5人の専門家に聞く:たった4時間でWebサイトを改善する方法

Webサイトの最適化に時間なんてかけていられない!なんて思っているマーケターの方も多いはずです。 前回の記事でマーケターは時間不足に悩まされていることも指摘されています。 ですが、実は、たった4時間でウェブサイトを改善することができることをご存知ですか? 今回は「時間不足」という状況でのアクションの起こし方を一緒に考えてみましょう。

2017年最新版 ヒートマップツール導入・活用事例

    こんにちわ、ワッキーです。 久々の更新すぎて気がついたら2017年最初の記事になってしまいました。 最近忙しくてなかなか記事を書く時間がありませんでした(言い訳)。すみません。 今回はヒートマップツールをなぜ、導入したのか? また、 ヒートマップツールを使用してどのようにWEB改善を行ったのかなどの、活用事例をご紹介いたします。 実際に様々な企業にお伺いさせていただいてインタビューさせてもらったのですが、どこのオフィスもとても綺麗でした!(羨ましすぎるぜ)   ヒートマップツール事例のご紹介の前に私の個人的な意見を少し語らせてもらいます。((((;゚Д゚))))))) そもそもヒートマップツールをご存知の方やまだ知らない方など様々な方がいると思いますが、結論から言わせていただくと、 ヒートマップツールは業務上絶対に必要なツールか?と言われると私は正直あってもなくても困らないツールだと思っています。 なぜなら、WEB分析などは無料のGoogle Analyticsを使えば費用もかからず行えてしまうからです。 この世の中本当に色々な無料ツール〜有料ツールまで様々なツールが溢れていますよね。 ではなぜ? 無料のGoogle Analyticsだけでなく、ヒートマップツールも導入するのか?

簡単3ステップで設定 Ptengineのイベントトラッキング機能が凄すぎる!

      本日から記事を更新することになったワッキーです! 宮脇という名字からワッキーと名付けられました(笑) そんなこといいから早く説明しろって思いますよね? 任せてください!ここから本題に入りますよ〜 なんとPtengineがアップグレードしました! そこで今回はイベントトラッキング機能についてご紹介したいと思います。   そもそもイベントトラッキングって何?? 簡単に説明すると、サイト内でのユーザのアクションイベントを計測することです!!   例えばイベントトラッキングを使用するとこのようなユーザーのアクションイベント数の計測が出来てしまいます! カートに入れる PDFをダウンロードする SNSのシェアボタン等をクリックする 会員サイトにログインする スマートフォン用Webページから電話を掛ける 他にも動画の「Play」ボタンのクリック数、資料請求ボタンのクリック数、SNSボタンのそれぞれのクリック数等 さっそく使ってみよう     ちょっと待ちたまえ         Google Analyticsでもタグを設置すればイベントトラッキングは出来るんじゃよ! ∑(゚Д゚)                             通常のアクセス解析ツールではデータ取得のために特別なコード追加が必要でしたので、毎回マーケティング担当者が開発側に依頼することになり非常に手間がかかってしまいます だがPtengineのイベントトラッキングはここが違うんです!!

サイトの成約率を大幅低下させてしまう問題の根本と解決策

CTAという言葉をご存知ですか。 Call To Action、つまりカスタマーに何か行動を起こしてもらうためのものですね。 登録、お問い合わせ、資料請求のボタンなどがそれにあたります。 ランディングページの目的は、このCTAをしてもらうことであるはずです。 ですが、ランディングページの「情報過多」がこのCTAを妨害してしまっていることが往々にしてあります。 知らず知らずに、この状態に陥っている事が多いです。 あなたのページは外部リンクや膨大なテキストがないかチェックしてみて下さい。 本記事では、この点の解決策を掘り下げていきます。 本記事は、Unbounce.comに掲載された「The Silent Landing Page Conversion Killer (And How to Stop It)」を抄訳した内容です。 序文 ランディングページを作成していると、「どれほどのコピーを入れたらいいのだろう?」思いますよね。 それに対してコピーライターは常々こう答えます。:「んー、時と場合によります」 実際、コピーは、あなたの製品によって変わります。 「詳細をたくさん説明すれば、ランディングページが説得力のあるものにできるだろう」と思うかもしれません。 その答えはイエスであり、ノーでもあります。

