事業成功のためのポップアップ戦略11選

2019年12月18日

Allen Zhao

はじめに:Ptengineは、2019年5月にEngageという新しい機能をリリースしました。この機能があることでユーザーのインサイトから仮説立てた後、より効率的にエンドユーザーに対して、優れたパーソナライズされたユーザー体験を提供することが可能です。 Engage機能のポップアップ表示はその中の1つです。本記事では皆様の事業成功を支援するべく、エンゲージ機能を通じてより価値のあるユーザー体験を提供する方法について説明します。

多くのマーケティング担当者はポップアップがユーザーエクスペリエンスに影響し、離脱させてしまう要因として考えていることでしょう。しかし、長きに渡るデジタルマーケティングの歴史で、ポップアップは未だに愛用され続けてきた理由はご存知ですか?

答えは非常にシンプルです。ポップアップはコンバージョンを改善するための非常に効果的な手段だからです。

ポップアップアプリケーションを提供するSumoMeの統計によると:

  • 優れた戦略的ポップアップは9.28%のコンバージョン率を達成できる
  • 全体で見ると、ポップアップを利用した場合の平均コンバージョン率は3.09%
どうすればコンバージョン率を向上させられるのかという質問に対して答えることはできますか?

どのようなポップアップが戦略として優れているのか、どうすればコンバージョン率を向上させられるのかという質問に対して答えることはできますか?

この質問を答える前に、どのようなポップアップが悪いユーザーエクスペリエンスを生み出すのかについて考えてみましょう。

  • 特大のポップアップ:特大のポップアップは非常に迷惑で、直帰率上がってしまう可能性があります。
  • 閲覧を疎外:ユーザーがWebページのコンテンツを真剣に読んでいるところにポップアップが突然表示されることは非常にユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼします。さらにひどいケースでは、ユーザーがポップアップの閉じるボタンを見つけられない時があります。そうなると、Webページを閉じるしかありません。
  • アクションの強制:このタイプのポップアップではCall-to-Actionボタンがあり、ソフトウェアのダウンロードや、連絡先情報登録、会員登録などを強制的に求めます。
  • スパムポップアップ:ユーザーがWebサイトのどのページにアクセスしてもポップアップが表示されます。円滑に閲覧できません。
  • エントリーポップアップ:ユーザーがページをアクセスした瞬間に、ニーズと無関係のポップアップがすぐ表示してしまうと悪い体験を与えてしまいます。
  • モバイルポップアップ:Googleは2017年にアルゴリズムを更新し、モバイルWebページ上のポップアップの不正使用に対してペナルティを課しています。スマートフォンの画面は大きくないため、エクスペリエンスの悪いポップアップでの閲覧疎外は禁止されています。

上記の例から、どのようなポップアップがコンバージョン率を向上せず、ユーザーの離脱率を促進させるかが分かります。これを踏まえポップアップを適切に使用することによって、ビジネスのコンバージョン率を高めることが実現できます。

