブマーケティングでは多くの技術やトレンドがアメリカで生まれ、 日本では2〜3年遅れをとっている傾向があり、コンテンツマーケティングもその1つです。 施策の目的から効果指標の比較や今後の課題についても紹介されており アメリカでのコンテンツマーケティングを知るには非常に興味深く参考になる記事です。 しかし日本には日本独自のマーケットやトレンドがあり、 そこに合わせて柔軟に対応できるのが真のマーケッターだと僕は思います。 コンテンツマーケティングを始めたばかりの担当者にありがちなこと icon-external-link https://www.ptengine.jp/blog/index.php/content_marketing_debut/…

コンテンツマーケティングを始めたばかりの担当者にありがちなこと

ども、つなぎです! 先日、上司の小原とFBのチャットで多愛もない会話をしてたんですよ。 下記の画像はチャットでのやりとりをキャプチャしたものです。     ??   どうして、この話の流れから急にPVの話になるのかが、まず謎なんですが… 先月、3万PV後半だったのに、今月20万PVとか ヤフトピ砲かハッキングされない限り不可能だと思うんですよ… そう思い、僕はそっとチャットを閉じました。 まぁ、こういう無茶ぶり的なやりとりって、よくあると思うんですよ。 (もちろん冗談だと思いますが。本気…かも…) と、いうことで今回はブログ運営をして1ヶ月目の僕が感じた コンテンツマーケティングを始めたばかりの担当者にありがちなことを紹介します。 もしかすると僕だけかもしれませんが、同じようにコンテンツマーケティングを 始められた方などに「あーそれあるある!」と思ってみてもらえればと思います。 コンテンツマーケティングを始めたばかりの担当者にありがちなこと 1. 記事アップ後のSNSでの反響を尋常じゃない位気にしてしまう これは本当によくやってしまいます。 はてブの数とかTwitterの検索とか記事投稿直後は 尋常じゃないくらいリロードして見ています。 外出中などでもiPhoneでひたすら拡散具合をチェックしていて 1件シェアされる度に喜びに満ち溢れます。 2. 記事アップ後のリアルタイムのアクセスが異常なほど気になる これもほとんどの方が当てはまるんじゃないでしょうか? 記事アップ直後とか何人くらい見てもらえてるのか?が率直に気になって 他の業務に全く手をつけられません。 自分の書いた記事の反響ってやっぱり気になりますよね。 「どこから来てるんだろ?」とか「何で見てるんだろ?」は1番見る所です。 このブログもいつかリアルタイムで常時200人位 見てくれるようになれるようにがんばります! (先月バズった時は220人くらい見てくれてました!) 3. 1つの記事作成に全生命力を注ぎ込んでいる ブログ記事を書き始めの頃って記事を書くのに慣れていないせいか 1つの記事作成に全生命力を注ぎ込んでしまいます。 (もちろん慣れてきても全力で書くとは思うんですが、、、) もしかしたら僕だけかもしれないんですが、 全生命力を注入して書いても上司に修正されてしまいます。 そんなこんなで、いつも書いた後はグッタリしてしまいます。 他の業務もあるのでグッタリなんかしていられないんですが(汗) 4. 記事に対するSNS上でのネガティブコメントにガチでヘコむ 書いた記事に対するコメントが10こ中1つでもネガティブなコメントがあると 傷ついてしまい、1週間は引きずってしまいます。 当然人気の記事にはそういった賛否両論なコメントも出てくると思うんですが これだけはホントに慣れないですね。 みなさん、あまり叩かないでくださいね。 5. スクロール率が気になる みなさんはアップした記事の指標は何に重点をおいていますか? このブログでは指標の1つにスクロール率があります。 その記事のどこまで読んでもらえたか?です。 スクロール率はPtengineのヒートマップで確認できます。 3で書いたように全生命力を注ぎ込んで記事を書いているので 記事の上の方でほとんどの人が離脱してしまっていると愕然とします。 やはり全力で書くからには読んでもらいたいので、 読んでもらえる記事を書けるようがんばります! 6. Twitter、Facebookなどのシェア数を重要視するが、Google+の扱いを戸惑う TwitterやFacebookなどは記事がどれだけシェアされたか?という所で重要視します。 たまにGoogle+に「1」とかつくんですが、これをどうしようか戸惑います。 Google+「1,000」とかだと、どうなんでしょうか? どれ位の基準かわからないので、評価に困ります。 どなたかGoogle+の重要性を教えてくださる方がいらっしゃれば ご連絡お待ちしております。 7. 「LINEで送る」ボタンで本当に送られているのか気になる このブログにも設置していますが、ソーシャルボタンの所にある 「LINEで送る」で本当に送られているのか気になります。 記事のシェアの方法ってたくさんあると思うんですが、 本当に送る人いるのかなぁ…と思いつつ設置しています。   ・・・   おくられてました。 本当にありがとうございました。 8. 記事の参考にする為に他メディアの記事を読み始めるが、つい読みふけってしまう 記事を書くために他のメディアがどういう記事を書いているのか?って 事前に調べると思うんですよ。 僕も日頃からいろんな方法で情報収集しています。 参考:GW中でも「今」から目が離せない!情報収集が捗るキュレーションアプリまとめ 会社でも常に情報収集しているのですが、 自分に関心のある記事を見つけた時は、ついつい読みふけってしまいます。 新しいWEBサービスなんかを探している時もそうですね。 気づいたらすごく時間が経っている事に気づいて焦りますね。 9. 全生命力を注ぎ込んで書いた記事が編集で完全NGになりヘコむ これは絶対にあるとおもいます! 僕は毎日、その恐怖におびえています。 〜ある日の記事アップ前〜 僕「できました、確認お願いします(キリッ」 ◯原「確認するから、ちょっと待って」 〜20分後〜 僕「ど、どうでしょうか…?」 ◯原「あー、ないね」 僕「・・・」 と、いう感じですね。 まぁ今書いてるこの記事も後で「は?」とか 言われるかもしれないんですがとりあえず書いてます。 この後がドキドキですね。 こんな感じでコンテンツマーケやってます! いかがでしたか? こんな感じで僕はいつも記事の更新をしています。 この記事をアップした直後も同じような行動をしていると思いますね。 みなさんはいくつ当てはまりましたか?…