コンバージョン率を劇的に上げる3つの解決方法

みなさん、CROという言葉をご存知でしょうか。 CROとはConversion Rate Optimizationの略語です。 ざっくり言えば、コンバージョンを上げるために行う施策のことです。 コンバージョンレートは誰もが気になるところですよね。 ところが、現在CROは3つの課題に直面しています。 本記事では、これらの問題の解決法を伝授しています。 それではいってみましょう! 本記事は、Unbounce.comに掲載された「3 Major CRO Challenges & How to Overcome Them」を抄訳した内容です。 CROを働きかける人とは? CROに従事する平均的人物は、自社サイトのために勤務する37歳の男性で、平均年収は約$71,340です。 また、多くの種類の技術者がCRO技術者と認知されています。 CROの課題 さて、ここからが、本題です。 現状のCROの課題とはなんでしょうか。 調査の結果、3つの要素が現れてきました。 1.リソース不足-2.時間不足-3.ノウハウ不足 一つ一つをソリューションとセットで見てみましょう。 1.リソース不足 成長中の業界において、リソース不足は共通の問題です。新しい物事に資源が集まらないということは、往々にして起きてきました。 ▶ソリューション より多くの予算を取得するための最速の方法は、コンバージョン率最適化の価値を証明することです。あなたの企業規模にかかわらず、ResearchXLというフレームワークが有用です。 このコンバージョンモデルを使うと、テストに関するアイディアの一覧作成や容易な修正が可能です。テストするトラフィックが十分にあるのなら、やってみましょう。 2.時間不足 コンバージョン最適化は時間のかかるプロセスです。多くの企業で、CROを妥協(あるいは全てを省いてしまう)という事態に陥っています。 ここに大きな課題が2点浮かび上がってきます。 (1)責任 ほぼ半数の回答者が、CROの直接的な責任者がいないと答えています。 人事に責任者がいない場合どうなってしまうでしょうか? コンバージョン率最適化は責任を伴います。リサーチし、仮説を立て、それらの優先順位付けをし、対策を立て、検証テストを実行、将来性のあるテスト結果を達成し、アクション可能な見解を企業全体で共有する。非常に大きな責任です。 コンバージョン率最適化は大きな利益を生み出しますが、優先順位を考えなければなりません。つまり責任と専門性のある人材を据える必要があります。マーケティングマネージャーが何となくやったような気になる最適化の結果報告、といった程度のことはしないでください。 (2)速度 モーガンブラウン氏のハイテンポテストに関するプレゼンをご存知でしょうか。その中で同氏は、より多くのテストはより多くの習得を意味し、さらにそれはより多くの成長を意味するとしています。残念なことにこの調査の50%を超える回答者が月5回未満の実行に留まっています。ちっともハイテンポではありませんね。 もしテストに十分なトラフィックがあるなら、ハイテンポテストを行うべきです。GrowthHackers.comは11週間で月あたりのアクティブユーザー数を90,000名から152,000名に増加させました。追加予算も追加成長チームもなく達成しました。 ▶ソリューション 以下の方法に従えば、テンポよく改善出来ます。 継続的に検討し続ける:コンバージョンリサーチをすれば、アイディアが生まれます。次に全チームを呼び出し、アイディアを具体化します。あなたの技術チームは、例えば買収、活性化、照会、保持および/または収益向上が可能であると考えていますか。 アイディアに優先順位をつける:ConversionXL社では、4つのバケツの一つにアイディアを投入します: ①ツール(例:イベントトラッキングが正しく設定されていない) ②実行(例:SSLを購入して設定する) ③テスト(例:あまり人気のない製品を別のメニューに変更) ④調査(例:ログインプロセスが低速である理由) これらを想定される影響度に応じて評価していきます。 週ごとにミーティング:前週のテスト結果について議論します。うまくいったもの、そうでないもの、結果から何が分かったかを特定します。次に、その蓄積したアイディアから、今週実行するテストの一覧を作成します。ハイテンポに行うため、必要以上のテストを実施してください。なぜかといえば、開発者の支援が必要になるような問題があると、それによって遅延することが頻繁に起こるからです。 テスト結果をアーカイブに保存:これは同じテストの繰り返しを避けると同時に、チーム全体にとって最新の情報習得が可能な状態を維持するためです。 3.ノウハウ不足 CROはまだ年月の浅い業界なので、急速な成長がある一方で優秀な人材はほとんどいないというのが現状です。「すぐに実施すべき105のテスト」を取り上げ、それを教育的であるとする記事が多すぎます。 システム化プロセスのある企業は、ない企業よりも、翌年のCRO予算を増やす傾向にあり、2016年のCRO動向にも注目していく方向性があるようです。残念なことに65.7%の回答者がコンバージョン最適化プロセスをドキュメント化もシステム化もしていません。 企業規模が小さいほど、コンバージョン最適化プロセスの作成は難しいです。500名を超える従業員がいる企業の42%がシステム化プロセスを持っているのに対し、500名未満の企業の場合は32%に留まっています。 最適化のシステム化プロセスがない場合、マーケティング担当者は推測に頼るしかありません。 つまり、直感や「常識」に基づいてテストをしています。 そして初期にごくわずかな上昇があると、サンプルの規模を考慮せずにテストをやめてしまうのです。 ▶ソリューション 直感に頼るよりも行うべきことがります。サンプルプロセスは以下の通りです: コンバージョンリサーチ(量と質を重視!)を実施、分かりやすさと関連性を改善する施策を考えます。表現の衝突や不安性を減らす施策も同様に考えます。 これらの施策をインパクトの大きさと修正の楽さ、で優先順位付けします。すぐに修正できるのであれば、実行します。テストが必要であれば仮説を立てます。 有効なA/Bテストを実行するに十分なトラフィックがある場合、予測されたインパクトの大きい順に、あなたの仮説をテストしていきます。 代表的なサンプル規模に到達したらテストを止めます。結果とそこから分かったことをアーカイブに保存します。失敗した仮説も非常に価値があります。 結論 コンバージョン率最適化の業界は急速に成長、拡大していることは明らかですが、道のりは長いです。少ない予算と小さいチーム、そしてノウハウの欠如、この3つの障壁をCRO技術者は越えなければなりません。

