2A8A8956-01F9-4C93-B8A3-2DDFC0B9C5C5

ども、つなぎです!

今回はマーケティングと全く関係ないですが、
紹介したい衝動を抑えきれないサービスがあったので紹介させてください!

では、どうぞ!!

技術が半端ない!だけど面白すぎるWurstify

AF781768-D21B-4742-9A77-100039A2E1C1

 icon-external-link https://wurstify.me/index.html

Wurstifyは画面に表示される人物の顔を認識し、
自動的に「ヒゲ」をつけて表示させるGoogle Chromeの拡張機能です。

え?それだけかって?

はい!それだけです!ヒゲを付けるだけです!

ただ、使ってみればわかると思うんですが、
ただ単純にヒゲをつけるだけかと思いきや・・・

本当にヒゲを付けることだけに特化したサービスなんですよ!

Wurstifyのインストール

A4108B8A-3C77-4031-B156-13420662D9E9

ページ下部からインストールできるので、拡張機能を追加しましょう。
ナビゲーションバーにWurstifyのアイコンが表示されます。

ヒゲ一色にしてみた

では試しにやってみましょう。
毎度おなじみ、あの人物フリー素材サイトをヒゲ一色にしてやりましょう!

※管理人様の許可済、むしろやってくれということでしたw

84D02FD0-5E15-4561-A6E5-A14B8FC91526

 icon-external-link ぱくたそ – フリー写真素材・無料ダウンロード

ヒゲで画面一色を彩りたいページでナビゲーションバーの
アイコンをクリックしましょう!

・・・

After

750E4028-3324-4AA7-99BF-D0A122B69744

 

www

 

青ヒゲ男じゃなくて黒ひげ男じゃないですかw
あっ…河村さんまで…

ここだと被写体が2人だけなんで、あんまりですが
顔写真が一覧で表示される画面だと下記のようになります。

1C58B194-3AD6-40E7-9F75-DA1CF92D6F1A※クリックで拡大します

 

右下の広告まで認識!!すごい!!

美女読書でも試してみました!

AC0C3ACB-C0EF-435A-A36F-56FCCAB3B61E

 icon-external-link 美女読書

 

ひげが生えてもやっぱり美女は美女ですね!?

ここであらたな発見がッ!
ひらがなの「を」を誤認識して「を」にヒゲが生えました。

D9793F0B-2DF6-4CD5-BC48-54E38957FDBA

「を」のカーブが顎と認識されているのでしょうか。。

横顔もバッチリ!かっこいい!

7445A786-DA44-4BB7-B109-6AB16DCF8B77

美女読書のFacebookのフィードを見つけました。
ウェブライダーの松尾さんが言及しています。

F84A0E0C-B196-4334-8395-321336CC8852

Facebookのフィードをみていたところ、見つけました。

13A19A67-9FF9-42EA-A5F5-C7120979F9AE

アルパカにも。

11A9242A-5CBE-4139-8559-8D01C90AD833

まさかのアボカドにもヒゲが生えました。

490207B8-8C49-458E-93ED-618FC5430630

という感じでどのページを見ていてもヒゲ三昧になります。

いろいろな事情があるので、画像を載せることはできませんが
さらにカオスっぷりを味わいたい人は下記のリンク先で
WurstifyをONにしてみてください。

※マンガやアニメの場合、顔だと認識できずヒゲが付かない場合があります。

闘牌伝説アカギ
https://goo.gl/YXrMh1

リヴァイ(進撃の巨人)
https://goo.gl/aLP4Da

丑嶋馨(闇金ウシジマくん)
https://goo.gl/uXJAGw

マツコ・デラックス
https://goo.gl/PdRgSz

綾瀬はるか
https://goo.gl/sqhgX1

ぼっさん
https://goo.gl/QHWIKS

山田孝之
https://goo.gl/vGFHwk

まとめ

いかがでしたか?

今日は正直、僕が紹介したい衝動を抑えきれずに書いてしまったので
このツールが役立つかどうかは分かりません。

たまにプログラムの関係でページが崩れてしまうことや
横顔などで認識しないことがありますが、これは本当に凄いですね。

気分が落ち込んでいる時や単純に笑いたいとき、
あの人のヒゲ面を見てみたい!と思った人はぜひ使ってみてください。

それでは、また!