横浜スタジアム

こんにちは。もっちです!

さて皆さん。もうすぐ夏休みが始まりますが、予定は決まっていますか?

特にお子さんがいる方はせっかくの夏休みなので、なにか特別な事を考えたりしますよね。

ということで、今回はDeNAベイスターズが横浜スタジアムで行っている無料VR体験「360ベイスターズ」を紹介します!

 

360(サンロクマル)ベイスターズって?

DeNAベイスターズが提供しているVR体験のことです。そもそもVRとはあるデバイスを通して、仮想現実空間を作り出すことできる機械のことです。ではどんな仮想現実空間にはいれるかというと、それぞれ提供している会社によって異なります。今回の360ベイスターズでは、球場の様々な映像を見ることができます。

たとえばこちらは筒香選手のスイングです。

こちらを専用のVRデバイスを通して再生すると、360度好きな角度・視点からこのスイングを見ることができます。

またベイスターズのチアリーダーともこんな近距離で見ることができます。

今回はVR機械を通していないので360度見渡すことはできませんが、このVR機械を無料で試すことができるのが横浜スタジアム内にある体験ベースです。

 

横浜スタジアムのVR体験ブースではなにができるの?

360ベイスターズ

体験ブースではその場でデバイス借りることができ、VR体験ができるようになっています。

もっちも初めてVRデバイスをつけた時はこんな世界があるなんて…と感動しました。

ただここではその場でしか試せないため、もし観客席や自宅でもVR体験がしたいという場合は2つのやり方があります。

 

1.特典付きシートで観戦する

こちらの特典シートで観戦すると無料で1台VRデバイスが貸し出されます。

費用は32,500円(5枚1組 6,500円/枚)

ぱっとみると高いですが、VRデバイスとドリンク付きだと考えると妥当な気もします。

詳しくは<こちら>からどうぞ。

 

2.VRデバイスを買う

こちらのVRデバイス、実は普通に販売しています。

デバイス

価格は税込16,000円。

動画さえあれば、ベイスターズ以外のVRも自宅で楽しむことができます。

 

まとめ

以上が360ベイスターズの説明でした!

最近では小学校でのプログラミング学習の導入も決まったため、野球の観戦をしながら最新技術に触れることのできるこの機会は非常にお子さんにとってもいい思い出になりそうですね。

さらに、野球選手が大好きなお子さんなら、VRでの近距離に感動して更に野球選手への愛も大きくなるかもしれません。

VRは普段なかなか触れることのない技術ですが、野球観戦と合わせて楽しめるのは一石二鳥ですね。

360ベイズターズ公式ページはこちらから です。➣ <https://www.baystars.co.jp/360/

ではみなさん楽しい夏休みをお過ごしください!

 

もっちでした。