【たった一日】データドリブンなコンテンツ作成【良記事翻訳】

堅強な戦略を一日で立ち上げることもできる。選択はあなた次第。 あなたのビジネスにITは貢献していますか? -いいえ、と答えた方へ。ではあなたのホームページの訪問者が何を探し求めているかご存知ですか? ITを使っても無数にある競合相手になかなか勝てっこないだろう、そういう認識をお持ちでしたら、今日ここでそれを捨て去りましょう。 この記事を読み、あなたの時間を30分使って、ちょっとしたリサーチに挑戦してみてください。新たな発見と展開が待っているはずです。 要点 ①まずは、グーグルキーワードプランナーでキーワード生成  あなたの取り扱う商品やビジネスに関連するキーワードを入力  最も高いボリュームを記録しているキーワードの一覧を作成  高ボリュームなキーワードをもとに、思い当たるキーワードを改めて作成 ②予測検索からキーワードを追加生成 ③競合の分析  最初のページの直近の記事を3つ読む  それぞれの記事で、好ましくないあるいは不十分な事項を3つ書き取る  あなたのコンテンツが良くなる方法を3つ挙げる ④アイディアの創成 ⑤コンテンツからコンバージョン達成 ⑥締めくくり Unbounce.comに掲載された「7 Build a Data-Driven Content Strategy by Yourself, for Free, in 1 Day」を翻訳した内容です。 翻訳 コンテンツマーケティングは後回しにすべきことではありません。閲覧数の増強のためにコンテンツを使わなければ、読者は競合他社に取り込まれてしまうことでしょう。 とはいえ、コンテンツ戦略は膨大な作業を伴い、小規模チームにとってはとりわけ負担が大きいものです。 一方、ダン・マックガウ氏は少し違った見方をしています。自身のUnwebinar 「The Facts & Fairytales of Conversion-Driven Content」によると、コンテンツ戦略構築のための詳細な枠組みは30分程度で作成できると主張しています。 これが実際に功を奏することも証明しています:彼と彼の代理店、Effin Amazingが同じ戦略によってChupaMobileのオーガニック検索トラフィックを19%、利益を38%増加させました。 この手法に必要なのはグーグルのフリーツールとほんの少しのリサーチだけ。一日あれば一人で十分に完成できます。 まずは、これまでにいったい何が検索されてきたのかを探ってみましょう。  ①グーグルキーワードプランナーを用いたコンテンツ需要の評価 「コンテンツマーケティングの寓話」とダン氏が称するものの一つとして、コンテンツ生成は主に直感的で本能的なアートだ、というものがあります。 ですが、同氏は、このアートのようなコンテンツを次のように表現しています: 「もし、誰もあなたのコンテンツを求めていないとしたら、あなたの書いたコンテンツを誰も読まないということである。」 だとしたら、あなたがターゲットとする読者が求めるようなコンテンツを書くにはどうしたらいいでしょうか。 グーグルキーワードプランナーはクリック課金型広告(以下、PPCと略)のビジネスで、特定キーワード検索のトラフィック量を計測し、キャンペーンを計画するために用いられる強力なツールです。しかしPPCに使えるというだけではありません。ダン氏は、数個の簡単なステップを通して、あなたの見込み客がどんなコンテンツを望んでいるのかについて理解することも可能であるとしています: あなたの取り扱う商品やビジネスに関連するキーワードを入力:これには競合他社の名前や、あなたと重複するような種類のサービスが含まれます。 最も高いボリュームを記録しているキーワードの一覧を作成:グーグルには、各検索条件に対する月間平均検索数を表示しています。あなたの対象とするものがどれくらいの市場に相当するのかによってトラフィックの許容レベルを構成するものは異なりますが、ダン氏は、人々が意識するコンテンツの閾値を月間最低検索数10,000としています。 高ボリュームキーワードをもとに、思い当たるキーワードを改めて作成:高ボリュームキーワードの一覧を作成し、それをキーワードプランナーの、フレーズやウェブサイト、カテゴリなどを用いた新しいキーワード検索機能に入力します。グーグルはクラウド機能をによって関連するキーワードを発見し、フィードバックしてくれます。 このキーワードをあなたのコンテンツに導入することがオーガニック検索の増強には必須です。しかしリサーチはこれで終わりではありません;キーワードはあくまでキーに過ぎないのです。 ②予測検索からキーワードを追加生成 対象キーワードを完全に網羅した一覧を入手できた今こそ、古き良きグーグル検索を用いて競争的側面を確認してみましょう。ここで、あなたがシークレットモードを使っている、あるいは何らかのあなたのブラウザーのプライベートブラウジングモードが使われていることを確認してください:グーグルは検索履歴に基づき検索結果をカスタマイズしますが、ここではあなたの検索に対するそのような干渉は必要ありません。 キーワード一覧で検索を実行することができますが、ここで素晴らしいことが起きていることにお気づきでしょうか:グーグルは最も人気のある検索をお勧めとして表示するので、検索ワードの言い換えを正確に教えてくれるのです。 これは人々が関心を持つ特定の話題を伝える情報を示しています。「analytics」はただのキーワードですが、「WordPressにGoogle Analyticsを追加する方法」は、ほぼ完璧にアイディアを提示しています。 さらに、検索されている対象を検索することで、何が発見されたかも知ることができるのです。 ③競合のコンテンツ調査 これはコンテンツ戦略策定で最も時間のかかる側面であり、最重要項目のひとつともいえるでしょう。競合相手がどんな手を使っているかを知らなければ対応のしようがありません。 ダン氏は、キーワード一覧と推奨検索フレーズを用いた検索を実行し、コンテンツのどの部分が検索結果の最初のページに表示されるかを書き取るよう提案しています。具体的には: 最初のページの直近の記事を3つ読む:数か月以内のものから非常に古いものまで数多くの記事を目にすると思いますが、最も新しい記事に着目してください。 それぞれの記事で、好ましくないあるいは不十分な事項を3つ書き取る:これは粗末な書式設定や好ましくない画像を意味するものではありません(もちろんそれらを正すことも重要ですが)。自己満足に浸ることでもなく、うまく活用できる機会を見つけ出すのです。もし競合相手のコンテンツに重要項目や意外な新事実のようなものが抜けていたら、あなたのコンテンツにそれらを取り込めるでしょう。  あなたのコンテンツが良くなる方法を3つ挙げる:競合相手が不明確にしている内容について、新しい情報の導入や、より魅力的になるようなフォーマットを試すことによってコンテンツに磨きをかけることができます。 ここでやめる必要はありません。ユーザーニーズに基づいて明確化した目標とキーワードリサーチを組み合わせることで、自身のキーワードリサーチからコンテンツのアイディアへと展開・推測できるのです。 ④キーワードリサーチに基づく新しいコンテンツアイディアの創成 次に示すのは、Effin Amaging社が、新アプリとしてスキン適用あるいはリリースを行うアプリテンプレートのマーケットプレイスであるChupaMobileのクライアントを取り込むのに用いた戦略です。結局のところ、同社は読者の要望とニーズに対応する4つの核心的なブログトピックを形成しました: 携帯開発技術者の雇用 携帯アプリの立ち上げ方法 アプリによるビジネスの方法 コーディング不要のアプリ開発 そして、高ボリュームキーワードおよび、それらキーワードの検索時に用いた特定フレーズに関わるナレッジにより、読者が検索している質問に対して正確に対応する一連のブログポストアイディアを作成することができました。 同じようにやってみましょう。 あなたが行なったリサーチのすべてをつなぎ合わせると、あなたが競合する必要のあるコンテンツの既存の断片はどれか、そして対象読者を魅了するにはどのような新コンテンツを作成する必要があるか、に関する一覧が手に入るはずです。 ⑤ランディングページのコンテンツからコンバージョン達成へ スマートなコンテンツ生成によりトラフィック増加を達成したら、次に何をしますか?コンテンツからコンバージョンにつなげるプロセスは明確になっていますか? ダン氏はUnbounceで用いているアプローチを推奨しています:ポストごとに(電子書籍のような)特定ゲーテッドコンテンツを指定、その各コンテンツに対しランディングページを設け、各ポストのアクションの様々な呼び出しに応じてランディングページに遷移させるというもので、ちょうどポストの完了あるいは exit intent overlayを用いた場合のようになります。 機会を設けるのです。あなたが呼びかけなければ誰も反応できないからです。素晴らしいコンテンツを作成し、独自のランディングページで関連する「コンテンツアップグレード」へのリンクを貼り、提示したコンテンツから集めたリードを育成していきます。(育成についての詳細はfull webinarをご覧ください。) ⑥締めくくり ダン氏はウェビナーを次のように締めくくっています: グロースハックの戦術は一つとは限りません;戦術をつなぎ合わせて自動化する、それこそが成長を生み出す方法です! 「グロースハック」と聞くと多少苛立ちを覚えますが、「ハック」という言葉には成功への容易なプロセス、ショートカット、回避策という意味があります。 この表現にこだわるのであれば、私はその解釈に非常に満足です。単なる早急な目標達成の連続にとどまらない成長、つまり読者や将来性、顧客に対し最大限の利益を生み出しつつ、我々のビジネスに成功をもたらすようなデータから持続的戦略を構築することこそが真意だからです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 グーグルキーワードプランナーは非常に使いやすい無料ツールで、関連する重要キーワードが分かるだけでなく、検索ワードを比較・検討することが可能です。 このツールと、グーグルの検索キーワード推奨表示機能をうまく活用することで、検索ワードごとの傾向を様々な視点から捉えられます。 短期的目標のみならず長期的にもビジネスの発展・成功につながるようなコンテンツを目指して、まずは第一歩を踏み出してみれば、何かを得ることができるかもしれません。