  • モバイルポップアップについて:Googleはスマートフォンのポップアップの悪用を禁止していますが、ユーザーエクスペリエンスを疎外せず、ユーザーに良い体験を提供できる場合はモバイルページでのポップアップは利用可能です。
ポップアップの過度の使用。
  • ポップアップの過度の使用:同じページに訪問時のポップアップと離脱時のポップアップを適応したり、複数ページに同じ内容のポップアップを使用しないでください。
  • ポップアップのタイミング:ユーザーがページにアクセスしたすぐポップアップを表示するのではなく少し閲覧する時間を置いたり、ユーザーがページの一定箇所までスクロールした後でポップアップを表示することをお勧めします。ユーザーはより詳しいコンテンツを知りたい場合もある為、この時点でユーザーのニーズに合わせたポップアップを表示することはコンバージョンの促進に貢献することができます。また、以前の記事(ヒートマップの8つ基本的分析戦略)で紹介しましたが、ユーザーはより詳しい情報知りたい時にクリックします。画像をクリックしたら詳細情報をポップアップを表示するなど、良いエクスペリエンスにつながりコンバージョンを促進します。
  • A/Bテスト:上記で説明した通り、ポップアップを表示する前にユーザーに一定な閲覧時間を設けると良いですが、適した時間帯はテストしながら見極めましょう。スクロール値でも同様です。ポップアップに記述するコピー、Call-to-Actionのデザインについてどれか一番効果がいいのかについてもA/Bテストを利用して検証しましょう。
  • ユーザーへ価値を提供する:ポップアップするコンテンツはユーザーのニーズに応えるものである必要があります。つまり、ポップアップで理解を深める情報を載せることによってユーザーに価値を提供することができます。例えば該当ページに掲載する商品の割引情報を表示したり、該当ページ以外の関連するコンテンツのおすすめはユーザーにとっても不快感は与えません。
  • セグメントしたユーザーにポップアップ:例えば新規に訪問したユーザー、再訪問したユーザーはそれぞれ需要が異なります。同じコンテンツを異なるユーザーセグメントに表示しないことが大切です。それぞれのシナリオに沿って、ユーザーをセグメント化しましょう。また、リスティングなど広告グループを使ってキーワードを分けている場合、「シャツ」の広告グループで流入したユーザーと、「革靴」の広告グループで流入したユーザーのニーズは異なります。パーソナライズされたコンテンツポップアップを表示しましょう。
  • エントリーポップアップ:上記説明した通り、エントリーポップアップ(入り口ページで表示するポップアップ)はユーザーに非常に良くないエクスペリエンスをもたらす可能性があります。しかし例外もあります。リスティング広告を実施し、検索キーワード毎にLPを構築するのは非常に工数がかかりますが、前述のように検索キーワード別でユーザーのニーズに合わせたコンテンツがポップアップ表示することによって、ユーザーエクスペリエンスの一貫性を確保できるだけでなく、複数ページの開発作業は要らなくなります。
  • 離脱ポップアップ:離脱ポップアップはユーザーが離脱しようとする時にを表示るもので、ユーザーのエクスペリエンスを疎外しません。 Ptengineを利用する多くのユーザーは離脱ポップアップを利用することで、コンバージョン率改善に役立てています。中国のPtengineオフィシャルサイトを改善する時、登録ページに離脱ポップアップの表示してコンバージョン率が15%まで向上しました。前期間比較で2倍も上がったのですが、工数としては20分足らずです。今後は中国クライアントの成功事例も含め共有いたしますので、楽しみにしてください!
閉じるボタンはわかりやすくしてください。閉じるボタンが非表示になっていたり、閉じるボタンがないデザインは避けてください。
  • 閉じるボタン:閉じるボタンはわかりやすくしてください。閉じるボタンが非表示になっていたり、閉じるボタンがないデザインは避けてください。
  • 目的を明確に:目的を1つに絞りましょう。コンバージョンさせる指標も明確しますリードの収集や、回遊率の向上など、ポップアップの目標はビジネスに応じて様々な設計がされますが、なんの数値を向上させるかの目的を明確にしましょう。

最後に:どんどんテストしましょう!上記にあるようにA/Bテストを用いてポップアップを検証することができます。すべてのポップアップは良い結果を繋がるわけではありません。より良い結果を上げていくためにはテストを継続的に実施する必要があります。

マーケティング部署、運用部署、およびデザイナー部署にとって、ポップアップを正しく利用することは多くの点で優れた戦略です。それはより多くのリードを獲得したり、ショッピングカートの離脱率下げたり、ユーザーの注目を集める助けになります。 Ptengineのエンゲージのポップアップ機能とこの記事で説明した内容を元にして、ユーザーエクスペリエンスを向上させる同時に事業を成功へと導きましょう。Ptengineにログインして早速試しましょう。サポートが必要な場合、ビデオチュートリアル動画をご覧いただくか、カスタマーサクセスに直接お問い合わせください。