tmall.com

中国ECサイトTOP10ランキング・中国人コメント付

  こんにちは。 最近中国のEC事情がものすごく成長してきているのをご存知ですよね。 これを機に、越境ECなどにも目をつけている人も多いのではないでしょうか。 中国の大手リサーチ会社のレポートによれば、中国全体のEC市場規模は2015年全体で、およそ2兆元、つまり約32兆円程(2016年6月レート・1元≒16円)となっています。 日本国内の2015年のEC市場が、13.8兆円と比べるとものすごい大きさですよね。 経済産業省のデータによれば、ここ数年で中国との越境ECの市場規模は1兆円を越すとの予測もあります。 一方で、中国のECサイトの具体的な内容をご存知でしょうか。 そこで、本記事では、シェア中国のTOP9のECサイトとCtoC市場No.1のサイトのそれぞれの特徴を、ランキングにしてまとめてみました。 弊社中国人スタッフ(上海出身20代女性)による、中国の一消費者目線としてのコメントも掲載していますので、併せてご参考ください。 それでは見てみましょう!   ※括弧内はこちらのデータを参照した、中国BtoCのEC市場シェア率と2015年推定取引高です。 1位:Tmall.com 天猫商城 ・Tmall(63.5%・約20兆円) https://www.tmall.com/ 中国No.1のECモールであるTmallです。 2014年10月にニューヨーク証券取引所で上場したことでも話題になりました。 もともとは、阿里巴巴集団(アリババ)のタオバオの一部分であった「淘宝商城」を、名前を新しくさせ独立させたものです。 アリペイやカスタマーサービス、取り扱い商品の安心さと、売り手と買い手のコミュニティで、高い人気を誇っています。 日本館の出展もあるモールとなっていて、ユニクロ、資生堂、nissen等の大手日系企業も参入しています。 中国人スタッフコメント: Taobaoのブランド品バージョンというイメージです。 高級品といったブランドということではなく、ちゃんとしたブランドを取り扱っています。 また、実店舗をもって出店している店も多くあります。 黒猫のキャラクターに好感を持っている人は多いです。 2位:jd.com 京东商城・京東・ジンドン(20.8%・約6.6兆円) http://www.jd.com/ ジンドンはTmallとならび、中国EC界の雌雄として君臨している企業です。 もとは、家電の通販サイトとして勃興したサイトですが、現在は幅広い商品を取り扱っています。 JDには中国最大のIT企業であるテンセントがアリババに対抗する形で出資しています。 2014年5月にアメリカのナスダックに上場しました。 顧客の利便性を高めるために自前の配送システムや、保証内容を強めています。 JDも日本館を設置しています。 中国人スタッフコメント: 電化製品を買う時は、まずはこのサイトをみることが多いです。 中国では多くの広告を出しています。 CEOが自分より10歳若い人と結婚し、ニュースになりました。 3位:Vip.com 唯品会・ウェイピンフイ(2.6%・約8300億円) http://vip.com/ 中国最大のフラッシュセールのサイトのVip.comです。 Vipshopという会社が運営しており、ブランド服をメインに提供しています。 世界最大級のプライベートな特売サイトである、Vente-privee のビジネスモデルを参考にしたサイトです。 こちらは、2012年3月にニューヨーク証券取引所に上場しています。 会員数は他サイトと比べて多くありませんが、リピート率が高く、安定的な成長をしています。 中国人スタッフコメント: CMなどで、有名人を使ったり、バラエティ番組やドラマのスポンサーにもなっており、広告にとても力を入れています。 かっこいいサイトのイメージを演出しているように思えます。 アウトレットでブランド品を安く買えるイメージです。 4位:Suning.com 蘇寧易購・スニン(2.5%・約8000億円) http://suning.com/ 中国大手家電量販店のスニンが作った家電を主に取り扱うネットショッピングサイトです。 蘇寧電器という中国で始めての民営の電化製品店を扱う会社が運営しており、ここで培った信頼と実績を元に躍進を続けています。 日本ではラオックスを買収した企業としても知られています。 2016年6月にアリババ傘下のタオバオが19.99%の株式を取得しました。 こちらも日本館を設けています。 中国人スタッフコメント: 日本で言えば、ビックカメラのようなイメージです。 シェアトップの家電量販店なので、安全にショッピングを楽しむことができます。 5位:gome.com.cn 国美在线・グオメイ(1.5%・4800億円) http://gome.com.cn/ スニンと並ぶ家電中心のショッピングサイトのグオメイです。 1987年創業の国美電器が運営しています。 グオメイも日本館を開設しています。 ビックカメラが国美電器および国美日本株式会社の協力体制のもとに中国に進出しています。 中国人スタッフコメント: グオメイは家電量販店大手でスニンと並ぶECサイトというイメージです。 価格帯もスニンと同じくらいで、こちらも安心して購入できます。 6位:dangdang.com 当当网・ダンダンワン(0.9%・約2900億円) http://dangdang.com/ 書籍をメインに取り扱う、中国版のAmazonのようなサイトの当当網です。 現在では幅広い製品を扱っており、当当网のマークの小箱で配送されています。 Peggy Yu氏とLi Guoqing氏が中国・アメリカのVCとともに、日本からはソフトバンクが出資した、ジョイントベンチャーとして創業されました。 こちらもニューヨーク証券取引所に2010年12月8日に上場しています。 中国人スタッフコメント: 本といえば当当网というイメージがあります。 本の種類がとても豊富で、発送も早く、時々ディスカウントセールも行っており、使い勝手が非常に良いです。 7位:yhd.com 1号店・イーハオディエン(0.8%・約2600億円) http://yhd.com/ ウォルマートが子会社化して運営しているECサイトのyhd.comです。 紐海電子商務が経営していた1号店にウォルマートが2011年に20%出資、2012年に過半数株式を取得、2015年に完全子会社化しています。 食料品と消耗品の取り扱いに強く、一定金額以上での都市圏送料無料のショッピングも顧客に受けています。 中国人スタッフコメント: ウォルマートが買収したことで知りました。 本格参入をしたばかりなので、使っているユーザーを周りであまりみた記憶はありません。 8位:Amazon.cn 亚马逊中国・アマゾン(0.8%・約2600億円) https://www.amazon.cn/ 皆さんご存知のアマゾンの中国版・Amazon.cnです。 Kingsoft Officeで有名なKingsoftが作ったJOYO.COM(卓越網)という当時中国大手の書籍・音楽・ビデオ販売サイトを、2004年にAmazonが75億ドルで買収して出来ました。 このサイトとは別に、アマゾンは1位のTmallにも出店しています。 Amazon.cnにおいても日本館が設けられています。 中国人スタッフコメント: あまり中国国内では使われていないイメージがあります。 サイト設計があまり馴染みのないような形で、掲載商品も比較的少ないように思います。 たまに洋書などの本を買うことはあります。 9位:jumei.com 聚美优品・ジュメイ(0.4%・約1300億円) http://jumei.com/ 化粧品分野で大きなシェアをもっているのが、Jumeiです。 その他にも、女性向けの衣類や、食品なども取り扱っています。 こちらもニューヨーク証券取引所に上場しています。 日本からは、@cosmeで有名なアイスタイルの傘下が販売提携契約を結んでいます。 中国人スタッフコメント: 非常にPRがうまくて、認知度が高いです。 CEOはカリスマ性のあるLeo chen氏というイケメンな人で、自身でテレビCMに出演して話題になりました。 海外コスメを多く取り扱っており、値段は高い一方で、女性からの支持があついです。 番外編:taobao 淘宝・タオバオ…

数分で確認!最高のランディングページへの54チェック

こんにちは! 皆さん、今運用しているランディングページを改善しようと思ったことはありますよね? でも、何をしていいのか分からない、なんて事になっていませんか? そこで、今回は、海外で有名なA/Bテストツール・Unbounceの共同創設者のOil Gartner氏の記事を抄訳しました。 この記事はおよそ2500シェアがあった超良記事です。 また、時流に合わせた加筆と、チェック用のスプレッドシートも作成いたしました。 スプレッドシートのダウンロードはこちらから チェックできなかった項目の改善に役立つリンクもつけておいたので、ご参考ください。 元記事はこちらから↓ A 50-Point Checklist For Creating The Ultimate Landing Page それでは見てみましょう! チェックリストを使ってみよう いま行っているすべてのものにチェックしてみてください。 このスコアが、そのランディングページがどれほど良いか悪いかを示します。 残りの項目からto-doリストを作成し、より良いランディングページの作成をしましょう! ※チェックリストの項目がサイトに適切でない場合は、とりあえずチェックしてください(ビデオの埋め込みの有無など) 1.ランディングページの見出しは、広告のメッセージと一致していますか? http://promotionalads.yahoo.co.jp/online/lpo_2.html 2.ランディングページのメッセージは 、一つの目的にフォーカスしていますか? http://uxmilk.jp/489 3.初心者が5~10秒で目的を理解できますか?  http://kroneko-line.com/archives/45 4.会社が何者であるか、そして、何をしている会社かはクリアになってますか?  http://matome.naver.jp/odai/2141167487774378901 5.シンプルな説明で見出しのコピーを強化していますか? http://uxmilk.jp/489 6.製品/サービスの利点を箇条書きで説明していますか? http://www.web-writing.net/how_to_writing/a_subject/easy_understand/simple.html 7.製品の使用状況と関連する画像や動画を使用していますか? http://www.movie-times.tv/feature/8258/ 8.音読して理解できますか? http://lpo.gaprise.com/blog/lp-checklist-1480/ 9.メインの見出しは、このページが何を言おうとしているのかを表していますか? http://rdlp.jp/archives/lpopinion/1585 10.不要なリンクを整理して、ページリークを削除したことはありますか? http://directmarketingtips.weebly.com/12480124521252412463124881251012540124651248612451125311246412398125021252512464/5 11.ランディングページは、あなたの製品/サービスがどうユニーク(USP)であるかを説明していますか? http://okugoe.com/attract/%E3%82%A2%E3%83%AC%EF%BC%9F%E3%82%BA%E3%83%AC%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%84%EF%BC%9F/ 12.メッセージは特徴よりもメリットに焦点を当てていますか? http://www.lpo-consulting.com/2012/11/lpstep2/ 13.フォーム上で、不要な情報を記入する欄を排除していますか? https://innova-jp.com/landing-page-form/ 14.リード獲得の為のプレゼントの値、または大きさを説明していますか?(値引きや、E-bookなど) http://blog.fides-cd.co.jp/article/140144299.html 15.製品/サービスに関する顧客の使用例を提示していますか? (お客様の声など) http://bazubu.com/high-cvr-8930.html 16.複数の連絡方法を提供していますか?(電話、電子メール、チャットなど) http://lpseisaku.net/post-533/ 17.訪問者がCTA(購入用のボタン)をクリックすることで、受け取るものが明確になっていますか? http://jb-labo.com/growth-hack01/ 18.プロが設計したランディングページのように見えますか? http://designup.jp/wordpress-lp-templates-421/ 19.ランディングページのデザインは、広告表現の見せ方にマッチしていますか?  https://conversion-labo.jp/report/lp_design/3695/ 20.そのデザインは、あなたのメインのウェブサイトやブランドのスタイルにマッチしていますか?  http://liginc.co.jp/web/design/119274 21.Lightboxを使用して、ページを離れることなく余分な情報を表示していますか? http://1design.jp/web-development/1154 22.プライバシーおよびまたは利用規約のステートメント/リンクを提供していますか? http://kiyaku.jp/faq/index.html 23.サービスのサンプル(第一章のプレビューなど)を提供していますか? http://www.inc.com/guides/201105/how-to-use-samples-to-promote-your-product.html 24.パートナー/アフィリエイト/セキュリティ登録の資格やロゴを表示していますか? https://innova-jp.com/6-ways-to-increase-trust-in-your-landing-pages/ 25.ページ上の主張や文言は検証可能ですか? https://innova-jp.com/6-ways-to-increase-trust-in-your-landing-pages/ 26.フォームを埋めてもらうために、フォームでオファーを繰り返していますか? https://innova-jp.com/landing-page-form/ 27.あなたはCTAに注意を向けさせるための視覚的な手がかり(矢印など)を使用していますか? https://uxdaystokyo.com/articles/entry-01/ 28.CTAは、十分な大きさがありますか? https://uxdaystokyo.com/articles/entry-01/ 29.CTAは、一番目立つコントラストを使用していますか? https://promonista.com/casestudy-abtest-seoc-cta/ 30.CTAは、ページの上部近くに目立つ位置にありますか? https://uxdaystokyo.com/articles/entry-01/ 31.フォームの電子メール記載欄の横にプライバシーポリシーへのリンクを含めていますか? https://innova-jp.com/6-ways-to-increase-trust-in-your-landing-pages/ 32.新しいリードを獲得するために、確認ページを使用していますか? (ウェビナーに登録、Ebookのダウンロード、フォロー、共有、など) https://innova-jp.com/use-ebook/ 33.期間限定オファーを行う場合、緊急性は明確になっていますか? https://webbu.jp/landing_page_structure-131 34.各インバウンドソース(電子メール、ソーシャル、PPC)用に別のランディングページを作成し、どれが最もコンバージョンできているかを確認していますか? http://markestyle.com/landingpage-10-cvr 35.ビデオを使用する場合、ユーザー主導で再生できるように設定していますか? http://www.movie-times.tv/feature/8258/ 36.ビデオの最後は、アクションを呼び出す形で終了していますか? https://support.google.com/youtube/answer/92710?hl=ja 37.1ページ上の広告先の数を一つに制限していますか? (長いページである場 合を除く) https://www.gyro-n.com/column/landing_page/ 38.顧客をウェビナーにサインアップしてもらっている場合は、登録者の数を示していますか? https://innova-jp.com/6-ways-to-increase-trust-in-your-landing-pages/ 39.ポップアップを使っている場合、それはページに関連する価値を提供しており、クリックを故意に誘導させるものではありませんか? http://blog.wishpond.com/post/91461412247/should-you-use-popups 40.A /…

あの話題のサービスやアプリも!2015年グッドデザイン賞を受賞したWEBサービスまとめ

ども、つなぎです。 久々の更新すぎて、僕の消息が絶たれたと思った方も多いんじゃないでしょうか?すみません。 昨日、2015年のグッドデザイン賞が発表されました。 参考:本当にイケてるデザインとは??歴代グッドデザイン賞受賞WEBサービスまとめ   毎年、いくつものサービスや製品が受賞されていますが、今年はどんなサービスが受賞されているのでしょうか? 僕が個人的に気になったグッドデザイン賞を受賞したWebサービスをまとめてみました。早速チェックしていきましょう! 1. Kocri(コクリ) 【グッドデザイン・ベスト100】 http://kocri.com/ Kocri(コクリ)はこれまでの学校の黒板の常識を変えるiPhoneアプリです。 このサービスは最近テレビ等のメディアでかなり取り上げられていました。Kocriのアプリを使いプロジェクター経由で画像や動画などを一瞬で黒板に表示させることができます。 先生の仕事がこれでかなり捗るようになって日本の教育と授業がもっと良くなっていくといいですね! ちなみにサービスのデザインは面白法人カヤックが担当しておりデザインコンセプトは「先生と、授業に特化させたUI・UX」となっており、デザイン面だけでなく授業にもきちんと使用できることにフォーカスして設計されています。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/43130?token=8AXFG3Lrkp 2. 会社設立 freee 【グッドデザイン・ベスト100】 http://www.freee.co.jp/launch/ 会社設立 freeeは会社設立に関わる書類から手続きまで様々なサポートを行ってくれるサービスです。 最近ではフリーランスなどで独立起業される方も多いと思いますが、会社設立というと行政書士に相談したり法律の勉強をしたりと敷居が高いイメージがあります。 そんな煩わしい会社設立に関わる手続きなどを一貫してサポートしてくれる便利なサービスです。ユーザーに知識がなくても会社設立から設立以降に必要な書類や流れが一瞬で理解できるUIになっているとのことから、かなりのこだわりが伺えます。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/43146?token=fRwleS6aEz 3. 勉強サプリ 【グッドデザイン・ベスト100】 https://benkyosapuri.jp/ 勉強サプリはPCやスマホで勉強ができるサービスです。 小学4年生から中学3年生までの学生の方を対象に経験豊富な一流の先生による授業動画及びドリルなどが月額980円で提供されています。勉強嫌いな学生でも新しい勉強のカタチを提供することで勉強が続くように、続くから成績が上がるようにという想いが込められています。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/43140?token=upT0S24f2N 4. ウォンピック https://wanpick.com/ ウォンピックはFacebookやTwitterといったSNSで話題の情報やSNSで繋がっている友達あ興味をもったニュースを配信するソーシャルニュースマガジンです。 人気のニュースがランキング形式になっていたり、今までにないオシャレで誰でも使いやすいデザインや操作性が特徴です。日々ネット上では膨大な量の情報が溢れる世の中で、どうやって情報を整理し誰にでも読みやすくするか?という想いがUIに込められています。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/43122?token=fRwleS6aEz 5. Prott https://prottapp.com/ Prottはグッドパッチさんが提供するプロトタイピングツールです。 サイト制作やアプリ制作の前の段階で脳内のアイディアをいかに短時間で評価ができる状態にするか?を念頭に作られており、UIデザインをするためのUIという特性上、作っているプロトタイプのUIの邪魔にならないようなUI設計になっています。 この辺りは数多くのアプリ、サービスのデザインを手掛けてきたグッドパッチさんだからこそ作れるデザインだと思います。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/43179?token=qsMCJbUD92 6. TALKIE https://talkieapp.jp/ TALKIEはマンション情報検索できるアプリです。 提供はアットホームですが、デザインは上記のProttに続きグッドパッチさんが手掛けています。不動産ポータルなどはたくさんありますが内容や提供価値に大きな違いが見られないという課題がありました。 そこでアプリ内のUIにプロフィールは会話形式にしたり気持ちを簡単に伝える為にスタンプを採用したりと不動産会社とのコミュニケーションを円滑にするためのデザインになっています。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/43126?token=qsMCJbUD92 7. スペースマーケットアプリ https://spacemarket.com/pages/app スペースマーケットアプリは球場やお寺などユニークなスペースをイベントなどに利用したりする際に貸し借りができるサービスです。 スペースマーケットのサービス自体は以前から提供されていましたが、今回はいつでも、どこでも検索、予約できるアプリが登場しました。デザインのコンセプトとしては表示される大量の情報をすっきり見やすいミニマルなデザインで尚且つ多機能で感覚で使えるUIを目指しています。 スペースを貸し借りするというニッチなサービス内容とアプリのテイストがうまくマッチしておりスマホの手軽さが貸しスペースの気軽さにリンクしていくところも評価のポイントとなっています。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/43125?token=qsMCJbUD92 9. Blabo!  http://bla.bo/ Blabo!は企業の商品開発などにアイデアを共有できるソーシャルプラットフォームです。 これまで商品の開発や企画閉ざされた会議室で一部の人しか参加できませんでしたが、Blabo!を使うことにより学歴や職歴、地域を問わずアイデアを出したアイデア歴で評価され、誰もがプランナーになれるサービスです。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/43149?token=upT0S24f2N 10. シフオプLite https://shifoplite.jp/ シフオプLiteは企業やお店が行うシフト管理をオンラインで無料で行うことのできるサービスです。 シフト提出の為に出勤したりシフト表を確認する為に出勤したりしなくても手元のスマホで簡単に確認することができます。分かりやすいUIデザインで高校生から高齢者まで多用なスタッフが無理なく使用できるようになり、シフト管理に多くの時間をさく店長の負荷もオンラインにすることにより減らすことができます。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/43185?token=upT0S24f2N 11. エアークローゼット https://www.air-closet.com/ エアークローゼットは月額制のファッションレンタルサービスです。 最近ではNetflixやAmazonプライムビデオ、Apple MusicやAWAなどサブスクリプション型(月額制)のサービスが多くリリースされ話題になっていますが、洋服までサブスクリプションでレンタルできるようになりました。 レンタル料やクリーニング料、送料などすべて込みで月額6,800円で利用でき気に入った洋服は全て買い取る事が可能です。 サービスとしての目新しさや梱包箱のデザイン的な魅力も評価されていますがスタイリストを導入した事によるユーザーへの「好みへの適応」と「未知との遭遇」の相反する欲求がバランスされていく経験を提供しているところが最大のポイントとなっています。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/43188?token=upT0S24f2N 12. Concur https://www.concur.co.jp/ Concur(コンカー)は全世界で使われている出張管理及び経費管理サービスです。 出張となると航空券やホテルの宿泊費などの経費精算が非常に面倒です。立て替えたお金を領収書を見ながら入力したり…という手間にかなりの時間を使っています。Concurを使えばホテル予約から交通系ICカード、航空会社とサービス連携することでこれまでの経費精算を全て全自動で行えるようになります。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/43186?token=upT0S24f2N 13. Airウェイト http://cl.airwait.jp/ Airウェイトはこれまで煩雑だった順番管理業務を、より効率的になるようサポートしてくれるアプリです。 iPadとプリンタがあれば紙の受付表で客の順番を管理する必要がなくなり、簡単な操作で順番管理業務を効率化してくれます。プリンタから出力された順番券にはURLが記載されており、そのURLから正確な待ち時間の確認やメール通知などを受け取ることができます。 お店にとっての「待ち時間」とは客にとってのストレスに1番繋がる部分ですが、Airウェイトを利用することで待ち時間で与えるストレスを軽減させることでリピーターにつなげたり、満足度の向上に貢献しています。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/43172?token=upT0S24f2N 14. COMICO http://www.comico.jp/ COMICO(コミコ)はマンガや小説を無料で読めるスマホアプリです。スマホでマンガを読む部分においていかにストレスなく目的が達成できるかという部分において極力文字を使用しないで、いかに体験しながら使い方を理解し楽しんでもらえるかを追求しています。 最近では電子書籍のアプリは多くリリースされていますが、スマホで読むことを前提とした縦スクロールのUIなどが洗練されているところが評価のポイントとなっている。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/43118?token=upT0S24f2N まとめ いかがでしたか?2015年にグッドデザイン賞を受賞したサービスをまとめました。気になるアプリやサービスはありましたか? グッドデザイン賞は弊社が提供しているアクセス解析ツールのPtengineも2013年に受賞しています。 受賞結果ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/40516   サイトの分析を簡単にするインターフェースや、ずっと触っていたくなる操作感、「従来のアクセス解析ツールが上手く利用できない、使いづらかった」という方々でも使いやすいよう、デザインや使い勝手に非常に力をかけています。 グッドデザインとは単純な見た目のデザインだけではなく利用する人のことを考え、利用する人に対してどのくらい価値のあるものなのか?という部分が評価されるポイントとされています。 今後も多くのサービスなどがリリースされていく中で来年はどういうサービスが受賞するのか楽しみですね!

Twitter, HubSpot, PayPal, PlentyOfFishからわかる、成長するための教訓

この記事は、Landing Page and Conversion Optimization Blog | Unbounceに掲載された「Growth Lessons from Twitter, HubSpot, PayPal and PlentyOfFish」を翻訳した内容です。   グロースハックとわざとらしく咳き込みながら呼ぶ人もいれば、最適化と呼ぶ人もいます。ですが、ここで述べているのは、会社の成長や利益に影響を及ぼすような、驚くほど賢く革新的で結果が出る、製品に焦点を置いたマーケティングのことです。 「僕、あってるよね?」 あるコミュニティーにおいて、芸術という単語はtractionと呼ばれることがあります。Tractionとは、創業したてのスタートアップを国際的ブランドと差別化するイベントです。このイベントでは、当日限りで、一つのことだけを取り扱います。Twitter, LinkedIn, Dropbox, Hootsuite, Marketo, HubSpot, PlentyOfFishなど、テクノロジー分野の大企業の創設者やそういった会社を成長させた人たちが参加しています。 当日は、どれほど些細なテスト、微調整や戦略が、事業を成功させたり失敗させたりするかという実際に役立つ考察や具体例が一日中取り上げられました。いくつか重要な点をご紹介します。 製品第一 多くの会社では、製品とマーケティングの計画と運用は別々の部門で行われています。しかし、製品が実は最も重要でマーケティング価値のあるものという概念が、現在は主流です。 実際に、Markus Frind(お見合いサイトのPlentyofFlishの創設者兼CEO)は最初の従業員を雇う(マーケティングチームを作り始める)前から、1500万人もの利用者と1千万ドルの収益を生み出す人気の商品をすでに持っていたということを紹介し、大衆を驚かせました。 Neil Patel(KissMetricsやCrazyEggの共同設立者)は「コンバージョン最適化は実は誰かと付き合うことにかなり近い。手を握って結婚のプロポーズをする前に、君のことを相手に知ってもらう機会をあげないといけない。」と述べています。また、潜在的な顧客には、商品を購入したり、サービスを登録したりする前に、あらかじめその製品を使ってもらうことを、彼は勧めています。 Selina Tobaccowala(SurveyMonkeyの社長兼CTO)も似たようなことを述べています。 製品のアップグレードをしてもらう前に、その製品の特に素晴らしい機能を使用してもらうことで、コンバージョンは改善される。 しかし、Tobaccowalaは古いおとり商法に頼ることに対して継承も鳴らしています。もし有料機能を顧客に使わせると、彼らが経済的に手が出せないそういった追加機能に時間を費やす前に、顧客にその価格を教えることになってしまいます。 Ryan Holmes(ソーシャルメディア運用ツールのHootsuiteの創設者兼CEO)は、「HootsuiteがSeesmicやTweetDeckといった初期の競合相手よりも長く生き残り、優れていた唯一の点は、広告やPR活動よりも製品そのものに投資をしたことだ。」と強く主張しています。 今やHootsuiteは業界の第一人者であり、彼らが製品に関するマーケティングや人々の生活の中で果たす役割を決定づけています。Holmesが彼自身の役割をどう捉えているか分かる文章があります。 CEOもしくは創業者としての役割は、自分たちの製品の成り立ちを伝えること。そして、その製品でみんなをワクワクさせることだ。 問題となる数値を見つけよ 成長志向のあるマーケッターを他と差別化するものがあるとすれば、それは数の力に対する揺るぎない信念です。ネット卸業者のEverlaneの成長戦略部門のトップ(かつてはStumbleUponのトップでもあった)Aaron Ginは、グロースハッカーとは何かを下記のように述べています。 意見よりもデータを重要視する人だ。 今日、ビッグデータに代表されるように、データが大きなものであることはみなさんわかっているはずです。しかし、そのことが問題なのです。 データは巨大で、大量で、それが時として脅威になったり扱いにくくなることもあります。 だからこそ、分析という底なしに続くものに取りくむ前に、本当にあなたのビジネスに問題となる数値が何なのかを理解する必要があります。 オンライン教育サイトのUdemyのマーケティング部門副代表であるDinesh Thiru曰く、彼にとって重要な数字は、利益と生徒の幸福度だそうです。利用者の増加も重要ではありますが、Udemyは獲得している使用者の量と質の両方に着目する必要があることを痛感しました。 ある利用者(先生として利用している人)は「他の先生よりも収益化を図るのが上手い」ので、生徒として利用している人が実際にその授業を購入することに注意を向けることが、Udemyが誠実な会社であり続けることにつながっているそうです。 生徒の幸福度を図ることに関して言うと、Thiruは、自社のNet  Promoter  Score(NPS)という、どれくらいの確率で利用者がその会社を有人や同僚に勧めるかの指標を参考にしています。興味深いことに、より高いNPSを示した利用者は生涯価値も高いことをThiruは発見しました。このことから、Udemyが重要視している2つの数値は比例しています。 Udemyは、最も価値のある顧客は最も幸福度が高い顧客でもあることに気づきました。 Wattpadと呼ばれる、オンライン文章制作コミュニティの創設者兼CEOであるAllen Lau曰く、彼の会社が最優先している数値は月間のアクティブ会員数だそうです。Wattpadの投資家は、Wattpadに対し、利益を生むことよりもこの数字に重点を置くようにと、強く指示していました。ここ最近では、軸となるビジネスモデルとして、広告に一切費用を使わないことで、月間会員数をより具体的に捉え、より利益に結びつくように方向転換をし始めています。 顧客維持とは補足することではない もしあなたが顧客維持をしっかりしていなかった場合、他のことは全く問題にはなりません。 これはHubSpotの成長部門の副代表のBrian Balfourが残した文章です。大げさに聞こえるかもしれませんが、みなさんはこの格言を聞いたことがあるはずです。 新規顧客よりも既存顧客に対してマーケティングする方が簡単だ。顧客を維持せず、前進することは不可能だ。 Balfourは顧客維持することが重要な理由をいくつかあげています。 顧客維持できるようになると、生涯価値が増加し、より高い顧客獲得単価を払う余裕が生まれます。すなわち、ファネルの一番最初の段階で、より費用を費やすことが可能になります。 顧客維持できるようになると、virality(長期顧客があなたの代わりに、会社や商品を支持してくれること)が上がり、最終的に顧客獲得単価が下がります。 顧客維持できるようになると、顧客が、サービスや商品をアップグレードする確率が増え、元金の回収期間が短くなります。(銀行により多くお金がある状態を指す) Balfourによると、顧客が入会したあとの最初の一週間に彼らを顧客として維持するための重要なのは、彼ら利用者に、より良い体験をさせ、明確なメッセージを示し、そういったユーザー・エクスペリエンスを新規顧客に伝えることで、なるべく早く、軸となる価値を利用者に体験してもらうことだそうです。 例えば、HubSpotはSidekickと呼ばれる新たなメール機能の採用を増やそうとしていました。最初に踏んだステップは、なぜ利用者が最初の一週間に流出してしまうかを理解することでした。流出理由として大多数の人が言ったのは、彼らはその製品がなんなのか単純にわからなかったか、もしくはそれを理解する時間がなかったか。でした。 新たなユーザー・エクスペリエンスを、軸となる製品から区別し、利用者が職場(彼らがその新製品の価値をより理解できる場所)のメールアドレスで利用申し込みをするよう促し、彼らが学ぶ内容をよりよいものにすることで、HubSpotは顧客流出を大幅に削減することができました。 コミュニティーを作る 顧客維持というのは、もちろん単純に素晴らしいユーザー・エクスペリエンスや賢明なemailマーケティングのことを指すわけではありません。長期間顧客を保ち続ける秘訣は、彼らが単なる顧客以上の存在になるようにすることです。 MarketoのCEOであるPhil Fernandezが述べた、持続的成長の鍵というのは、 Acquire new customers 新規顧客を獲得する。 Grow lifetime value 生涯価値を伸ばす。 Build brand advocate ブランド支持者を作る。 企業は顧客・従業員・協力者を意味した「生態系」という空間の中で、全員と「共通の目的」をどうやって作るか考える必要がある。とFernandezは述べています。 Marketo’sの成長の秘訣?  顧客を獲得し、生涯価値を伸ばし、ブランド支持者を作ることだよ。 この秘訣の一部分は、優れたカスタマーサポートに関連します。99designsと呼ばれる、オーストラリアのオンラインデザインサイトのCEOのPatrick Llewellynは、初期段階にサンフランシスコでカスタマーサポートセンターを建てたことが、会社が驚異的に成長した一つの要因であると述べています。実際、顧客はそのカスタマーサポートセンターがちゃんとしたものであることを確かめるためだけに、電話しました。 もうひとつの秘訣に、パートナーシップというものがあります。オンライン食品配達サービスを展開するPostmatesのCEO、Bastian Lehmannは、3つの側面から会社が収益化を図る「3つの側面をもつ市場」というものについてこう話しました。 送料を支払う顧客 運送業者―Postmatesは、保険や運送員に再販売する食品を運ぶための装置や衣服のようなものの価格を競争力の高いものにし続けています。 小売主―現在Postmatesには一定規模のサイズや影響力があるので、費用削減のために、以前は取引していなかった小売主に対して交渉することができます。 同様に、Uber, PayPal, Dropxboxのような会社は、古いやりかたである紹介制度で切り抜けてきました。HootsuiteのHolmesは、自社のビジネス・パートナーが数百万ドルをその「生態系」から生み出したことを誇りを持って話していました。 結論:あなたの会社のことを大好きになるきっかけやその思いを拡散するメリットを人に伝えましょう。そうすれば、会社の上司(投資家・後継者かもしれませんが)も、みなあなたのことを気に入ってくれるでしょう。 携帯電話はちょっと大事 はっきりものを言うことの多い、PlentyOfFishのCEOのMarkus Frindは、聴衆の息を奪うような、他とは違ったことを、イベントの一番最後に述べていました。それは、彼のサイトのトラフィックの90%は携帯電話から来ており、これ以上パソコン用のサイトを維持し続ける必要が本当に必要なのか疑問に感じた。ということでした。 それは、テクノロジー会社の創設者からの驚くべき言葉でした。彼だけが成長する手段として、携帯電話の重要性を強調したわけではありませんでした。 PlentyOfFish のトラフィックの90%は携帯電話からです。CEOはパソコンサイトが本当に必要なのか疑問視しています。 EmailサービスのSendGridのCEOである、Sameer Dholakiaは、精通したマーケッターはすべてのチャンネルを通して、会社のキャンペーンを行えるようにしていると述べました。 携帯電話であなたのサービスを利用している人たちはパソコンで利用している人たちと同じなので、彼らの携帯電話上で提供するサービスがパソコン上でのサービスを補完するものになっていることを確認する必要があります。どの機器を彼らが使っていようが、ある特定の瞬間に彼らの需要や意図に沿ったものを提供し、パソコン上にある、より大きなキャンペーンの目標を強調する必要があります。 その方法とは、携帯電話での利用者の生活をなるべく簡単にすることです。つまり、彼らとあなたの会社のコンバージョン目標の間にあるずれの量を減らすということです。Twitterの上級製品部長であるDinkar Jainは「携帯電話での利用者はしゃれたことを滅多にしたがらない。」と述べています。 PayPal…